2022年8月23日(火)

内製化支援

top

内製化支援 概要

専任のSPIRALエンジニアによる開発支援体制を提供します
概念図

専用ツール spirers board

利用ユーザはspirers boardというコミュニケーション環境を通して、エンジニアで構成された支援チームから「要件整理」「設計・設定の相談」「設計・設定物の簡易レビュー」 「技術相談(Javascript / PHP / APIに関する内容)」の支援を受けることができます。
ロゴマークの由来 / 込められた想い

ロゴ
それぞれの三角形を「利用ユーザー様」と「支援チーム」に見立てています。
2つの三角を1つの塊に見せることで、中央で重なりspirers board上で力を発揮することを表現しています。

また、塊の形になるひし形は、古来より成長繁茂の象徴とされており、植物が生い茂るように利用ユーザー様、提供するパイプドビッツともに成長するという想いも込められています。

spirers boardの機能
専用チャット、問い合わせフォーム機能、問い合わせ履歴管理機能
 問い合わせ後は専任のSPIRALエンジニアから回答があり課題の解決に向けて動くことができます。
 また、過去のお問い合わせ内容は検索、閲覧が可能となるためユーザ企業様だけのナレッジ蓄積が可能です。
プロジェクト管理機能
 内製化を行うアプリケーション単位で問い合わせ履歴やドキュメント、メモ等を一元管理できます。

ドキュメント管理機能
内製化を行うアプリケーションに関するドキュメントや、内製化の体制を整えていく上で発生するドキュメントを一元管理できます。


spirers board

ユニークな3つの特徴

①「自分で作れる」ための強力バックアップ
内製化支援の目的は「システムの完成」ではなく「システムの内製により時代に合わせて業務スタイルやビジネスを変化できる組織となり、その結果顧客へ提供するサービスをアップデートし続けることができる」ことです。
当社が代わりにシステム開発を行うことはいたしませんが、ユーザ自身でシステムの完成を実現するために様々な方法でサポートいたします。
②”ローコード” × ”プロからの支援” で内製化を安全に
ローコード開発ツール SPIRAL® ver.2を用いてアプリケーション開発によりセキュアで高品質なアプリケーション開発を実現します。
またSPIRALだけでなくITやセキュリティ知識に長けたエンジニアが安全で最適な組み方をアドバイスします。
③専用ツールで内製化のメリットを最大化
spirers board内でエンジニアとのやりとりやドキュメント・メモを保管し、ナレッジ蓄積が簡単に行えます。
ナレッジの記録を個々に委ねてブラックボックス化・属人化することを回避し、内製化のメリットの1つである「ナレッジを自社に蓄積できる」環境を提供します。 


提供コース

コース(月額) ブラウジングコース
10,000円
ライトコース
50,000円
スタンダードコース
100,000円
エキスパートコース
200,000円〜
サービス利用数
上限は10IDです。
※1ID追加毎に+5,000円
5ID 5ID 5ID 5ID
spirers bord利用
① プロジェクト登録 / 更新 / 削除
② ドキュメント共有
③ 過去お問い合わせ内容の閲覧
④ メモ機能
⑤ ユーザー招待
※1ボードに対するプロジェクト数の上限は20までです。
Web会議でのお問い合わせ(teamsにて) × ×
月間対応時間
※月内のプラン変更可能
1時間 5時間 15時間 30時間〜
質問に対する初動(目安) 4時間 15分 15分 15分
質問に対する最大リードタイム(目安) 1営業日 1営業日 0.5営業日 0.5営業日
内製化支援の契約 / 運用に関する相談
SPIRAL ver.2 基本操作や機能に関する質問 ×
JavaScript / PHP / Thymeleaf / APIに関する相談
※1からプログラミング方法をお伝えするものではありません。
× ×
外部システム連携の技術検証 × × ×
サンプルコード作成・提供
※あくまでもサンプルとなるため動作保証をするものではございません。
× ×
設計や設定に関する相談&簡易的レビュー ×
ドキュメント作成やアプリケーション作成 × × × ×

コースの選び方

コース ブラウジングコース ライトコース スタンダードコース エキスパートコース
エンジニアに相談したい ×
プロジェクト情報を記録したい / 関係者で共有したい
お問い合わせした記録を関係者で共有したい
プロジェクト情報とドキュメントを共有したい
要件整理を手伝ってほしい ×
要件定義を手伝ってほしい ×
設計を手伝ってほしい ×
要件にあった最適な設計 / 設定方法が知りたい ×
Javascript / PHP / APIを使ったカスタマイズ方法を知りたい × ×
外部システム連携について相談したい × × ×
サンプルコードを提供してほしい × ×
開発を手伝ってほしい × × × ×
設計ドキュメントを作成してほしい × × × ×
プロトタイプを作ってほしい × × × ×
×の項目に関しては、開発支援という形で請負契約にて対応することも可能です。
参考
エキスパートコースを契約した場合のイメージが確認できます。
非エンジニアが内製化支援サービスを使ってWEBアプリを内製する物語 総集編

お申し込み方法

下記の専用フォームよりお問い合わせください。
まずは、内製化支援及びSPIRAL ver.2についてご説明させていただき、内製化を検討されているアプリケーションのヒアリングやスキルの確認等をさせていただきます。
その上でコースを選択いただき、お申し込み頂く流れとなりますので、まずはお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

プランニング部