開発の記事

ver.1サポートサイト

アプリセンターを使ってテンプレートからアプリを作成する

アプリセンターを使ってテンプレートからアプリを作成する 最終更新日:2023年02月28日目次概要1. アプリセンターでできること(1)異なるアカウント間でのアプリの受け渡し(2)バックアップ2. アプリセンターの使い方(1)リポジトリの作成  ①アプリ一覧からリポジトリを作成する場合  ②アプリセンターからリポジトリを作成する場合(2)リポジトリ情報の確認(3)コミット(4)接続キーの発行(5)...

ver.1サポートサイト

アプリセンターを使ってテンプレートからアプリを作成する

アプリセンターを使ってテンプレートからアプリを作成する 最終更新日:2023年02月28日目次概要1. アプリセンターでできること(1)異なるアカウント間でのアプリの受け渡し(2)バックアップ2. アプリセンターの使い方(1)リポジトリの作成  ①アプリ一覧からリポジトリを作成する場合  ②アプリセンターからリポジトリを作成する場合(2)リポジトリ情報の確認(3)コミット(4)接続キーの発行(5)...

ver.1サポートサイト

【アップデート情報】ver.1.13.5

【アップデート情報】ver.1.13.5 公開日:2022年03月29日 ver1.13.5アップデートに関する内容は以下の通りです。 目次 機能改善(5件) ●トリガ(ルックアップトリガ)、抽出ルール 抽出ルール変更時の文言追加(2023年11月22日追記) ●フォーム 設定一覧へ検索条件の追加(2022年10月31日追記) ●マイエリア 操作画面へareaメソッド利用時の注意点へのリンク追加(...

ver.1サポートサイト

安全なスパイラルアプリケーションの作り方(機能グループ別)

安全なスパイラルアプリケーションの作り方(機能グループ別) 最終更新日:2023年10月31日当ページでは、スパイラルのDBやフォームなどでアプリケーションを構築する際のセキュリティ対応についてご案内いたします。 目次DBWEBメール開発 DB 1.通常DB 1.パスワードとして、「簡易パスワード」「メッセージダイジェスト(MD5)」「メッセージダイジェスト(SHA1)」を使用するのは非推奨です。...

ver.1サポートサイト

アプリ

アプリ 最終更新日:2018年02月21日   目次概要1. 特徴2. 操作画面概要3. 仕様4. アプリ作成方法 概要 アプリでは、スパイラルで構築、運用するアプリを管理することができます。 データベース、フォーム、一覧表などの設定オブジェクトを、利用用途に応じてアプリとして自由にパッケージングすることができます。 1. 特徴 アプリではさまざまな設定オブジェクトを組み合わせてパッケージングする...

ver.1サポートサイト

アカウント情報管理

アカウント情報管理 最終更新日:2023年04月21日目次概要1. トップページ2. ログイン中ユーザー3. アカウント管理者4. 担当者ID5. 個人情報閲覧不可ID6. マルチアカウント7. オプション 概要 スパイラルアカウントの管理者情報やID情報について、閲覧や変更が行えます。また、オプション機能の契約や解約が行えます。 提供機能 担当者IDでログインしている場合、下記の機能をご使用にな...

ver.1サポートサイト

スパイラルの安全な使い方

スパイラルの安全な使い方 最終更新日:2019年07月31日重要情報の取り扱いについて、ご案内いたします。当ページでは以下のものを「重要情報」と位置づけます。 操作画面で使うアカウント、ID(担当者ID、マルチアカウントID、個人情報閲覧不可ID)およびログインパスワード スパイラルAPIトークンとトークンシークレット 公開鍵・秘密鍵 ※個人情報は言うまでもなく重要なため、ここでは割愛させていただ...

ver.2サポートサイト

条件式や計算式の記法

条件式や計算式の記法 演算子や関数を直接記述することで、レコードの検索条件を指定したり、フィールドの格納値を自動で生成することができます。 以下の機能では、条件式を記述することでレコードの検索条件を指定できます。 ・APIのクエリパラメータwhere ・アプリ利用画面およびアプリ管理画面の高度な条件設定 ・アプリ管理画面のDBトリガレコードアクションの発動条件 以下の機能では、フィールドへ格納する...

ver.2サポートサイト

条件式や計算式の記法

条件式や計算式の記法 演算子や関数を直接記述することで、レコードの検索条件を指定したり、フィールドの格納値を自動で生成することができます。 以下の機能では、条件式を記述することでレコードの検索条件を指定できます。 ・APIのクエリパラメータwhere ・アプリ利用画面およびアプリ管理画面の高度な条件設定 ・アプリ管理画面のDBトリガレコードアクションの発動条件 以下の機能では、フィールドへ格納する...

ver.2サポートサイト

APIの使用方法

APIの使用方法 概要 SPIRAL ver.2では各種機能のAPIを公開しております。APIを使用することで外部システムからSPIRALへ連携する等のアプリケーションを作成することが可能になります。 APIを利用するためにはAPIキーが必須となります。 利用可能なAPIの一覧は、「SPIRAL ver.2 APIリファレンス」を参照してください。 APIキーの発行方法 APIエージェントのAPI...

ver.1サポートサイト

カスタムモジュール

カスタムモジュール 最終更新日:2021年12月14日目次概要1. カスタムモジュールの新規作成2. 一括アップロード3. 一括ダウンロード4. アップローダーツールのダウンロード5. スパイラルAPIを使用したモジュールのアップロード 概要 スパイラルでは、PHPプログラムにおいて共通で利用する処理をモジュールという単位でPHPファイルとして管理することが出来ます。複数のWebページで利用する共...

ver.1サポートサイト

アプリ-機能詳細

アプリ-機能詳細 最終更新日:2018年02月21日目次概要1. アプリ一覧2. アプリ詳細3. アプリ基本設定 概要 アプリでは、スパイラルで構築、運用するアプリを管理することができます。 ここではアプリ内の各機能、操作についてご案内いたします。 1. アプリ一覧 アプリ一覧では、構築されたアプリを一覧で表示します。 (アプリ一覧) 各アプリを管理しやすいよう、タグ付けや絞り込みが行えます。 (...

ver.1サポートサイト

スパイラル管理画面での推奨(動作)環境を教えて下さい

スパイラル管理画面での推奨(動作)環境を教えて下さい 最終更新日:2023年07月26日目次推奨(動作)環境(2023年3月31日時点)最新のブラウザを利用することの重要性と有効性 推奨(動作)環境(2023年3月31日時点) 画面サイズ 横1100 x 縦768ピクセル以上 ブラウザ ブラウザ 動作環境 Windows版 GoogleChrome 最新のバージョンのテストおよびサポートに努めてい...

ver.1サポートサイト

機能別に探す

機能別に探す DB・フォームなど各機能の仕様・設定方法 DB | Web | アプリ | メール | 開発 DB トランザクションDB 通常DB 履歴DB 履歴DBレコード管理>サーバ移行 トランザクションDB(事例・操作手順) トランザクションDBに登録された個人情報をマスクしたい 仮想DB(フィルタ型) 仮想DB(連携型)とは 仮想DB(連携型) 仮想DB(集合型) STOPDB ステップアン...

ver.1サポートサイト

アプリ新規作成(アプリセンター)

アプリ新規作成(アプリセンター) 最終更新日:2022年02月25日目次概要アプリ新規作成 概要 アプリセンターは、SPIRALで作成したアプリを登録し、バージョン管理する機能です。 各バージョンのアプリのアカウント間での受け渡し、またはアプリのバックアップ機能としてご利用いただけます。 例えば、他アカウントをお持ちの開発会社にアプリの開発を依頼し、設定されたものを「アプリセンター」を経由して自分...

ver.2サポートサイト

SPIRAL ver.2 操作画面の推奨(動作)環境

SPIRAL ver.2 操作画面の推奨(動作)環境 更新日:2023年10月31日 画面サイズ 横1100 x 縦768ピクセル以上 ブラウザ ブラウザ 推奨(動作)バージョン Windows版 GoogleChrome 最新のバージョンのテストおよびサポートに努めています (最終検証バージョン:117) Windows版Firefox 最新のバージョンのテストおよびサポートに努めています (最...

ver.1サポートサイト

SPIRAL ver.1 とは

SPIRAL ver.1 とは 最終更新日:2023年10月31日 SPIRAL ver.1 は、Web上の操作でアプリ構築ができるローコード開発プラットフォームです。 DB、メール、Web等の機能を組み合わせて様々なアプリ構築がき、顧客情報や従業員情報といった情報資産を管理、運用するための多彩な機能を提供しています。 目次全体像アプリ機能DBメールフォーム一覧表・単票集計表・グラフ連携アカウン...

ver.2サポートサイト

SPIRAL ver.2 とは

SPIRAL ver.2 とは プログラミング経験がなくても、オリジナルの業務アプリの制作・カスタマイズできるローコード開発プラットフォームです。 CMSのようにページやフォームをWeb画面上で作成できるので、プログラミング言語を知らない方でもアプリ作成が可能です。 またSPIRAL ver.2 は、PHPやAPIなどを使ってカスタマイズも可能なので、要望に合わせて柔軟に対応できます。 全体像 ア...

ver.1サポートサイト

登録通知メールにS/MIMEを設定したい

登録通知メールにS/MIMEを設定したい 最終更新日:2023年05月31日スパイラルで作成したフォームからお客様が登録した際に受信する通知メールは、、お客様の個人情報を含んでいる場合があります。 スパイラルでは、通知メールをS/MIME方式で暗号化する事ができます。S/MIME設定の流れは次のようになります。 S/MIME通知メール設定概要 ① spiral.crt ② XXXXX.p12 ③ ...

ver.1サポートサイト

各設定の機能制限(上限数)

各設定の機能制限(上限数) 最終更新日:2023年10月31日アプリケーションを構築する上での各オブジェクト(DBやフォームなど)を設定する際、 オブジェクトによっては設定に関する上限値が存在します。 ※オブジェクトの中には、上限値を拡張できる有料オプションもございます。 設定時に上限を超過した旨のエラーが発生した場合には、 下記の上限値をご確認いただき、設定の修正をお願いいたします。 DB 機能...

ver.1サポートサイト

TLS1.0 暗号化通信無効化における影響が知りたい

TLS1.0 暗号化通信無効化における影響が知りたい 最終更新日:2019年01月17日スパイラルでは2018年1月29日、TLS1.0 暗号化通信を無効化いたしました。 これによりTLS1.1 以上の 暗号化通信に対応していない端末からのアクセスはできませんのでご注意ください。 目次影響機能影響のある端末 影響機能 (1) スパイラルの操作画面 古いOSやWebブラウザ(Internet Exp...

ver.1サポートサイト

TLS1.1 暗号化通信無効化における影響が知りたい

TLS1.1 暗号化通信無効化における影響が知りたい 最終更新日:2019年01月17日スパイラルでは2019年2月20日にTLS1.1 暗号化通信を無効化いたします。これによりTLS1.2 暗号化通信に対応していない端末からのアクセスはできなくなりますのでご注意ください。 目次影響機能影響のある端末 影響機能 (1) スパイラルの操作画面  古いOSやWebブラウザ(Internet Explo...

ver.2サポートサイト

【アップデート情報】ver.2.27(2023年10月31日実施)

【アップデート情報】ver.2.27(2023年10月31日実施) 2023年10月16日2023年10月31日実施のver.2.27アップデートに関する主な内容は以下になります。 機能追加・改善 【アプリ】 アプリ管理のPHPモジュール対応 アプリ内で共通利用するPHPプログラムを1つの場所でまとめて管理できる機能を追加いたします。 これにより、PHPプログラムをライブラリとして参照できるように...

ver.1サポートサイト

Spiral Leads Green カーボンオフセット証書とは何ですか?

Spiral Leads Green カーボンオフセット証書とは何ですか? 最終更新日:2023年05月31日目次スパイラルカーボンオフセット証書のご案内Spiral Leads Greenプロジェクト内容 スパイラルカーボンオフセット証書のご案内 お客様がスパイラルの運用利用に伴い排出したCO2は、同サービスを構成するコンピュータと通信機器が該当年中に排出した全てのCO2をオフセットによりカーボ...

ver.2サポートサイト

【アップデート情報】ver.2.23(2023年3月14日実施)

【アップデート情報】ver.2.23(2023年3月14日実施) 2023年02月28日2023年3月14日実施のver.2.23アップデートに関する主な内容は以下になります。 機能追加・改善 【アプリ】 DBトリガ拡張(レコードアクションでの参照先DBのフィールド値対応) アプリ管理のDBトリガのレコードアクションにおいて、アクション処理マッピングでアクション先フィールドに格納できる値に参照先D...

ver.1サポートサイト

オプションの申し込み方法が知りたい

オプションの申し込み方法が知りたい 最終更新日:2023年08月24日各種オプションについて、お申込み方法をご案内します。 お申し込み~利用開始まで日数を要するオプションもありますのでご注意ください。 詳細は各オプションのお申し込み画面にてご確認ください。 オプション名 申込方法 担当者ID 操作画面>管理>アカウント情報管理 個人情報閲覧不可ID 操作画面>管理>アカウント情報管理 マルチアカウ...

ver.1サポートサイト

APIのリクエスト数制限を知りたい

APIのリクエスト数制限を知りたい 最終更新日:2021年11月17日スパイラルAPIのリクエスト数上限値は、操作画面上「開発」>「スパイラルAPI」のトップページにて確認することができます。 標準設定の場合、1分あたりのリクエスト数は「10」です。 「確認」ボタンをクリックするとリクエスト数上限値をその場で変更することができます。 ※ 10回/分を超えるAPIリクエストのご利用はオプションサービ...

ver.1サポートサイト

スパイラルからどんな通知メールが届くのか知りたい

スパイラルからどんな通知メールが届くのか知りたい 最終更新日:2022年02月28日スパイラルでは下記の機能より、スパイラルをご利用の管理者様や担当者様向けの「通知メール」を受信することが可能となります。 文面につきましては、各機能ごとのページをご参照ください。 DB 機能名 件名 関連ページ DB [SPIRAL:{アカウント名}]ファイルストレージ容量通知(残り10MiB) ファイル型フィール...

ver.2サポートサイト

認証エリアログイン制限

認証エリアログイン制限 機能概要 認証エリアにログインできるインターネットユーザを制限することができます。 本機能を活用することで、例えば以下のようなことが実現できます。  ・会員DBで退会者以外をログインさせる  ・社員DB内のフラグによって管理画面を使い分ける  ・社員DBの参照先DBで特定のフラグが立っている部門のみログインさせる 機能仕様 ログイン制限 制限しない 認証DB内に含まれるすべ...

ver.1サポートサイト

テンプレート「お問い合わせ管理」をインポートする

テンプレート「お問い合わせ管理」をインポートする 最終更新日:2021年06月28日Webフォームから受け付けた、個人情報を含む問い合わせ情報をセキュアに登録し、データベース化します。 メール通知でオンタイムで把握が可能。 対応状況をデータに更新できるので、今その問い合わせがどの状況になっているか、関係者全員がすぐに把握できます。 テンプレートを使うと、基本的な動作をするアプリをインポートして、す...

ver.1サポートサイト

シャリーン

シャリーン 最終更新日:2023年09月04日シャリーンの設定方法について説明します。 目次1.SPIRAL ver.1 の設定2.設定QRコード生成3.端末設定 1.SPIRAL ver.1 の設定 シャリーンで読み取ったデータをSPIRAL ver.1のDBに格納する為、SPIRAL ver.1の設定をします。 (1)DB発行 (2)APIトークン発行 (3)認証設定 (1)DB発行 照会・送...

ver.1サポートサイト

基本テンプレートから選んでインポートする

基本テンプレートから選んでインポートする 最終更新日:2021年01月19日インポート手順 1.アプリ作成 2.アプリ作成方法選択 3.テンプレートアプリ選択 4.インポートステップ ※アプリに含まれるオブジェクトによって、ステップ画面に表示される項目は異なります。 (アプリステップ) (DBステップ) 既存の設定名/タイトルと重複する場合、変更する必要があります。 また、既存DBとマッピングして...

ver.1サポートサイト

SMS送信設定

SMS送信設定 最終更新日:2021年04月22日目次概要目次1. SMS送信設定の新規作成2. SMS送信設定の確認、削除 概要 SMS送信設定は、マイエリアの二段階認証にてSMS認証(携帯電話番号による認証)を使用する場合に必要となる設定です。※設定には、SMS送信サービス「絶対リーチ!SMS(AI CROSS株式会社)」のご契約が必要です。 関連するページマイエリア セキュリティ > ②二段...

ver.1サポートサイト

アプリ新規作成(テンプレートから選ぶ)

アプリ新規作成(テンプレートから選ぶ) 最終更新日:2020年02月26日1.アプリ作成 2.アプリ作成方法選択 3.テンプレートアプリ選択 4.インポートステップ ※アプリに含まれるオブジェクトによって、ステップ画面に表示される項目は異なります。 (アプリステップ) (DBステップ) 既存の設定名/タイトルと重複する場合、変更する必要があります。 また、既存DBとマッピングして、既存アプリと統合...

ver.1サポートサイト

PUSH通知

PUSH通知 最終更新日:2018年10月31日スマホアプリのPUSH通知設定を行うことができます。 PUSH通知用のサーバーを用意することなく、容易にPUSH通知を利用できます。 iOS、Andriod 両方に対応。 画面の「開発」をクリックします。 「PUSH通知」をクリックします。 PUSH通知設定の一覧が表示されます。 「新規作成」   :新しいPUSH通知設定を作成します。「新規作成」を...

ver.1サポートサイト

アプリ新規作成(テンプレートから選ぶ)

アプリ新規作成(テンプレートから選ぶ) 最終更新日:2020年02月26日1.アプリ作成 2.アプリ作成方法選択 3.テンプレートアプリ選択 4.インポートステップ ※アプリに含まれるオブジェクトによって、ステップ画面に表示される項目は異なります。 (アプリステップ) (DBステップ) 既存の設定名/タイトルと重複する場合、変更する必要があります。 また、既存DBとマッピングして、既存アプリと統合...

ver.1サポートサイト

カスタムプログラム

カスタムプログラム 最終更新日:2022年12月23日全体像 カスタムプログラムに設定したPHPプログラムから、スパイラルのデータベースや外部のデータソースにアクセスすることができます。また、スパイラルAPIを経由してスパイラルのメール配信機能の呼び出しや、外部からのデータ操作が行えます。 PHPプログラムの利用については、カスタムプログラムでのPHP利用をご覧ください。 カスタムプログラムの設定...

ver.1サポートサイト

スパイラルPHP管理

スパイラルPHP管理 最終更新日:2020年08月19日 目次概要1.スパイラルPHP管理2.デフォルトバージョンの変更3.構文チェック4.注意事項 概要 PHPバージョンの移行を支援する機能です。バージョンを個別に指定していない設定に対して、実行バージョンを一括で変更できます。また、移行先のバージョンに対応したPHPの関数やクラスを使用しているかどうか、構文チェックができます。 関連ページスパイ...

ver.1サポートサイト

スパイラルPHP管理を使用したPHPバージョンの移行方法

スパイラルPHP管理を使用したPHPバージョンの移行方法 最終更新日:2020年01月20日 目次概要1.現在のデフォルトバージョンを確認2.移行先バージョンの選定3.構文チェック4.改修フローの事例5.修正作業後の動作確認 概要 PHPバージョン移行を支援する「スパイラルPHP管理を使用して、スパイラル上に構築したアプリケーションを最新のPHPバージョンへ移行する方法をご案内いたします。 ご注意...

ver.1サポートサイト

マルチアカウント・個人情報閲覧不可IDで制限できることは何?

マルチアカウント・個人情報閲覧不可IDで制限できることは何? 最終更新日:2023年03月09日マルチアカウントや個人情報閲覧不可IDを用いることで、操作画面内で操作できる機能や確認できる情報を制限することができます。 ※担当者IDは全機能の操作や登録されている情報の確認を行えます。 目次マルチアカウント個人情報閲覧不可ID マルチアカウント マルチアカウントでは、ログインするマルチアカウントID...

もっと見る