設計情報

投稿者:SPIRERS ナレッジ向上チーム 2021年11月25日 (木)

SPIRALって何ができるの?

SPIRALを簡単に説明すると【情報を保存でき、様々な機能で情報を活用できるツール】となります。
情報を保存/活用する機能を一部ご紹介します。

フォーム:情報の登録・変更・削除を行える画面が作れる!

Webで情報を保存する場合に、受け付ける画面を簡単に作ることができます。
登録・変更・削除のタイプに合わせて画面を作成できるだけなく、画面のデザインも自由に変更が可能です。

一覧表:登録されている情報を一覧表示させる画面が作れる!

登録されている情報を表示させる一覧画面とより詳しい情報を表示させる詳細画面を簡単に作ることができます。
特定の情報のみ表示させる一覧を作ることや一覧を絞り込む検索機能をつけることも可能です。

マイエリア:登録されている情報ごとに認証された画面が作れる!

登録されている情報ごとに認証された画面を簡単に作ることができます。
登録されている情報を会員情報とすると、会員ごとの専用画面を作成するこができます。
「フォーム」「一覧表」と組み合わせることで、専用画面に入れる人だけが登録できる画面や閲覧可能な画面を作成することが可能です。

メール:登録されている情報に、メールの一斉配信を行える!

登録されている情報にメールアドレスがある場合、一斉配信をを行うことができます。
特定の条件に一致する情報にだけ配信や一定の時間になったら配信を行うなどの設定も可能です。

その他:トリガ,PHP,JavaScript など

情報のインプット・アウトプットだけでなく、情報を動的に処理することもできます。
画面のデザインを HTML ベースで変更することも可能です。

まとめ

各機能を組み合わせることで、様々なWebアプリケーション構築を構築することができます。
「フォーム」を使用し、申請画面( 参考ページ )を作ったり、
「一覧表」を使用し、FAQ画面( 参考ページ )を作ったり、
「フォーム」「一覧表」「マイエリア」「その他」を使用し、問い合わせ管理システム( 参考ページ )を作ることもできます。
他にも様々なWebアプリケーションを作ることができますので、ぜひご活用ください!

解決しない場合はこちら コンテンツに関しての
要望はこちら