運用情報

投稿者:SPIRERS ナレッジ向上チーム 2021年11月18日 (木)

データ一括登録/更新時の注意事項

SPIRAL ver.2ではデータを登録/更新するとき、UTF-8を用いる必要があります。
エクセルからそのまま作業する際に文字コードが異なった状態で作業をしてしまうと、エラーになります。
エラーを起こさずに登録/更新する方法をご案内します。

データの一括処理の種類について

SPIRAL ver.2ではデータの一括処理の方法を4種類提供しています。

レコード一括登録
   アップロードしたファイルを対象のDBに新規登録します。
レコード一括更新
   アップロードした情報のキー情報と対象のDBを照会し、対象DBの該当データをアップロードした情報に更新します。
レコード一括登録更新
   アップロードした情報のキー情報と対象のDBを照会し、対象DBの該当データをアップロードした情報に更新し、
   対象データがなかったデータは新規登録します。
レコード一括登録削除
   対象のDBの情報を一括で削除します。

レコード一括登録

https://support.spiral-platform.com/function/function-app-use/97.html

レコード一括更新

https://support.spiral-platform.com/function/function-app-use/5420.html

レコード一括登録更新

https://support.spiral-platform.com/function/function-app-use/4151.html

レコード一括削除

https://support.spiral-platform.com/function/function-app-use/90.html

解決しない場合はこちら コンテンツに関しての
要望はこちら