運用情報

投稿者:SPIRERS ナレッジ向上チーム 2022年7月5日 (火)

ウェビナー管理アプリ ユーザ・グループ・アプリロール・APIエージェント設定

最近ではWeb会議ツールを使用したセミナー、ウェビナーが主流となってきています。
参加する側は気軽に参加ができ、運営する側はWeb会議ツールを用意するだけでよく会場の手配などが不要なので、両者にメリットがありそうです。

そんなウェビナー管理ですが、SPIRALver.2では申込受付からウェビナー後の満足度アンケート、フォロー対応までを行うことができるウェビナー管理アプリの構築が可能です。
この記事は ユーザ・グループ・アプリロール・APIエージェント設定 のフェーズとなります。
関連記事はこちら
SPIRAL ver.2はプログラミング経験がなくても、オリジナルの業務アプリの制作・カスタマイズができるローコード開発プラットフォームです。
詳しくは SPIRAL ver.2 とは をご覧ください。

ユーザ・グループ・アプリロール機能

SPIRAL ver.2の大きな特徴として、アカウント管理者は運用担当者や設定担当者などのユーザをアカウントへ招待し、適切な制限の中で安心して利用できるようクリック操作で権限設定をすることが可能です。
詳しくは アカウントとユーザ をご覧ください。

また、機能概要や権限付与の3大ポイントについては【ユーザ・グループ・アプリロール】権限付与の3大ポイント をご覧ください。

ウェビナー管理アプリ登場人物

より具体的に権限付与についてイメージしていただくために、ウェビナー管理アプリの登場人物を例にそれぞれの人物にどのような権限を付与するのが適切なのか考えます。
運用を始めるとアカウント全体の責任者である「アカウントを管理する人」やウェビナー申込サイトを「開発・改修する人」が新たに登場します。
ウェビナー管理アプリのアプリロールへアクセスするユーザの追加やアプリロールの修正対応をする「アプリを管理する人」は、ウェビナー事務局に付与することとします。
ウェビナー管理アプリ 登場人物

アプリを使う人の権限を考える

「アプリを使う人」である販売促進部(ウェビナー事務局)、XXX部(ウェビナーに登壇する部署)に権限を付与します。
※「アカウントを管理する人」「サイトを開発・改修する人」の権限詳細は
Web申請アプリ ユーザ・アプリロール・グループ設定 に記載していますのでご覧ください。
販売促進部(ウェビナー事務局)について
ユーザ ユーザ種別:ユーザ
アカウント管理権限:一部(ユーザ・グループ管理)
 ➡ユーザ追加やアプリロールの設定を行うため。
グループ 販売促進部(ウェビナー事務局)グループ
└利用アプリ:ウェビナー管理アプリ
 ➡ウェビナー管理アプリのみの利用に制限したいため。
└管理アプリ:ウェビナー管理アプリ 管理権限:設定
 ➡ウェビナー管理アプリのみの管理に制限したいため。
└管理サイト:ウェビナー管理アプリが存在するサイト 管理権限:一部(テストサイト利用)
 ➡メール再送を行うため。
アプリロール 全権限
└DB権限:全DB
└レコード操作権限:全てのデータ
└フィールド権限:全てのデータの閲覧・作成・変更・削除が可能
└一括操作権限:一括DL・一括登録・一括更新・一括削除が可能
└メール操作権限:配信設定・テスト配信・配信実行・配信ログ閲覧が可能
XXX部(ウェビナーに登壇する部署)について
ユーザ ユーザ種別:ライトユーザ ➡アプリ利用のみに制限したいため。
グループ XXX部グループ
└利用アプリ:ウェビナー管理アプリ
 ➡ウェビナー管理アプリのみの利用に制限したいため。
└管理アプリ:なし
 ➡アプリ管理は行わないため。
└管理サイト:なし
 ➡サイト開発、改修は行わないため。
アプリロール ウェビナー参加者確認・アンケート結果確認
└DB権限:ウェビナー申込DBのみ「あり」
└レコード権限:なし
└レコード操作権限:自部署が登壇するウェビナーIDのデータ
  └フィールド権限:全フィールド閲覧のみ可能
└一括操作権限:一括DLのみ可能
└メール操作権限:全権限可能
【アプリロール権限詳細】
※画面上部の「画面」タブでは、一覧や詳細ページの項目の並び順や表示非表示変更が簡単にできます。

APIエージェントの権限を考える

SPIRAL ver.2 ではグループやアプリロールを設定することで、APIエージェントに権限を付与することができます。
そしてAPIエージェントに付与された権限によって、APIを実行する場合には細かい制御ができるようになっています。詳しくは APIメソッドごとの権限設定方法まとめ Record / Record (bulk) をご覧ください。
設定方法については APIエージェント管理 をご覧ください。

ウェビナー管理アプリでは下記3か所でAPIを使用しています。
1、不正なウェビナーIDで申込しようとした際にエラー表示させる
2、申込完了時に参照フィールドの値やウェビナー情報をウェビナー申込DBに格納
3、マイページログイン時に申込済のウェビナー情報、未申込のウェビナー情報を取得
補足ですが、2の処理を施している理由は2点あります。
1点目は参照フィールドは現時点ではフォームブロック未対応のため、PHPにて会員DB(参照先DB)のメールアドレスとウェビナーマスタDB(参照先DB)のIDを取得し、ウェビナー申込DBの参照フィールドへ格納して連携させています。
2点目は参照フィールドは現時点ではレコードリストブロック未対応ですが、申込済ウェビナー一覧にウェビナー情報を表示させるためウェビナーマスタDB(参照先DB)のウェビナー情報を取得し、ウェビナー申込DBへ格納しています。
なお、レコードアイテムブロックにおいては参照フィールドに対応しているため、ウェビナーマスタDB(参照先DB)のウェビナー情報を表示させることができます。
※今後のSPIRAL ver.2 バージョンアップに伴い、参照フィールドに対応可能なブロックが増える予定です。

では、APIエージェント権限を設定します。
APIエージェントについて
グループ ウェビナー管理アプリ使用APIグループ
└利用アプリ:ウェビナー管理アプリ
 ➡ウェビナー管理アプリのみの利用に制限したいため。
└管理アプリ:なし
└管理サイト:なし
アプリロール レコード変更アプリロール
└DB権限:ウェビナー申込DB、ウェビナーマスタDBのみ「あり」

<ウェビナー申込DB>
└レコード作成権限:なし
└レコード操作権限:すべてのレコードの「変更」にチェック
 ※仕様上「閲覧」にもチェックを付ける必要があります。
└フィールド権限:ユーザID+ウェビナーID、会員DB参照(メールアドレス)、ウェビナーDB参照(ID)、ウェビナー名、開催日、開始時間、終了時間の「変更」にチェック
 ※仕様上「閲覧」にもチェックを付ける必要があります。
└一括操作権限:設定不要
└メール操作権限:設定不要

<ウェビナーマスタDB>
└レコード作成権限:なし
└レコード操作権限:すべてのレコードの「閲覧」にチェック
└フィールド権限:ウェビナー名、開催日、開始時間、終了時間の「閲覧」にチェック
└一括操作権限:設定不要
└メール操作権限:設定不要
【ウェビナー申込DB アプリロール権限詳細】

【ウェビナーマスタDB アプリロール権限詳細】

最後に

設定後は動作確認を必ず行い、動作に問題がないか確認をしてください。
また、不具合やほかのやり方が知りたい等あれば、下記の「コンテンツに関しての要望はこちら」からご連絡ください。

関連記事はこちら
解決しない場合はこちら コンテンツに関しての
要望はこちら