設定方法の記事

開発情報・ナレッジ ver.2 middle

レコード検索ブロックを使用したレコードリストブロック フィルタ設定方法

この記事では、レコード検索ブロックを使用したレコードリストブロック フィルタ設定方法を紹介いたします。 設定イメージ レコードリストブロックを作成するDB内に認証DBを参照先DBとする参照フィールドが存在する場合はレコード公開範囲のログインフィルタ設定

開発情報・ナレッジ ver.2 middle

ポイント使用フローに所持ポイントが0以下にならない制御を追加する

この記事では、SPIRALでの顧客マスタにおける所持ポイント管理と、商品交換フォームを通じたポイント使用フローを紹介します。 また、顧客マスタの所持ポイントがマイナスにならないように、データベース(DB)側とページ上でのエラー表示設定についても説明します。 DB

開発情報・ナレッジ ver.2 low

DBトリガでフィールドの値をクリアしたい

DBトリガのレコードアクションを利用して、 アクション先DBフィールドの値をクリアする(NULL更新)設定方法をご紹介いたします。 DBトリガの詳細は サポートサイトをご確認ください。 ※登録フォーム/更新フォームの自動登録では値のクリアは対応していません。 ※レコードアクションの

開発情報・ナレッジ ver.2 middle

セレクトフィールドにURLパラメータの値を自動登録させる方法

フォームブロックの自動登録は、認証エリアにログインした人の属性情報やフォームURLのパラメータ値などをフォーム利用者に入力させずにDBに自動登録できる機能です。 会員情報を再入力させずにDB登録したり、キャンペーンフォームの流入元をURLパラメータ値で取得したり

開発情報・ナレッジ ver.2 low

フォームを複製する方法

同じ項目や同じデザインのフォームを複数作成する際には、フォームブロックの複製がおすすめです。 本記事では、SPIRAL ver.2でのフォーム複製方法をご案内します。 前提 同じDBに登録するフォームを複製する場合の方法です。 またSPIRAL ver.2では、ページ内にフォームブロックを設置する...

開発情報・ナレッジ ver.2 high

セミナー申込サイトに決済代行サービス「e-SCOTT」と連携した継続課金機能を追加する方法

変更・改訂履歴 [ 2023.12.13 ] 改訂 ご利用ガイドの「継続課金の未決済対応について」を一部修正いたしました。 ここでは、 セミナー受付管理でご案内しているセミナー申込サイトを例に、 ソニーペイメントサービス

開発情報・ナレッジ ver.2 high

セミナー申込サイトに決済代行サービス「e-SCOTT」と連携した都度課金機能を追加する方法

ここでは、 セミナー受付管理でご案内しているセミナー申込サイトを例に、 ソニーペイメントサービス株式会社が提供する決済代行サービスの「e-SCOTT」を利用して、クレジットカードでの都度課金機能を追加する方法をご紹介しま

開発情報・ナレッジ ver.2 middle

formタグに属性を付与せずにボタンのイベントを取得する方法

Javascriptでフォームを操作する際にver.2ではどのように行えば良いのか、という質問を多くいただいておりました。 本記事ではformタグにIDなどの属性を付与せずに「次へ」ボタンのイベントを取得する方法を紹介します。 設定の際の参考になれば幸いです。

開発情報・ナレッジ ver.2 high

SMSを利用した多要素認証を会員登録フローに実装する方法【絶対リーチ!SMS × SPIRAL ver.2】

会員サイトを作成した時、複数アカウントの作成や、なりすましを防ぐために多要素認証を実装したいケースがあるかと思います。 この記事では AI CROSS株式会社が提供する「絶対リーチ!SMS」を利用して、会員登録の際

開発情報・ナレッジ ver.2 high

Facebookアカウントで認証エリアにログインさせるサンプルプログラム

Facebookのアカウント情報を利用して SPIRAL ver.2にAPIで登録を行い、認証エリアにログインさせるサンプルプログラムを作成いたしました。 SPIRAL ver.2とFacebookを連携して認証エリアにソーシャルログインさせたい場合

設計情報 ver.2 low

レコード照合フォームでパスワード再登録フローを作成する方法

パスワード登録のフローは、通常、パスワード再登録フォームブロックで作成します。 しかし、パスワード再登録フォームブロックでは、認証レコード値やパスワード以外の項目を使用できません。 そこで今回、レコード照合フォームブロックを使ってパスワード再登録フローを作成する方

開発情報・ナレッジ ver.2 high

Googleアカウントで認証エリアにログインさせるサンプルプログラム

Googleのアカウント情報を利用して SPIRAL ver.2にAPIで登録を行い、認証エリアにログインさせるサンプルプログラムを作成いたしました。 SPIRAL ver.2とGoogleを連携して認証エリアにソーシャルログインさせたい場合は、ぜひ参考に

設計情報 ver.2 low

フリーコンテンツブロックで登録情報表示ページを作成する方法

会員ページ等で、ログインしたユーザー自身の登録情報を表示するページを必要となるときがあります。 今回、フリーコンテンツブロックで登録情報表示ページを作成する方法をご紹介します。 登録情報表示ページのイメージ ユーザーはまず認証エリアにログインします。 ログイン後の

設計情報 ver.2 low

DBの値を更新フォームの入力値として引用する方法

更新フォームからを使用する際に、既存のデータを入力値として引用することができます。 標準機能となりますが、今回は更新フォームでデータを引用する方法をご紹介します。 はじめに ビジュアル設定とソース設定 更新フォームブロックの設定は、ビジュアル設定とソース設定の2パターンがあ

開発情報・ナレッジ ver.2 low

メニューページをビジュアル設定で作成する

サイト機能でページを作成している際に、メニューページが必要になることがあります。 しかし、ソースでページを作成するのは難しいと感じる方もいるかもしれません。 この記事では、ビジュアル設定のフリーコンテンツブロックを使用して簡単に作成する方法をご紹介します。 メニューページとは 複数

開発情報・ナレッジ ver.2 low

フォーム入力中の離脱を防止するダイアログが実装できる強化ガジェット

フォーム入力の際にユーザで誤ってブラウザなどを閉じて離脱するのを防ぐダイアログ機能を実装できる強化ガジェットを作成しました。 実際にサンプルコードを掲載しておりますので、コピペで簡単に実装できます。 フォーム入力中のユーザを補助する機能を強化したい場合に活

開発情報・ナレッジ ver.2 low

データの登録時にIDを自動発番する方法

データの登録時にIDを自動発番させたいというご要望をよく耳にします。 サイト管理側でIDを自動発番をする場合は、1手間加える必要があるため(※ ver.2.23時点)、 今回、設定方法をご紹介いたします。 使用機能 DBの登録トリガ レコードアクション と サイトの登録フォームブロッ

開発情報・ナレッジ ver.2 low

静的なコンテンツページ作成とフォームにテキストリンクを設定したい

お問い合わせフォームに利用規約やプライバシーポリシーの内容を記載したいというご要望をいただくことがあります。 そんな時にお試しいただきたい設定方法がありますので、本記事にてご紹介いたします。 フリーコンテンツブロックでのページ作成 & テキストリンク設定方法

設計情報 ver.2 low

受付番号を1から振り直したい

キャンペーン応募フォームやセミナー申込フォームなどを作成する際に、受付番号を用意するケースがあります。 動作テスト完了後に受付番号を1から振り直したいというご要望がありましたので、本記事で方法をご紹介します。 受付番号を1から振り直す方法 【前提】 現状のSPIRAL ver.2では、レコードI

開発情報・ナレッジ ver.2 middle

更新フォームで固定値を登録する方法

登録フォームブロックでは自動登録の機能を利用して固定値を登録することができますが、更新フォームブロックには自動登録の機能がございません。(ver.2.22時点) この記事では、更新フォームブロックで固定値を登録する方法を3つ紹介いたします。 hidden属性で送信する方法 inputタグの

開発情報・ナレッジ ver.2 low

ウェビナー申込システムおける参照フィールドの活用方法

SPIRAL ver.2では、参照フィールドを上手く活用することで様々な機能を実装することができます。 本記事では「ウェビナー申込システム」を例にとり、実際の活用方法を解説いたします。 参照フィールドとは 参照フィールドは、同一アプリ内にある別DBのレコードを参照して、

開発情報・ナレッジ ver.2 low

ビジュアル設定フォームにリアルタイムチェック機能をコピペで実装できる強化ガジェット

コピペするだけでフォーム入力の際にリアルタイムで入力値をチェックしてくれる機能を実装できます。 簡単に実装できますので、フォーム入力補助機能を強化したい時に活用してみてください。 デモはこちら 機能・前提 機能 ・必須入力チェック ・メール

設計情報 ver.1 middle

「定期実行」「外部接続ディレクトリ」を使用したデータバックアップ方法

万が一の場合に備えて、自動でデータバックアップを取りたいと思われたことはないでしょうか。 SPIRAL ver.1オプションの「定期実行」と「外部接続ディレクトリ」を使用することで実装可能です。 本記事ではデータバックアップ方法をご案内します。 事前準

設計情報 ver.2 low

DBトリガを使用して「メール送信」「配信フラグ自動解除」を行いたい

アプリ利用画面から特定会員に対してメール配信を行いたいが、レコード更新のたびに配信はしたくないという要望や、 自動で配信フラグを降ろしたいという要望をよくお聞きします。 実は" DBトリガ "を組み合わせて使用することで実現できます!

開発情報・ナレッジ ver.2 middle

【jQuery】邪魔にならないフローティングバナーの作成方法

WEBサイト上でページのサイドや下部に追従して表示されるフローティングバナーは、 訪問したユーザがページを閲覧している際に常に表示されるため、特定のページへの導線として非常に有効的な手段の1つとなっています。 しかし、こうしたバナーはユーザにとってページを閲覧

開発情報・ナレッジ ver.1 low

Teams に登録通知を行う方法

フォームからデータが登録された際に、Teams に通知を行いたい!という要望は多いかと思います。 通知する手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。 メールを利用する場合の設定 手順1 通知を飛ばすためのチャネルを追加いたします。 すでに通知したいチャネルがある場合は、追加不要

開発情報・ナレッジ ver.1 low

フォームURLの一部を独自ドメインにする設定方法

SPIRAL ver.1 で作成したフォームは同一URLで動作する仕組みとなるため、 「初回アクセスURLを独自ドメインにしたい」や「アクセス解析のためにサンキューページURLを独自ドメインにしたい」というご希望をよくお聞きします。 本記事では、入力ページ および サンキ

開発情報・ナレッジ ver.2 high

LINE会員アプリ サイト設計・構築

多くの方が利用されているLINEとSPIRAL ver.2を連携した、LINE会員アプリをご紹介します。 会員登録後はお問い合わせができ、自身のお問い合わせの履歴確認や自身宛の通知やお知らせの確認も可能です。 この記事は サイト設計・構築 のフェーズとなります。 LINE お問い合わせ

開発情報・ナレッジ ver.2 high

完了ページでLINEのリッチメニューを切り替えるサンプルプログラム

ユーザの情報登録状況に応じて、リッチメニューを出し分けるサンプルプログラムを作成いたしました。 SPIRAL ver.2とLINEを連携して認証エリアにログインさせるような会員サイトを作成しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。 関連記事はこち

開発情報・ナレッジ ver.2 high

LINEアカウントで認証エリアにログインさせるサンプルプログラム

LINEのアカウント情報を API を利用して SPIRAL ver.2 に登録を行い、認証エリアにログインさせるサンプルプログラムを作成いたしました。 SPIRAL ver.2とLINEを連携して認証エリアにログインさせるような会員サイトを作成しようと思っ

開発情報・ナレッジ ver.2 middle

お問い合わせ管理アプリ サイト設計・構築

チャットのような形式でやり取り可能なお問い合わせ管理デモを作成しました。 アプリ側でもやり取りの履歴が確認でき、相互コミュケーションがとれるアプリケーションです。 この記事は サイト設計・構築 のフェーズとなります。 お問い合わせ管理デモを確認 関連記事はこちら アプリ(DB・メー

開発情報・ナレッジ ver.2 low

セレクトをドリルダウン表示する強化ガジェット

選択したセレクト項目の内容によって、下のセレクト項目が連動し項目を絞り込んで 表示されるようにするフォーム入力を補助する強化ガジェットを作成いたしました。 ラベルIDの設定に決まりがありますが、簡単に実装できますので、ぜひ活用してみてください! 前提・仕様 ・フォームブロックは

開発情報・ナレッジ ver.2 low

Enterキーでフォームが送信されないようにする強化ガジェット

フォームの入力中、誤ってEnterキーを押してしまい、予期せずフォームを送信してしまうことがあると思います。 今回はEnterキーでフォームが送信されないようにする強化ガジェットをご紹介します。 前提・仕様 ・ブロックかページの JavaScript タブにコー

運用情報 ver.2 low

【ユーザ・グループ・アプリロール】権限付与の3大ポイント

SPIRAL ver.2の大きな特徴として、アカウント管理者は運用担当者や設定担当者などのユーザをアカウントへ招待し、適切な制限の中で安心して利用できるようクリック操作で権限設定をすることが可能です。 詳しくは アカウントとユーザ をご覧ください。 権限は何通りも設定

開発情報・ナレッジ ver.2 middle

会員サイトアプリ サイト設計・構築

Web申請アプリ デモ、 キャンペーン応募アプリ デモでは、さまざまな用途のフォーム作成ができることを紹介してきましたが、 実はSPIRAL ver.2はフォームだけではなく、CMS(コンテンツ マネジメント システム)のように会員サイトの作成も可能です。 ※ CMS(コンテンツ マネジ

開発情報・ナレッジ ver.2 middle

ver.2でレコード値を自動発番できる強化ガジェット vol.2

プログラムでレコード値を自動発番できる強化ガジェットの設定方法をこちらの記事で解説します。 ※本記事は暫定的なご案内です。SPIRAL ver.2の今後のバージョンアップに伴い、正式機能がリリースされた場合、 この記事は削除される可能性があります。 ※記事内

開発情報・ナレッジ ver.2 low

その他を選択した時に入力欄の活性化・非活性化を切り替える強化ガジェット

アンケートフォームなどにある、選択肢で「その他」を選択した場合のみ、テキスト入力をしてほしい時に 入力欄の活性化・非活性化をJavascriptで制御する強化ガジェットを作成しました。 簡単に実装できますので、フォーム入力補助機能を強化したい時に活用し

開発情報・ナレッジ ver.2 middle

完了画面でリンクに登録情報をパラメータとして付与する方法

完了画面でサイト内ページリンクに登録情報をパラメータとして付与する方法を紹介します。 「サイト内ページ選択」と「URL直接入力」の2種類の方法があり、記載方法が変わるため、両方を参考にしてください。 ※ 完了動作の「リダイレクト」「ページ内リンク」には対応していません

運用情報 ver.1 low

ファイルダウンロードURL付のメールを送信する方法

販促の一環としてホワイトペーパーなどの資料をメールでお客様に一斉送信したいなど、 多数の方へ同じ資料を配布したいというケースがあると思います。 こちらのマニュアルでは、DBの設定方法からメール送信設定の方法までをまとめて記載しております。 画像付きで解説しています。ぜひ、

運用情報 ver.1 low

当選者にのみメールを送信する方法

キャンペーン応募フォームを作成された際、当選者へ当選メールを送りたいというケースがあるかと思います。 こちらのマニュアルでは、DBの設定方法から実際にメール送信するまでの方法をまとめて記載しております。 多くのお客様からお問い合わせいただく内容です。運用のお役立てばと思います。 マニュアル

開発情報・ナレッジ ver.1 high

SPIRALで決済機能付き申込みフォームを作成する方法

有料の入会申し込みやイベントの受付を行っていて、口座振り込み等で入金対応されている企業様向けの記事です。 SPIRALとクレジットカード決済代行システムを連携させることで、業務工数の大幅削減、会員数の増加を実現する事が可能です。 そこで今回は、SPIRALと連携実績

ver.2サポートサイト

フォームブロックのソース設定において、プレースホルダー(placeholder)の設定方法を知りたい

フォームブロックのソース設定において、プレースホルダー(placeholder)の設定方法を知りたい 入力フォームへの入力欄に入力補助文を表示するプレースホルダー(placeholder)について、 登録、更新フォームブロックなどのソース設定でもビジュアル設定と同様に画面上から設定することが可能です。 以下、設定が可能なフォームブロックについて設定方法をご案内いたします。 ※ビジュアル設定での記載...

ver.1サポートサイト

クリックカウント設定のWebアクセス解析設定について、「クリック情報自動反映」の設定方法が知りたい

クリックカウント設定のWebアクセス解析設定について、「クリック情報自動反映」の設定方法が知りたい 最終更新日:2019年06月12日目次概要設定方法1.反映先TRDBの作成2.アクセス解析DBの設定関連ページ 概要 クリックカウントの設定にて、Webアクセス解析設定の「クリック情報自動反映」を設定すると、クリックカウントURLおよび HTMLメール開封チェックURLに対するクリック情報を、指定し...

ver.1サポートサイト

マイエリア>クリックログインの設定方法

マイエリア>クリックログインの設定方法 最終更新日:2023年01月30日目次概要1.マイエリアの作成2.メールの設定と配信関連ページ 概要 クリックログインとは、クリックログインURL をクリックした人物をメンバーとみなし、識別キーの入力を省略してログインができる機能です。 使用例として、メルマガ購読者限定のコンテンツの配布や既存会員向けのアンケートなどがあります。 ※会員限定アンケートの設定方...

ver.1サポートサイト

仮想ドメイン対応空メールのネームサーバ設定方法が知りたい

仮想ドメイン対応空メールのネームサーバ設定方法が知りたい 最終更新日:2022年12月20日仮想ドメイン対応空メールとは スパイラルが提供する空メールアドレスは、「 ○○○@req.jp」というドメインで提供します。 「仮想ドメイン対応空メール」は空メールアドレスの@以下 「req.jp」の部分に独自ドメインを指定できるオプションサービスです。 空メールを独自ドメインにすることで、アドレスからブラ...

ver.1サポートサイト

仮想ドメインのネームサーバ設定方法が知りたい

仮想ドメインのネームサーバ設定方法が知りたい 最終更新日:2021年05月19日仮想ドメインとは スパイラルが提供するクリックカウントやオプトアウトのドメインは、「 r○○.smp.ne.jp 」というドメインで提供します。 「仮想ドメイン」はクリックカウントやオプトアウト等で使用するURLに独自ドメインを指定することができるオプションサービスです。 ドメインを独自のものにすることで、URLのドメ...

ver.1サポートサイト

オプトイン記録保管機能の設定方法が知りたい

オプトイン記録保管機能の設定方法が知りたい 最終更新日:2023年04月21日オプトイン記録保管機能の設定方法には、以下の手順が必要です。 1.設定には、まずお申し込みが必要です。 以下のフォームからお申し込みください。 オプトイン記録保管サービスお申し込みフォーム 「オプトイン記録保管サービス」にお申込みいただいたアカウントへの当社設定が完了いたしますと、管理画面よりオプトイン記録保存設定がご利...

ver.1サポートサイト

空メールの設定方法が知りたい

空メールの設定方法が知りたい 最終更新日:2022年11月30日目次1. 空メールとは2. 空メールの申し込み3. 空メールの設定4. フォームURL作成ツール関連ページ 1. 空メールとは 空メールとは、件名と本文の記載がないメールが送信された際に自動で固定のメールを返信するオプション機能です。 携帯端末で登録者がフォームのURLを打つ操作はウェブサイトから登録フォームに遷移するPCでの操作とは...

ver.2サポートサイト

WPプラグイン「WP Member Login by SPIRAL」の設定方法を知りたい

WPプラグイン「WP Member Login by SPIRAL」の設定方法を知りたい 「WP Member Login by SPIRAL」は、WordPressと会員管理機能を持つ SPIRAL® ver.2 を連携させることで、 セキュアな会員サイトが簡単に作れるWordPress公式プラグインです。 プラグインの詳細については、下記アプリサイトをご覧ください。 WP Member Log...

ver.1サポートサイト

WPプラグイン「WP Member Login by SPIRAL」の設定方法を知りたい

WPプラグイン「WP Member Login by SPIRAL」の設定方法を知りたい 最終更新日:2022年06月24日「WP Member Login by SPIRAL」は、WordPressと会員管理機能を持つSPIRAL® ver.1を連携させることで、 セキュアな会員サイトが簡単に作れるWordPress公式プラグインです。 プラグインの詳細については、下記アプリサイトをご覧ください...

ver.1サポートサイト

操作画面のIPアドレス制限申請方法とIPアドレスの確認・設定方法

操作画面のIPアドレス制限申請方法とIPアドレスの確認・設定方法 最終更新日:2022年05月23日 操作画面におけるIPアドレス制限の申請・確認・設定(追加・変更・削除)は、アカウント情報管理の IPアドレス制限 申請フォームから行います。 目次IPアドレス制限の申請方法IPアドレス制限に設定されているIPアドレス確認方法IPアドレス制限の変更方法関連ページ IPアドレス制限の申請方法 [アカウ...

ver.2サポートサイト

Google Analyticsの解析タグでSPIRALを導入したサイトやページを正しく計測したい

Google Analyticsの解析タグでSPIRALを導入したサイトやページを正しく計測したい サイト機能で生成したページに対して、Google Analyricsによる解析をする場合は、以下の方法で実現できます。 ①(一括指定)1つの設定で全ページの解析をする場合 <head></head>内に記載する内容を一括指定することができます。 [サイト管理 > サイト一覧 ...

ver.1サポートサイト

Google社等送信ガイドライン発表に伴う影響と対応方法が知りたい

Google社等送信ガイドライン発表に伴う影響と対応方法が知りたい 公開日:2023年11月15日目次概要影響ユーザが対応すること当社の取り組みその他サポート対応について更新履歴 概要 2023年10月にGoogle社が迷惑メール対策を目的とした新しいメール送信者向けのガイドラインを発表しました。 2024年2月1日からGmailアカウント(※)に対してメールを送信する場合、送信者のSPF、DKI...

ver.1サポートサイト

一覧表に表示されるデータのデフォルト件数を変更したい

一覧表に表示されるデータのデフォルト件数を変更したい 最終更新日:2022年08月30日一覧表のデータ部分に表示される件数はデフォルト設定で「10件」ですが 一覧表ごとの設定で、表示される件数のデフォルト値を変更することができます。 本ページでは、設定デザイン、およびソースデザインでの変更方法について案内します。 目次共通操作設定デザインでの設定方法ソースデザインでの設定方法関連ページ 共通操作 ...

ver.1サポートサイト

メール認証会員登録フォーム

メール認証会員登録フォーム 最終更新日:2024年03月04日SPIRALver.1では、各種サービスにおける会員登録の際に利用するWebフォームを作成することができます。 メール認証を用いることで、メールアドレスの誤登録や不正登録等を防止することができます。 今回はメール認証型の会員登録フォームについてご紹介します。 目次アプリ作成DB作成フォーム作成マイエリア発行サンクスメール設定動作確認 ア...

ver.2サポートサイト

Google社等送信ガイドライン発表に伴う影響と対応方法が知りたい

Google社等送信ガイドライン発表に伴う影響と対応方法が知りたい 2023年11月15日概要 2023年10月にGoogle社が迷惑メール対策を目的とした新しいメール送信者向けのガイドラインを発表しました。 2024年2月1日からGmailアカウント(※)に対してメールを送信する場合、送信者のSPF、DKIM、DMARC対応が必須化されるという案内があります。 Google社「メール送信者のガイ...

ver.2サポートサイト

レコードリストブロック

レコードリストブロック 機能概要 レコードリストブロックは、サイト上のページに、セミナーやニュース一覧といったDBのレコード情報をテーブル形式やカードリスト形式で公開できるブロックです。   ※ レコードリストブロックを作成するには、予めDBを作成する必要があります。 ※ レコードリストブロックをサイト上で表示する為には、予めサイトやページを作成する必要があります。詳しくは、サイト機能の全体像の操...

ver.1サポートサイト

配信先ごとに配信内容を送り分けたい

配信先ごとに配信内容を送り分けたい 最終更新日:2023年06月13日一斉メール配信する際、配信先ごとに配信内容を送り分けすることができます。 例えば、年齢によってメール本文を変えたり、受信者一人一人に割り当てられたURLを配信したりすることができます。 目的に応じて利用する機能が異なるため、下記事例を参考に目的に合った機能をご利用ください。 事例1 受信者の属性に応じてメール本文を送り分けたい ...

ver.1サポートサイト

フォームの認証キーとは何ですか?

フォームの認証キーとは何ですか? 最終更新日:2024年07月05日認証キーとは 更新フォームや削除フォームの設定で、識別キーのみを設定している場合、第三者がなりすまして情報を更新することができてしまいます。 そこで、第三者が推測できない値の「認証キー」を設定して、なりすましての更新や削除を防ぎます。 更新フォームや削除フォームで認証キーを設定しない場合の懸念やリスクについてはこちらをご確認くださ...

ver.1サポートサイト

日付フィールドに格納している日に毎年メールを配信したい

日付フィールドに格納している日に毎年メールを配信したい 最終更新日:2024年02月09日目次1.概要2.リスト作成3.封筒製作:直接入力4.配信登録関連ページ 1.概要 特定の日時がきたときに、あらかじめセットしたメールが自動的に送信されるタイムリー配信の設定方法をご説明します。 < タイムリー配信の設定方法 > 誰に(リスト作成)、何を(封筒製作)、いつ(配信登録)送るかの順に設定を行います。...

ver.1サポートサイト

1フォームからの登録で複数のDBにデータを登録したい

1フォームからの登録で複数のDBにデータを登録したい 最終更新日:2023年10月12日目次概要1.トランザクションDBの新規発行2.通常DBの新規発行3.トランザクションDBのアクション設定関連ページ 概要 SPIRALver.1ではフォームから1度の登録で、複数のDBにデータを登録することができます。 本ページではトランザクションDBを用いた方法を案内いたします。 想定シーン セミナーの参加者...

ver.1サポートサイト

アカウント管理

アカウント管理 契約管理やオプション機能について オプション | オプションに関する質問 | アカウント | 管理 | その他 オプション 待合室 担当者ID(価格) 個人情報閲覧不可ID(価格) マルチアカウント(価格) クライアント認証(価格) クライアント認証利用ガイド IPアドレス制限(価格) フィールド数/レコード長(価格) ファイル型フィールド(価格) トランザクションDB(価格) S...

ver.1サポートサイト

よくある質問

よくある質問 ユーザーからいただく質問に対する解決方法など 操作画面 | DB機能 | メール機能 | フォーム機能 | 一覧表・単票機能 | マイエリア | アプリ機能 | 機能制限 | ガジェット機能 | 証明書 | スパイラルAPI | スパイラルPHP | セキュリティ | モバイル端末 | メンテナンス | その他サービス 操作画面 設定内容やレコードを操作した担当者を確認したい Int...

ver.1サポートサイト

8.マイエリア カスタムページ

8.マイエリア カスタムページ 最終更新日:2024年02月29日目次カスタムページについて設定方法 カスタムページについて カスタムページでは、マイエリア内へ設置できるページの設定や編集を行えます。 マイエリア環境で表示させたいフォームやページなどを設定してください。 また、エンドユーザーが1つの端末を複数人で使っている場合もありますので、 ログイン後のページにはログアウトボタンを設置し、エンド...

ver.1サポートサイト

高エラー配信強制中止機能とは

高エラー配信強制中止機能とは 最終更新日:2024年02月29日宛先不明アドレスを大量に含むリストへの配信等配信エラー率の高い配信が行われた場合、他のユーザー様にまで影響を及ぼすプロバイダからの受信ブロックを未然に防ぐため、 スパイラルが配信を強制的に中止する機能です。 目次概要機能詳細高エラー配信強制中止になった場合エラーメンテナンス方法高エラー配信強制中止に関する通知関連ページ 概要 宛先不明...

ver.1サポートサイト

高エラー配信強制中止機能とは

高エラー配信強制中止機能とは 最終更新日:2024年02月29日宛先不明アドレスを大量に含むリストへの配信等配信エラー率の高い配信が行われた場合、他のユーザー様にまで影響を及ぼすプロバイダからの受信ブロックを未然に防ぐため、 スパイラルが配信を強制的に中止する機能です。 目次概要機能詳細高エラー配信強制中止になった場合エラーメンテナンス方法高エラー配信強制中止に関する通知関連ページ 概要 宛先不明...

ver.2サポートサイト

認証エリア

認証エリア 機能概要 認証エリアとは、ID/パスワードを用いてログインする会員専用サイトや、メール本文中にある専用リンクをクリックしてそのユーザ専用のアンケートフォームへ遷移させるなどの会員専用ページを設定することができる機能です。 仕様 認証方法 ID/パスワード 各ユーザごとにIDとパスワードを用いて認証しログインさせる一般的な認証方法です。 IDには、入力必須かつユニークのテキストフィールド...

ver.1サポートサイト

メールを配信したい

メールを配信したい 最終更新日:2024年02月09日 スパイラルでは「EXPRESS2」の機能を利用することで、DB内のメールアドレスに対して一斉配信をすることができます。ここでは「EXPRESS2」でメール配信を行うにあたって必要な操作をご案内いたします。 ※配信先のメールアドレスを登録したDBをスパイラルで設定しておく必要があります。DBの作成方法については以下サポートページをご参照ください...

ver.1サポートサイト

SPIRAL ver.1で作成したフォームにGoogle Analyticsの解析タグを挿入したい

SPIRAL ver.1で作成したフォームにGoogle Analyticsの解析タグを挿入したい 最終更新日:2023年12月05日SPIRAL ver.1 のフォームは動的URLで入力ページ・エラーページ・確認ページ・完了ページなどが同一URLで展開します。 通常のトラッキングコードを設置した場合、入力ページ・エラーページ・確認ページ・完了ページが同一のページとして合算集計されてしまいます。 ...

ver.1サポートサイト

8.マイエリア カスタムページ

8.マイエリア カスタムページ 最終更新日:2024年02月29日目次カスタムページについて設定方法 カスタムページについて カスタムページでは、マイエリア内へ設置できるページの設定や編集を行えます。 マイエリア環境で表示させたいフォームやページなどを設定してください。 また、エンドユーザーが1つの端末を複数人で使っている場合もありますので、 ログイン後のページにはログアウトボタンを設置し、エンド...

ver.1サポートサイト

送信元認証

送信元認証 最終更新日:2024年01月31日送信元認証(※)とは、SPF、DKIM、DMARCによるメールの送信者を保証するための認証技術です。 スパイラルでは、ユーザーが設定している差出人アドレスのドメインがDMARCレコードを宣言していた場合、DKIMやSPFの検証を実施し、DMARCレコードに記載のポリシーと配信設定内容を比較、DMARCの設定状態が適切かどうかを信号とメッセージでわかりや...

ver.2サポートサイト

ページのソース設定

ページのソース設定 機能概要 ページの設定方法を「ソース設定」にすることhtmlを直接編集することができます。 フォームブロック機能と組み合わせることで、フォーム部分はフォームブロック機能で作成、ページ部分はソース設定画面からhtmlで作成することが可能です。 機能仕様 ・フォーム部分は別途作成したフォームブロックとして追加できます。 ・フォームブロックはSPIRAL ver.2の独自タグとして編...

ver.1サポートサイト

締め切り件数通知メールを受け取りたい

締め切り件数通知メールを受け取りたい 最終更新日:2024年04月16日締め切り件数通知メールを設定すると、以下のようなメールが届き、想定外の登録があり締め切り件数に近づいても、すぐに件数追加などの対応が出来ます。 登録ページ締め切り件数通知 件名 :[SPIRAL:{ログイン名}]登録ページ締め切り件数通知 送信先:担当者ID、アカウントのご利用管理者様、連絡先1、連絡先2に登録されているメール...

ver.1サポートサイト

イベント申し込み変更・予約キャンセルフォーム作成

イベント申し込み変更・予約キャンセルフォーム作成 最終更新日:2024年03月04日目次概要アプリ作成DB作成フォーム作成マイエリア発行メール設定イベント直前の一斉配信 概要 SPIRALver.1では、予約したイベントの変更やキャンセルの際に利用するWebフォームを作成することができます。 予約変更・キャンセルフォームを作成することにより、Web上で申込み~キャンセルまで一元管理してスムーズにイ...

ver.2サポートサイト

ページのビジュアル設定

ページのビジュアル設定 機能概要 ページの設定方法を「ビジュアル設定」にすることで、htmlを編集することなくページが作成できます。 機能仕様 ブロックはSPIRAL ver.2の独自タグとして編集画面に挿入されますが、実際のhtmlページではこのタグはhtmlに変換されてから表示されます。 ※ビジュアル設定になっているページをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたページをビジ...

ver.2サポートサイト

レコード照合フォームブロックのソース設定

レコード照合フォームブロックのソース設定 機能概要 レコード照合フォームブロックの設定方法を「ソース設定」にすることでhtmlでコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・各フィールドのhtmlはThymeleaf記法で記述されます。Thymeleafに関してはこちらをご参照ください。 ※ビジュアル設定になっているフォームブロックをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたフォー...

ver.2サポートサイト

【アップデート情報】ver.2.31(2024年5月22日実施)

【アップデート情報】ver.2.31(2024年5月22日実施) 2024年05月09日2024年5月22日実施のver.2.31アップデートに関する主な内容は以下になります。 機能追加・改善 【アプリ】 ファイル型フィールドの一括ダウンロード対応 ファイル型フィールドにおいて、これまではファイル型フィールドに登録されたファイルに対して一括ダウンロードすることができませんでしたが、 SPIRAL ...

ver.2サポートサイト

パスワード再登録フォームブロックのソース設定

パスワード再登録フォームブロックのソース設定 機能概要 パスワード再登録フォームブロックの設定方法を「ソース設定」にすることでhtmlでコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・各フィールドのhtmlはThymeleaf記法で記述されます。Thymeleafに関してはこちらをご参照ください。 ※ビジュアル設定になっているフォームブロックをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にし...

ver.1サポートサイト

9.マイエリア マイエリア許可ページ

9.マイエリア マイエリア許可ページ 最終更新日:2024年02月29日目次マイエリア許可ページとは設定方法 マイエリア許可ページとは 一部のコンテンツを「マイエリアにログインしている場合のみ」アクセスできるように設定する機能です。 例:マイエリア許可ページに特定の一覧表を設定した場合、その一覧表を閲覧するためには アクセス権限を許可しているマイエリアへのログインが必要になります。 設定方法 画面...

ver.1サポートサイト

郵便番号住所自動補完

郵便番号住所自動補完 最終更新日:2024年02月29日目次概要1. オプション契約の申込2. オプション契約の解約3. 契約変更履歴の確認4. 設定方法5. 注意事項関連ページ 概要 郵便番号住所自動補完は、フォームに入力された郵便番号から住所情報を自動で補完する入力補助機能です。 スパイラル内のページであれば、マイエリア内や単票など様々な機能でご利用いただけます。 郵便番号住所自動補完をご利用...

ver.1サポートサイト

郵便番号住所自動補完

郵便番号住所自動補完 最終更新日:2024年02月29日目次概要1. オプション契約の申込2. オプション契約の解約3. 契約変更履歴の確認4. 設定方法5. 注意事項関連ページ 概要 郵便番号住所自動補完は、フォームに入力された郵便番号から住所情報を自動で補完する入力補助機能です。 スパイラル内のページであれば、マイエリア内や単票など様々な機能でご利用いただけます。 郵便番号住所自動補完をご利用...

ver.2サポートサイト

レコード照合フォームブロックのビジュアル設定

レコード照合フォームブロックのビジュアル設定 機能概要 フォームブロックの設定方法を「ビジュアル設定」にすることでhtmlを直接編集することなく画面上でコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・ビジュアル設定ではフォームの各フィールドごとに、レイアウト変更、ラベル等の文言調整の編集、フィールドの並び順変更ができます。 ※ビジュアル設定になっているフォームブロックをソース設定に変更することは可能...

ver.2サポートサイト

SPFレコード記載の為、SPIRAL ver.2の送信元IPアドレスを知りたい。

SPFレコード記載の為、SPIRAL ver.2の送信元IPアドレスを知りたい。 送信ドメイン認証技術SPF(Sender Policy Framework)は、本来Envelope-Fromドメインと送信元IPの関係を認証する技術ですが、一部の受信側においては、差出人メールアドレス(Header-From)のドメインに対して、送信元IP情報としてのSPFレコードを確認し、受信メールを認証する場合...

ver.2サポートサイト

PHP

PHP サイト内のページ(ソース設定)にて、PHPを実行することができます。 実行結果はThymeleafを使用し、ページのbody(ソース設定)およびブロック(ソース設定)に渡すことができます。 外部サービスのAPIやSPIRAL ver.2のAPIと連携することで、多機能なアプリケーションを構築することができます。 仕様 SPIRAL ver.2で提供するPHPの構成 各機能の役割 機能 説明...

ver.2サポートサイト

登録フォームブロックのビジュアル設定

登録フォームブロックのビジュアル設定 機能概要 フォームブロックの設定方法を「ビジュアル設定」にすることでhtmlを直接編集することなく画面上でコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・ビジュアル設定ではフォームの各フィールドごとに、入力必須設定、レイアウト変更、ラベル等の文言調整等の編集できます。 ・フィールドの並び順変更、複数フィールドのグループ化も行えます。 ※ビジュアル設定になっている...

ver.2サポートサイト

登録フォームブロックのソース設定

登録フォームブロックのソース設定 機能概要 フォームブロックの設定方法を「ソース設定」にすることでhtmlでコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・各フィールドのhtmlはThymeleaf記法で記述されます。Thymeleafに関してはこちらをご参照ください。 ※ビジュアル設定になっているフォームブロックをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたフォームブロックをビジュア...

ver.2サポートサイト

登録フォームブロックに同意のチェックボックスを設置したい

登録フォームブロックに同意のチェックボックスを設置したい 概要 登録フォームブロックにおいて、同意チェックボックスパーツを追加することができます。 これにより、個人情報取得にかかる同意項目(チェックボックス)の設定、チェックボックスにチェックを入れることで送信ボタンが有効になる設定を一からソース編集することなく、マウス操作で設定できるようになります。 機能仕様 ・同意チェックボックスは登録フォーム...

ver.2サポートサイト

セミナー受付管理

セミナー受付管理 ここでは、複数のセミナーを管理し、それぞれのセミナーで申込者を管理するアプリを紹介します。 単純に1セミナーの受付のみの場合は、キャンペーンフォーム作成と同様の設定方法で実現できます。 全体像 構成要素 サイト ▼セミナー一覧ページ  ・セミナー一覧(レコード検索ブロック/レコードリストブロック) ▼セミナー詳細ページ  ・セミナー詳細(レコードアイテムブロック) ▼セミナー申込...

ver.2サポートサイト

更新フォームブロックのビジュアル設定

更新フォームブロックのビジュアル設定 機能概要 フォームブロックの設定方法を「ビジュアル設定」にすることでhtmlを直接編集することなく画面上でコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・ビジュアル設定ではフォームの各フィールドごとに、入力必須設定、レイアウト変更、ラベル等の文言調整等の編集ができます。 ・フィールドの並び順変更、複数フィールドのグループ化も行えます。 ※ビジュアル設定になってい...

ver.2サポートサイト

パスワード再登録フォームブロックのビジュアル設定

パスワード再登録フォームブロックのビジュアル設定 機能概要 フォームブロックの設定方法を「ビジュアル設定」にすることでhtmlを直接編集することなく画面上でコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・ビジュアル設定ではレイアウト変更、ラベル等の文言調整の編集、パーツの並び順変更ができます。 ※ビジュアル設定になっているフォームブロックをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたフ...

ver.2サポートサイト

ログインフォームブロックのソース設定

ログインフォームブロックのソース設定 機能概要 ログインフォームブロックの設定方法を「ソース設定」にすることでhtmlでコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・各フィールドのhtmlはThymeleaf記法で記述されます。Thymeleafに関してはこちらをご参照ください。 ※ビジュアル設定になっているフォームブロックをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたフォームブロッ...

ver.2サポートサイト

送信ドメイン認証技術とは?

送信ドメイン認証技術とは? ビジネスや一般のコミュニケーションにおいて、必要不可欠となった電子メールは、今ではダイレクトメール等と比べ、読まれやすいという特徴からメルマガに代表される情報を訴求するのに欠かせないツールとなりました。こういった中、企業やサービスになりすましたメールによるフィッシング被害が増加し、一般消費者の個人情報を搾取する等の犯罪が後を絶ちません。 この状況を改善する為に、メールサ...

ver.2サポートサイト

BIMIを使用してメールにブランドロゴを表示させたい

BIMIを使用してメールにブランドロゴを表示させたい 概要 BIMI(Brand Indicators for Message Identification)とは電子メールのセキュリティと信頼性を向上させるための新しいメールの認証規格です。 BIMIに対応しているメールサービスの受信メールに電子メール送信者の自社ブランドのロゴを表示させることで、受信者はフィッシングやなりすましではない正規の送信元...

ver.1サポートサイト

フォーム>登録通知メール

フォーム>登録通知メール 最終更新日:2024年02月29日目次概要1. 登録通知メール設定2. 宛先指定(固定、振分)3. 配信ログ関連ページ 概要 登録通知メールとは、フォームから登録がある度に、登録情報を予め設定してある通知先にメールでお知らせする機能です。 「登録通知メール」機能を活用することで、問合せや資料請求を受け付ける度担当者に問合せ内容を通知することができるため、 一次応答時間や資...

ver.1サポートサイト

送信ドメイン認証技術

送信ドメイン認証技術 最終更新日:2024年02月29日ビジネスや一般のコミュニケーションにおいて、必要不可欠となった電子メールは、今ではダイレクトメール等と比べ、読まれやすいという特徴からメルマガに代表される情報を訴求するのに欠かせないツールとなりました。こういった中、企業やサービスになりすましたメールによるフィッシング被害が増加し、一般消費者の個人情報を搾取する等の犯罪が後を絶ちません。 この...

ver.1サポートサイト

フォームの締め切りを設定したい

フォームの締め切りを設定したい 最終更新日:2024年02月29日フォームの締め切りは、DBの割り当て、登録者数、受付開始日時、受付終了日時、曜日指定の5種類の設定が可能です。 ご用途にあわせてお選びください。 目次設定方法関連ページ 設定方法 画面上「Web」>「フォーム」に進み、左メニュー「締め切り」をクリックします。 締め切りたい条件にチェックして設定を行います。 (1)DBの割り当てを越え...

ver.1サポートサイト

BIMIを使用してメールにブランドロゴを表示させたい

BIMIを使用してメールにブランドロゴを表示させたい 最終更新日:2024年06月13日目次概要ユーザが対応することサポート対応について 概要 BIMI(Brand Indicators for Message Identification)とは電子メールのセキュリティと信頼性を向上させるための新しいメールの認証規格です。 BIMIに対応しているメールサービスの受信メールに電子メール送信者の自社ブ...

ver.1サポートサイト

メールマガジンからのアクセスを解析するには?

メールマガジンからのアクセスを解析するには? 最終更新日:2022年04月07日メールマガジンからのアクセスを解析するには、パラメータを付与したURLをメールマガジンに記載することで、「メールマガジン」から来た閲覧者を見分けることができます。 パラメータ ・「パラメーター名=値」の書式で、これらは任意に設定可能・「?」で始まり、複数になる場合は「&」でつなぐ 【パラメータ付URL例】 ht...

ver.1サポートサイト

カスタムプログラム

カスタムプログラム 最終更新日:2024年05月14日目次概要設定方法カスタムプログラム定期実行に関する通知関連ページ 概要 カスタムプログラムに設定したPHPプログラムから、スパイラルのデータベースや外部のデータソースにアクセスすることができます。また、スパイラルAPIを経由してスパイラルのメール配信機能の呼び出しや、外部からのデータ操作が行えます。 PHPプログラムの利用については、カスタムプ...

ver.1サポートサイト

カスタムプログラム

カスタムプログラム 最終更新日:2024年05月14日目次概要設定方法カスタムプログラム定期実行に関する通知関連ページ 概要 カスタムプログラムに設定したPHPプログラムから、スパイラルのデータベースや外部のデータソースにアクセスすることができます。また、スパイラルAPIを経由してスパイラルのメール配信機能の呼び出しや、外部からのデータ操作が行えます。 PHPプログラムの利用については、カスタムプ...

ver.1サポートサイト

抽出ルールを設定したい

抽出ルールを設定したい 最終更新日:2023年02月28日抽出ルールは、対象を限定して行うセグメント配信や、仮想DB管理(フィルタ型)を発行する場合に使用します。 以下の4つの条件を組み合わせて、データベースの抽出ルールを作成することができます。 ■ IDによる抽出 及び 抽出結果の件数指定 ■ 登録元指定 ■ 参照元DBによる抽出 ■ フィールドの値で抽出 目次(共通)抽出ルールの設定手順フィー...

ver.1サポートサイト

抽出ルール

抽出ルール 最終更新日:2024年07月01日目次概要1. 抽出ルールの新規作成2. 抽出条件の設定3. 抽出ルールを適用した結果を確認4. 抽出ルールを使用している設定を確認5. 注意事項関連ページ 概要 「抽出ルール」では、データベースからデータを切り出す「抽出ルール」を作成することができます。 抽出ルールの設定は「通常(ANDのみ)」と「高度(AND,OR)」の2種類あり、 作成した抽出ルー...

ver.1サポートサイト

差出人FromドメインのDNSにSPIRALの送信元IPやinclude情報を設定したい

差出人FromドメインのDNSにSPIRALの送信元IPやinclude情報を設定したい 最終更新日:2023年02月28日目次概要SPF(TXT)レコードの設定方法スパイラル配信サーバのドメイン設定例設定したSPFレコードの確認方法注意事項その他関連ページ 概要 docomoが提供しているなりすましメール対策機能は、スパイラルユーザが設定する差出人Fromアドレスを認証対象としています。 差出人...

ver.1サポートサイト

クリックカウントを設定したい

クリックカウントを設定したい 最終更新日:2020年11月20日クリックカウントは、受信されたメール文面中のURLクリックを集計することで「誰が」「何時に」「どのコンテンツ」に 反応したか顧客の関心の度合いが得られる機能です。設定方法は2種類ございます。 DBグループからの設定 メール文面中に差し込むURLが毎回同じ場合に推奨しています。 ・メール文面中のURL1つ1つに対して個別にクリックカウン...

ver.1サポートサイト

抽出ルール

抽出ルール 最終更新日:2024年07月01日目次概要1. 抽出ルールの新規作成2. 抽出条件の設定3. 抽出ルールを適用した結果を確認4. 抽出ルールを使用している設定を確認5. 注意事項関連ページ 概要 「抽出ルール」では、データベースからデータを切り出す「抽出ルール」を作成することができます。 抽出ルールの設定は「通常(ANDのみ)」と「高度(AND,OR)」の2種類あり、 作成した抽出ルー...

ver.1サポートサイト

オプトイン記録保管サービスとはなんですか?

オプトイン記録保管サービスとはなんですか? 最終更新日:2023年04月21日オプトイン記録保管サービスとは、メール配信の対象となるデータベースに対して、 オプトインのログ(記録)をシステム上に保存するものです。 保存はデータベース単位で適用されます。 これはメールを送信する上で、送信者が受信者からメールの送信についての同意を取得し、 そのオプトイン記録を管理することを前提とした機能です。 システ...

ver.1サポートサイト

ランダム値を発行したい

ランダム値を発行したい 最終更新日:2023年10月31日データメンテナンスの「フィールド値自動生成トリガ」を利用することで、データ登録時に指定のフィールドに対しランダム値を発行し付与することができます。 詳しい設定方法は「フィールド値自動生成トリガ」「フィールド値自動生成トリガとはどんな機能ですか?」をご確認ください。 なお、登録済みのレコードにランダム値を自動発番することはできませんが、トラン...

ver.1サポートサイト

二段階認証設定

二段階認証設定 最終更新日:2024年04月01日目次概要1. 二段階認証設定2. アプリ認証3. メール認証4. 二段階認証設定を無効化する関連ページ 概要 スパイラル操作画面へのログイン認証に、モバイルアプリまたはメールを使った二段階認証を設定します。 担当者ID、個人情報閲覧不可ID、マルチアカウントで使用できます。 スパイラル操作画面の二段階認証とは スパイラル操作画面へのログイン認証は、...

ver.1サポートサイト

トランザクションDBに登録された個人情報をマスクしたい

トランザクションDBに登録された個人情報をマスクしたい 最終更新日:2023年11月30日目次概要1. 個人情報マスク設定方法2. マスク対象フィールド一覧関連ページ 概要 トランザクションDBに登録されるトランザクションデータは 基本的にユーザー自身によって編集、削除することができません。 しかしエンドユーザーからの要望などにより、個人情報にあたるデータについて削除する必要がある場合に「個人情報...

ver.1サポートサイト

登録通知メールの「FROM」と「返信先メールアドレス[Reply-to]」の推奨設定を確認したい

登録通知メールの「FROM」と「返信先メールアドレス[Reply-to]」の推奨設定を確認したい 最終更新日:2022年08月24日フォームの登録通知メール機能「差出人設定」では、受信する登録通知メールの FROMと返信先メールアドレス[Reply-To]を設定することができます。 本ページではFROMと返信先メールアドレス[Reply-To]について、推奨する設定方法を簡単に案内します。 ※設定...

ver.1サポートサイト

S/MIMEとは何ですか?

S/MIMEとは何ですか? 最終更新日:2024年06月19日S/MIMEとはメール本文の完全性を電子署名によって証明する暗号技術です。 電子証明書(クライアント証明書)を用いることでメールの暗号化と電子署名を行い、メールの盗聴や送信者のなりすましを防止したり、 メールの改ざんを検知したりすることができます。 スパイラルから配信するメール(※)でS/MIME署名する場合は、差出人設定から署名に必要...

ver.1サポートサイト

データ一括処理

データ一括処理 最終更新日:2024年07月17日目次1. データ一括処理とは2. 主な利用例3. 仕様4. データ一括処理の設定方法関連ページ 1. データ一括処理とは データ一括処理機能は、スパイラル®のDBに対して外部システムまたはローカルPC上のデータを反映したい場合に、一括で登録、更新、削除の処理を実行できる機能です。予め設定した処理を実行するので、外部連携や日々の業務における定期的な処...

ver.1サポートサイト

ファイル便

ファイル便 最終更新日:2024年02月29日ファイル便とは、DBのデータを外部の関係者に渡したいときや、DBに登録したいデータを外部から受け取りたいときに安全にデータの受け渡しができるファイル転送機能です。 主な特長 データをスパイラル上で、受け渡すから安心! ファイル便で受け渡すデータは、全てスパイラル上で管理します。 そのため、スパイラルから出力したデータや、これから登録しようとしているデー...

ver.1サポートサイト

フォーム

フォーム 最終更新日:2024年04月16日目次概要1. 主な利用例2. 仕様3. フォーム作成4. フォーム設定5. ページ設定6. メール設定7. フォームの締め切りに関する通知8. その他関連ページ 概要 「フォーム」とは、データを入力するための画面のことです。 データを登録、更新、削除するマルチデバイス対応のフォームを作成できます。 入力するデータに応じて、テキスト欄、ドロップダウンやラジ...

ver.1サポートサイト

HTMLメール開封チェック設定

HTMLメール開封チェック設定 最終更新日:2024年06月27日目次概要1. HTMLメール開封チェック設定2. メール文面へのHTMLメール開封チェックタグ挿入3. 有効期間設定4. 配信後、HTMLメール開封チェックの確認注意事項関連ページ 概要 HTML メール開封チェック機能は、受信者が HTML メールを閲覧する際、クライアント(ブラウザ)が HTML 中にある画像をサーバにリクエスト...

ver.1サポートサイト

送信ドメイン認証技術

送信ドメイン認証技術 最終更新日:2024年02月29日ビジネスや一般のコミュニケーションにおいて、必要不可欠となった電子メールは、今ではダイレクトメール等と比べ、読まれやすいという特徴からメルマガに代表される情報を訴求するのに欠かせないツールとなりました。こういった中、企業やサービスになりすましたメールによるフィッシング被害が増加し、一般消費者の個人情報を搾取する等の犯罪が後を絶ちません。 この...

ver.1サポートサイト

9.マイエリア マイエリア許可ページ

9.マイエリア マイエリア許可ページ 最終更新日:2024年02月29日目次マイエリア許可ページとは設定方法 マイエリア許可ページとは 一部のコンテンツを「マイエリアにログインしている場合のみ」アクセスできるように設定する機能です。 例:マイエリア許可ページに特定の一覧表を設定した場合、その一覧表を閲覧するためには アクセス権限を許可しているマイエリアへのログインが必要になります。 設定方法 画面...

ver.1サポートサイト

タイムリー配信

タイムリー配信 最終更新日:2024年02月29日目次概要設定方法関連ページ 概要 タイムリー配信とは、特定の日が来た時に、あらかじめセットしたメールを 自動的に配信する事ができる機能です。誕生日や記念日などに、毎年メール配信をする事ができます。 シークエンス配信は、指定した日時を起算日に配信間隔を決定し、連続してメールを配信する機能ですが、タイムリー配信は誕生日や各種記念日など指定した日時に毎年...

ver.1サポートサイト

アカウント管理

アカウント管理 アカウント管理に関する記事をを掲載しております。 アカウント管理 ・履歴DBレコード管理 ・割当レコード数変更 ・専用サービス(価格) ・LINE配信(価格) ・アカウント情報管理 ・パスワード変更 ・オプトイン記録保管サービスとはなんですか? ・通知メール受信設定 ・仮想ドメイン対応空メールのネームサーバ設定方法が知りたい ・仮想ドメインのネームサーバ設定方法が知りたい...

ver.1サポートサイト

データ一括処理

データ一括処理 最終更新日:2024年07月17日目次1. データ一括処理とは2. 主な利用例3. 仕様4. データ一括処理の設定方法関連ページ 1. データ一括処理とは データ一括処理機能は、スパイラル®のDBに対して外部システムまたはローカルPC上のデータを反映したい場合に、一括で登録、更新、削除の処理を実行できる機能です。予め設定した処理を実行するので、外部連携や日々の業務における定期的な処...

ver.1サポートサイト

タイムリー配信

タイムリー配信 最終更新日:2024年02月29日目次概要設定方法関連ページ 概要 タイムリー配信とは、特定の日が来た時に、あらかじめセットしたメールを 自動的に配信する事ができる機能です。誕生日や記念日などに、毎年メール配信をする事ができます。 シークエンス配信は、指定した日時を起算日に配信間隔を決定し、連続してメールを配信する機能ですが、タイムリー配信は誕生日や各種記念日など指定した日時に毎年...

ver.1サポートサイト

HTMLメール開封チェック設定

HTMLメール開封チェック設定 最終更新日:2024年06月27日目次概要1. HTMLメール開封チェック設定2. メール文面へのHTMLメール開封チェックタグ挿入3. 有効期間設定4. 配信後、HTMLメール開封チェックの確認注意事項関連ページ 概要 HTML メール開封チェック機能は、受信者が HTML メールを閲覧する際、クライアント(ブラウザ)が HTML 中にある画像をサーバにリクエスト...

ver.1サポートサイト

フォーム

フォーム 最終更新日:2024年04月16日目次概要1. 主な利用例2. 仕様3. フォーム作成4. フォーム設定5. ページ設定6. メール設定7. フォームの締め切りに関する通知8. その他関連ページ 概要 「フォーム」とは、データを入力するための画面のことです。 データを登録、更新、削除するマルチデバイス対応のフォームを作成できます。 入力するデータに応じて、テキスト欄、ドロップダウンやラジ...

ver.1サポートサイト

フォーム>登録通知メール

フォーム>登録通知メール 最終更新日:2024年02月29日目次概要1. 登録通知メール設定2. 宛先指定(固定、振分)3. 配信ログ関連ページ 概要 登録通知メールとは、フォームから登録がある度に、登録情報を予め設定してある通知先にメールでお知らせする機能です。 「登録通知メール」機能を活用することで、問合せや資料請求を受け付ける度担当者に問合せ内容を通知することができるため、 一次応答時間や資...

ver.1サポートサイト

フォームの締め切りを設定したい

フォームの締め切りを設定したい 最終更新日:2024年02月29日フォームの締め切りは、DBの割り当て、登録者数、受付開始日時、受付終了日時、曜日指定の5種類の設定が可能です。 ご用途にあわせてお選びください。 目次設定方法関連ページ 設定方法 画面上「Web」>「フォーム」に進み、左メニュー「締め切り」をクリックします。 締め切りたい条件にチェックして設定を行います。 (1)DBの割り当てを越え...

ver.1サポートサイト

送信ドメイン管理

送信ドメイン管理 最終更新日:2024年07月04日目次概要設定方法送信ドメイン登録に関する通知関連ページ 概要 スパイラルでは、送信ドメイン詐称の迷惑メール配信防止の為、配信に使用するドメインがアカウント利用者の管理する送信ドメインであることを 登録予定ドメインのメールアドレスにメールを配信することで確認しています。 送信ドメインを登録することで、差出人メールアドレス(from:)として使用する...

ver.1サポートサイト

送信ドメイン管理

送信ドメイン管理 最終更新日:2024年07月04日目次概要設定方法送信ドメイン登録に関する通知関連ページ 概要 スパイラルでは、送信ドメイン詐称の迷惑メール配信防止の為、配信に使用するドメインがアカウント利用者の管理する送信ドメインであることを 登録予定ドメインのメールアドレスにメールを配信することで確認しています。 送信ドメインを登録することで、差出人メールアドレス(from:)として使用する...

ver.1サポートサイト

空メール

空メール 最終更新日:2024年02月29日目次1. 空メール2. 写真投稿空メール3. 仮想ドメイン対応空メール4. QRコード5. ワイルドカードパラメータ関連ページ 1. 空メール 空メールとは、件名と本文の記載がないメールが送信された際に自動で固定のメールを返信するオプション機能です。 携帯端末で登録者がフォームのURLを打つ操作はウェブサイトから登録フォームに遷移するPCでの操作とは異な...

ver.2サポートサイト

【アップデート情報】ver.2.21(2022年10月12日実施)

【アップデート情報】ver.2.21(2022年10月12日実施) 2022年08月24日2022年10月12日実施のver.2.21アップデートに関する主な内容は以下になります。 新機能 【サイト】 サイトの郵便番号住所自動補完(オプション提供) 登録/更新フォームブロックにおいて、フォームに入力された日本の郵便番号から紐づく住所情報を自動で入力補完できるようになります。 これにより、インターネ...

ver.2サポートサイト

複数ステップ形式アンケート

複数ステップ形式アンケート 概要 SPIRAL ver.2では、フォームの項目入力や確認画面を複数ページに分けてアンケートを作成することができます。 これにより、アンケートフォーム等でアンケート回答と個人情報入力でページを分割したい時にご利用いただけます。 ここでは、住まいのアンケートを例に、複数ステップ形式のアンケート作成の流れをご紹介します。 全体像 構成要素 サイト ▼住まいアンケートページ...

ver.2サポートサイト

SPIRAL ver.2 とは

SPIRAL ver.2 とは プログラミング経験がなくても、オリジナルの業務アプリの制作・カスタマイズできるローコード開発プラットフォームです。 CMSのようにページやフォームをWeb画面上で作成できるので、プログラミング言語を知らない方でもアプリ作成が可能です。 またSPIRAL ver.2 は、PHPやAPIなどを使ってカスタマイズも可能なので、要望に合わせて柔軟に対応できます。 全体像 ア...

ver.1サポートサイト

任意で設定したフィルタルールに合致したレコードのみ表示する一覧

任意で設定したフィルタルールに合致したレコードのみ表示する一覧 最終更新日:2020年08月26日目次概要1.DBの設定(会員DB、お知らせDB)2.マイエリアの作成3.一覧表の作成4.マイエリアに一覧表を設定5.動作確認関連ページ 概要 任意で設定したフィルタルールに合致したレコードのみ表示する設定を行うことで、ログインしたユーザーの属性によって表示する情報を変えることが可能です。 ここでは、会...

ver.1サポートサイト

機能別に探す

機能別に探す DB・フォームなど各機能の仕様・設定方法 DB | Web | アプリ | メール | 開発 DB DB ・通常DB ・履歴DB ・履歴DBレコード管理>サーバ移行 ・トランザクションDB ・トランザクションDBに登録された個人情報をマスクしたい ・仮想DB(フィルタ型) ・割当レコード数変更 ・仮想DB(連携型)とは ・仮想DB(連携型) ・仮想DB(集合型) ・STOPDB ・ス...

ver.1サポートサイト

フィルタを行わない一覧(全件表示)

フィルタを行わない一覧(全件表示) 最終更新日:2020年08月26日目次概要1.DBの設定(会員DB、投稿受付DB、DB連携設定)2.マイエリアの作成3.一覧表の作成4.マイエリアに一覧表を設定5.動作確認関連ページ 概要 フィルタの設定を行わず全件表示の設定をすることで、DBに登録されたすべてのデータを閲覧させることが可能です。 ここでは、ログインするとすべての会員が投稿した内容が一覧表示され...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 その他 ・サンプルデータ ・高エラー配信中止 ・配信失敗時のエラーコード ・配信エラーコード ・差替えキーワード ・条件式や計算式の記法 ・PHP7.4で使用できない関数・PHPクラス・パラメータ等一覧 ・各種上限値 ・SPIRAL ver.2 操作画面の推奨(動作)環境 ・正規表現による入力制限 ・P...

ver.1サポートサイト

LINE配信オプションで配信設定をしたい

LINE配信オプションで配信設定をしたい 最終更新日:2022年06月30日LINE配信オプションにて新規で配信設定を行う際の流れをご案内いたします。 ※本ページでは「テキスト形式」の配信設定の方法をご案内します。 目次1.LINE配信アプリにログイン2.新規配信設定を行う3.テスト配信を行う関連ページ 1.LINE配信アプリにログイン 専用アプリにログインします。 ※パスワードが不明な場合は、ロ...

ver.1サポートサイト

バッチ処理

バッチ処理 最終更新日:2024年02月29日目次1. バッチ処理とは2. 主な利用例3. その他関連ページ 1. バッチ処理とは 外部システムとのデータ連携において、一度に大量のデータを同期したい場合に有効なバッチ処理を操作画面上で設定できます。外部からのスパイラルへのデータの取込やスパイラルから外部へのデータの出力に対応しています。 「バッチ処理機能」は、独立した3つの新機能により実現します。...

ver.1サポートサイト

ログインしているレコードのデータのみ表示する一覧

ログインしているレコードのデータのみ表示する一覧 最終更新日:2020年08月26日目次概要1.DBの設定(会員DB、投稿受付DB、DB連携設定)2.マイエリアの作成3.一覧表の作成4.マイエリアに一覧表を設定5.動作確認関連ページ 概要 マイエリアにログインしているレコードのデータのみ表示する設定を行うことで、ログインしたユーザー自身に関連した情報だけを閲覧させることが可能です。 ここでは、ログ...

ver.1サポートサイト

Webアクセス解析はできますか?

Webアクセス解析はできますか? 最終更新日:2021年11月24日スパイラルでは、複数ドメイン・SSL ページ・動的ページに対応したWebアクセス解析ツールであれば、基本的に可能です。 ただし、必ずしもデータ・解析結果を保証するものではありません。 目次スパイラルでのWebアクセス解析スパイラルで使用できるWebアクセス解析ツールスパイラルにWebアクセス解析ツールを導入するには関連ページ スパ...

ver.1サポートサイト

バッチ処理

バッチ処理 最終更新日:2024年02月29日目次1. バッチ処理とは2. 主な利用例3. その他関連ページ 1. バッチ処理とは 外部システムとのデータ連携において、一度に大量のデータを同期したい場合に有効なバッチ処理を操作画面上で設定できます。外部からのスパイラルへのデータの取込やスパイラルから外部へのデータの出力に対応しています。 「バッチ処理機能」は、独立した3つの新機能により実現します。...

ver.1サポートサイト

URL有効期間設定とはどのような機能ですか

URL有効期間設定とはどのような機能ですか 最終更新日:2024年04月19日目次概要よくある質問関連ページ 概要 URL有効期間設定は、配信文面内の差替えキーワードに期限を設定する事のできる機能です。 設定できるURLは以下の通りです。 ・クリックログインURL ・ステップアンケートURL ・オプトアウトURL ・クリックカウントURL 有効期間を過ぎた後にURLをクリックするとURLの有効期間...

ver.1サポートサイト

クリックカウントの数が大きく変化した理由が知りたい

クリックカウントの数が大きく変化した理由が知りたい 最終更新日:2019年05月31日クリックカウント数が急に減少、または増加する要因はいくつか考えられますが、 理由のひとつに、メール受信側の迷惑メールフィルタの機能の可能性があります。 ある種類の迷惑メールフィルタは、メールを受信する前にURLを複数回クリックして安全確認する機能があります。 特定のIPアドレスからのクリックが極端に多い場合に、可...

ver.1サポートサイト

一斉配信メールの差出人を、宛先によって変更したい

一斉配信メールの差出人を、宛先によって変更したい 最終更新日:2019年04月16日「差出人の差替え設定」を使用すると、一斉配信でありながら私信的なメールを配信することができるため、購読率のアップなどの効果が期待できます。 EXPRESS2やEXPRESS配信、シークエンス配信、サンクス配信、タイムリー配信で本機能をご利用いただくことができます。 設定方法 差替えを行う対象のDBに「差出人名」と「...

ver.1サポートサイト

同一のURLを複数のクリックカウント設定として使用したい

同一のURLを複数のクリックカウント設定として使用したい 最終更新日:2022年05月16日メール本文中に同一URLを複数記載する際に、それぞれクリックカウントを設定することができます。 例えば、下記の様にメルマガのURLの一について効果測定を行いたい場合に個別のクリックカウントを設定します。 同一URLのクリックカウントの設定方法については、「同一のURLを複数のクリックカウント設定として使用す...

ver.1サポートサイト

ログインに失敗する場合

ログインに失敗する場合 最終更新日:2023年09月29日 SPIRALへのログイン時に、エラーが発生してログインに失敗する場合には下記のような可能性がございます。合致する原因がございましたら、解消方法の箇所に記載の方法をお試しいただきますようお願いいたします。 目次1.アカウントID、担当者ID、パスワードのいずれかに誤りがある場合2.ログインロックがかかっている場合3.ログインURLに誤りがあ...

ver.1サポートサイト

空メールから登録した際に自動返信メールが届かない

空メールから登録した際に自動返信メールが届かない 最終更新日:2023年08月22日空メールの自動返信メールが届かない場合、次の内容をご確認ください。 ・空メールの宛先(xxx@req.jp)が間違っていないか確認する ・迷惑メールフォルダを確認する ・自動返信メールの送信元のメールアドレスが受信許可リストに登録されているかどうか(利用者のメール受信設定による) 各携帯電話会社の設定をご確認いただ...

ver.2サポートサイト

認証エリアログイン制限

認証エリアログイン制限 機能概要 認証エリアにログインできるインターネットユーザを制限することができます。 本機能を活用することで、例えば以下のようなことが実現できます。  ・会員DBで退会者以外をログインさせる  ・社員DB内のフラグによって管理画面を使い分ける  ・社員DBの参照先DBで特定のフラグが立っている部門のみログインさせる 機能仕様 ログイン制限 制限しない 認証DB内に含まれるすべ...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 共通設定 ・PHP環境変数 ・robots.txt ・reCAPTCHA設定 ・デフォルトメッセージ設定 ・サイトのPHP互換性チェック

ver.1サポートサイト

シークエンス配信とは何ですか?

シークエンス配信とは何ですか? 最終更新日:2020年11月20日シークエンス配信とは、特定の日時を起算日として、配信間隔を決定し、セットしたメールを自動で配信する事ができる機能です。 配信のイメージは下記図の通りです。 使用例として、読みきりメールマガジン、企画PR、商品PR、資料請求フォローアップ、Eラーニング、旅行体験プロモーション、認知度アッププログラム等があります。 詳しい設定方法につい...

ver.1サポートサイト

3.マイエリア セキュリティ > ②FIDO認証

3.マイエリア セキュリティ > ②FIDO認証 最終更新日:2024年02月29日目次概要目次1. FIDO認証の設定2.FIDO認証のリンク設定3. 認証デバイス登録時の状態を「無効」に設定している場合4. 注意事項関連ページ 概要 FIDO認証とは FIDOはFast IDentity Online(素早いオンライン認証)の略語で、従来のパスワードに変わる認証技術の一つです。 FIDO認証は...

ver.1サポートサイト

シャリーン

シャリーン 最終更新日:2024年05月29日シャリーンの設定方法について説明します。 目次1.SPIRAL ver.1 の設定2.設定QRコード生成3.端末設定関連ページ 1.SPIRAL ver.1 の設定 シャリーンで読み取ったデータをSPIRAL ver.1のDBに格納する為、SPIRAL ver.1の設定をします。 (1)DB発行 (2)APIトークン発行 (3)認証設定 (1)DB発行...

ver.1サポートサイト

3.マイエリア セキュリティ

3.マイエリア セキュリティ 最終更新日:2024年05月24日目次機能概要1.セッション維持時間2.二段階認証3.自動ログイン4.ログインロック5.パスワード強度6.FIDO認証7.IPアドレスによるアクセス制限8.接続元URLによるアクセス制限9.コンテンツに関するセキュリティ設定10.非SSL(http)でのアクセス11.APIによるマイエリアログイン時の注意点 機能概要 マイエリアの「認証...

ver.1サポートサイト

切り替えURL

切り替えURL 最終更新日:2024年02月29日目次概要1. 切り替えURLの新規作成2. 切り替え設定3. 非公開ページ設定4. 設定例関連ページ 概要 切り替えURLとは 切り替えURLとは、固定URLを発行し、このURLから遷移するページを切り替えられる機能です。 切り替え先として既存オブジェクトを最大10個まで指定することができ、日時、曜日、時間帯などによって自動で切り替えることができま...

ver.1サポートサイト

エンベロープfrom独自ドメイン

エンベロープfrom独自ドメイン 最終更新日:2024年05月29日目次機能概要価格エンベロープfrom独自ドメインご利用の流れオプション導入後の既存設定への適用方法関連ページ 機能概要 SPIRAL ver.1のメール機能から配信するメールのエンベロープfromドメインをお客様独自のドメインに変更することができます。 注意事項 ・エンベロープfrom独自ドメインオプションの導入には、お客様(ユー...

ver.1サポートサイト

一覧表・単票管理の検索フォームにて使用できるフィールドを知りたい。

一覧表・単票管理の検索フォームにて使用できるフィールドを知りたい。 最終更新日:2024年02月29日一覧表・単票管理の検索フォームおよび複数フィールドの検索にて使用できるフィールドは以下の一覧の通りです。 ○:使用可 ×:使用不可 No. フィールドタイプ 検索フォーム 複数フィールドの検索 1 id ○ × 2 メールアドレス ○ ○ 3 メールアドレス(大・小文字を無視) ○ ○ 4 性別 ...

ver.1サポートサイト

クリックカウント設定

クリックカウント設定 最終更新日:2024年02月29日目次概要1. クリックカウント設定2. メール文面にクリックカウントURLを挿し込む3. URL有効期間設定4. 配信後、クリックレポートの確認関連ページ 概要 メールは配信すると直ぐに反応が表れます。 その反応を掴むことができるのが、メール文面中のURLのクリックを捕捉する「クリックカウント」です。 誰が、何時、どのコンテンツに反応したかを...

ver.1サポートサイト

クリックカウント設定

クリックカウント設定 最終更新日:2024年02月29日目次概要1. クリックカウント設定2. メール文面にクリックカウントURLを挿し込む3. URL有効期間設定4. 配信後、クリックレポートの確認関連ページ 概要 メールは配信すると直ぐに反応が表れます。 その反応を掴むことができるのが、メール文面中のURLのクリックを捕捉する「クリックカウント」です。 誰が、何時、どのコンテンツに反応したかを...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 ページ ・ページ機能 ・ページのソース設定 ・ページのビジュアル設定 ・ページのセキュリティ設定

ver.1サポートサイト

DKIM署名ドメイン管理

DKIM署名ドメイン管理 最終更新日:2024年06月27日目次概要1. DKIM署名の設定(作成者署名の場合)2. 公開鍵の宣言(作成者署名の場合)3. 配信時の設定4. 受信メールでの確認関連ページ 概要 DKIMは、電子署名を付けたメールを配信し、受信者が電子署名を認証することによって、受信したメールが正当な送信者によって配信されたメールであること、メール本文が改ざんされていないことを確認で...

ver.1サポートサイト

演算トリガ

演算トリガ 最終更新日:2024年02月29日目次概要1. 演算トリガ設定2. 演算トリガの仕様3. 制限事項関連ページ 概要 条件分岐(if)、四則演算、文字列結合(CONCATENATE)、文字列操作ができるトリガです。 <例えばこんなとき!> 「有給休暇申請」フォームから申請があった際に、社員DBの「有給残日数」を自動計算する。 1. 演算トリガ設定 【例】「有給休暇」を申請するフォームから...

ver.1サポートサイト

ファイル型フィールドの解説

ファイル型フィールドの解説 最終更新日:2024年02月29日ファイル型フィールドとは、DBにファイルデータを格納することができる特殊フィールドです。 PDFファイルやOffice系ファイル(エクセル、ワード等)、画像ファイルなどあらゆるファイルを登録することができます。 目次登録を許可する拡張子ファイルのダウンロードファイル型フィールドの制限ファイル型フィールドのメール配信ファイル型フィールドに...

ver.1サポートサイト

DKIM署名ドメイン管理

DKIM署名ドメイン管理 最終更新日:2024年06月27日目次概要1. DKIM署名の設定(作成者署名の場合)2. 公開鍵の宣言(作成者署名の場合)3. 配信時の設定4. 受信メールでの確認関連ページ 概要 DKIMは、電子署名を付けたメールを配信し、受信者が電子署名を認証することによって、受信したメールが正当な送信者によって配信されたメールであること、メール本文が改ざんされていないことを確認で...

ver.1サポートサイト

DKIM署名ドメイン管理

DKIM署名ドメイン管理 最終更新日:2024年06月27日目次概要1. DKIM署名の設定(作成者署名の場合)2. 公開鍵の宣言(作成者署名の場合)3. 配信時の設定4. 受信メールでの確認関連ページ 概要 DKIMは、電子署名を付けたメールを配信し、受信者が電子署名を認証することによって、受信したメールが正当な送信者によって配信されたメールであること、メール本文が改ざんされていないことを確認で...

ver.1サポートサイト

HTMLメールを送りたい

HTMLメールを送りたい 最終更新日:2024年07月17日目次作成手順HTMLメール作成時の注意点関連ページ 作成手順 1.HTMLメールを送るには[EXPRESS2]>「メール形式」で、「HTMLメール」を選択してください。 2.メール文面設定欄にはHTMLソースを貼り付けます。 ソースの編集 エディタ等で編集したHTMLソースを文面設定欄に貼り付けます。 ソースの編集(リッチテキスト編集) ...

ver.1サポートサイト

配信停止を受け付けたい

配信停止を受け付けたい 最終更新日:2024年07月11日SPIRAL ver.1では、メール受信者によるメール購読の停止(解除)を受け付ける方法として、「オプトアウト設定による停止(解除)方法」と「 フォーム管理を使用した停止(解除)方法」の2種類があります。 目次オプトアウト設定による停止(解除)方法List-unsubscribeヘッダを使用した停止(解除)方法フォーム管理を使用した停止(解...

ver.1サポートサイト

エンベロープfrom独自ドメイン

エンベロープfrom独自ドメイン 最終更新日:2024年05月29日目次機能概要価格エンベロープfrom独自ドメインご利用の流れオプション導入後の既存設定への適用方法関連ページ 機能概要 SPIRAL ver.1のメール機能から配信するメールのエンベロープfromドメインをお客様独自のドメインに変更することができます。 注意事項 ・エンベロープfrom独自ドメインオプションの導入には、お客様(ユー...

ver.1サポートサイト

アプリを再利用(複製)したい場合

アプリを再利用(複製)したい場合 最終更新日:2023年08月24日アプリでは、スパイラルで構築、運用する設定物を管理することができます。 一度作成したアプリは「アプリセンター」を利用することで複製して再利用することができます。 アプリを複製したい場合、以下をご参照ください。 目次1.アプリ複製について2.アプリ複製の準備3-1.アプリを複製する方法(既存DBを使用する場合)3-2.アプリを複製す...

ver.1サポートサイト

データ一括登録/更新時にエラーになる

データ一括登録/更新時にエラーになる 最終更新日:2024年03月28日データ一括登録/更新時にエラーになる原因は、下記などが考えられます。 目次1.フォーマットに違反しているデータを登録しようとしている。2.DBのレコード数が不足している3.重複データが存在する。4.ファイルのヘッダー情報に原因がある5.DBにフィールドが設定されていない関連ページ 1.フォーマットに違反しているデータを登録しよ...

ver.1サポートサイト

フィールド値自動生成トリガとはどんな機能ですか

フィールド値自動生成トリガとはどんな機能ですか 最終更新日:2020年11月20日フィールド値自動生成トリガを設定すると、データ登録時に自動的に値を生成し、格納することができます。 使用例 ・会員番号の自動発行 ・更新フォーム、削除フォームでの認証を強化する認証キーフィールドの自動発行 設定可能なフィールドタイプ ・数字・記号・アルファベット(32bytes) ・整数 ・簡易パスワード 詳しい設定...

ver.1サポートサイト

「登録元管理」では何ができますか

「登録元管理」では何ができますか 最終更新日:2018年02月21日「登録元管理」では主に以下3つの設定を行うことができます。 登録元 新規作成 各DBにおいて、任意の名称の登録元を作成することができます。 例えば登録経路が複数あるデータを1つのグループとしてまとめて管理したり、抽出したりしたい場合に、 特定の登録元を作成しておき、登録時に選択することでデータをグルーピングすることができます。 登...

ver.1サポートサイト

IPアドレス制限(価格)

IPアドレス制限(価格) 最終更新日:2024年07月04日操作画面にログイン可能な接続元IPアドレスを制限することができます。 No. オプション 適用 価格(税別) 1 IPアドレス制限(設定) 初期(1ID) ¥10,000 注意事項 ・ IPアドレス制限が設定済みの場合でも、SPIRAL操作画面から申請した内容で上書きされます。 ・ IPアドレスを追加する場合は、現在設定済みのIPアドレス...

ver.1サポートサイト

DBオペレーションで検索した結果一覧の項目の順番を変更したい

DBオペレーションで検索した結果一覧の項目の順番を変更したい 最終更新日:2021年11月22日DBオペレーションはDBごとにテンプレートを設定することができます。 ※「テンプレート設定」機能の詳細については「データ操作(DBオペレーション)」をご参照ください。 設定方法は以下の手順になります。 1. 大メニューDBをクリック 2. サブメニュー「DBオペレーション」をクリック 3. 該当するDB...

ver.1サポートサイト

写真投稿空メール(価格)

写真投稿空メール(価格) 最終更新日:2024年05月29日画像が投稿できる空メールです。 ・ 画像添付の空メールを送信し、返信メール文面中URLのフォームから登録すると添付画像も合わせて登録されます。 ・ 写真投稿空メールをご利用いただくと、携帯機種に依存せず、画像をデータベースに登録できます。 ※ データベースに画像型フィールドを使用する必要があります。 ※ 登録できる画像形式は、GIF、JP...

ver.1サポートサイト

マルチアカウント設定

マルチアカウント設定 最終更新日:2024年05月29日マルチアカウントの設定方法についてご紹介します。 ※マルチアカウントはオプションサービスとなりますので別途お申し込みが必要です。  料金については「マルチアカウント」(オプションページ)をご確認ください。 ※マルチアカウントのお申込みについては「アカウント情報管理」をご参照ください。 目次1.マルチアカウントの新規作成2.マルチアカウントの情...

ver.1サポートサイト

ログイン後のページを会員の種別によって表示内容を切り替えたい

ログイン後のページを会員の種別によって表示内容を切り替えたい 最終更新日:2022年02月28日マイエリアの設定で、会員の種別やアンケートの回答の有無によって、表示内容を切り替えることができます。 設定方法は「6.マイエリア ログイン・ログアウトページ」をご確認ください。 関連ページ マイエリア マイエリアにログインすると「該当するページが見つかりません」と表示される。 4.マイエリア ログイン拒...

ver.1サポートサイト

ログインに失敗する場合

ログインに失敗する場合 最終更新日:2023年09月29日 SPIRALへのログイン時に、エラーが発生してログインに失敗する場合には下記のような可能性がございます。合致する原因がございましたら、解消方法の箇所に記載の方法をお試しいただきますようお願いいたします。 目次1.アカウントID、担当者ID、パスワードのいずれかに誤りがある場合2.ログインロックがかかっている場合3.ログインURLに誤りがあ...

ver.1サポートサイト

アカウント管理

アカウント管理 アカウント管理に関する記事をを掲載しております。 アカウント管理 ・契約レコード数変更 ・担当者IDを削除しても作成したアプリや操作履歴は残りますか? ・待合室 ・オプションの申し込み/解約方法が知りたい ・マルチアカウント設定 ・オプションの納品日はいつですか? ・Web請求書サービスについて ・マルチアカウント・個人情報閲覧不可IDで制限できることは何? ・操作画面のIPアドレ...

ver.1サポートサイト

2024年4月1日以降のサポート(プラットフォームサポート)について

2024年4月1日以降のサポート(プラットフォームサポート)について 最終更新日:2024年02月22日当社が提供するプラットフォームサポートの対応範囲・免責事項を以下の通りといたします。 ご不明点がありましたら、ユーザーズデスクへお問い合わせください。 目次プラットフォームサポートのサービス範囲プラットフォームサポートの受付時間免責事項 プラットフォームサポートのサービス範囲 プラットフォームサ...

ver.1サポートサイト

アカウント管理

アカウント管理 アカウント管理に関する記事をを掲載しております。 アカウント管理 ・みてみて何でもランキング(価格) ・みんなの声を集めてレビュー(価格) ・GPSロケーションマッチ(価格) ・オプトイン記録保管機能の対象フィールドが知りたい ・ログイン・ログアウト履歴 ・エンベロープfrom独自ドメイン ・オプトイン記録保管サービスの料金が知りたい ・オプトイン記録保管機能の設定方法が知りたい ...

ver.1サポートサイト

二段階認証とはなんですか?

二段階認証とはなんですか? 最終更新日:2019年02月27日スパイラル操作画面へのログイン認証は、アカウントIDと担当者ID(または個人情報閲覧不可ID)とパスワード、またはマルチアカウントIDとパスワードで認証する方式を標準提供しております。 二段階認証は、上記のID・パスワード認証方式に加えて、もう一つの認証方式(アプリ認証またはメール認証)を設けることで、より安全にスパイラルをご利用いただ...

ver.1サポートサイト

オプトイン記録保管機能の対象フィールドが知りたい

オプトイン記録保管機能の対象フィールドが知りたい 最終更新日:2020年11月20日オプトイン記録保管の対象フィールドは、以下の2フィールドです。 ■メールアドレス ※ 選択可能なフィールドのタイプ ・メールアドレス ・メールアドレス(大・小文字を無視) ■同意日時 ※ 選択可能なフィールドのタイプ ・登録日時 ・日付(○年○月○日 ○時○分○秒) DBの中に、上記日時フィールドとメールアドレスフ...

ver.1サポートサイト

InternetExplorer(IE)でスパイラル管理画面は利用できますか?

InternetExplorer(IE)でスパイラル管理画面は利用できますか? 最終更新日:2022年07月29日2022年6月15日をもってInternetExplorerはスパイラルの動作環境対象外となりました。 2022年6月16日以降は他の推奨ブラウザにてご利用ください。 利用推奨環境について詳しくはこちらをご確認ください。 よくある質問 Q.2022年6月16日以降InternetExp...

ver.1サポートサイト

クリックレポートの見方が知りたい

クリックレポートの見方が知りたい 最終更新日:2022年06月30日クリックカウントを設定している場合、集計結果をレポートとして閲覧できます。 ・トータルクリック…URLがクリックされたのべ回数 ・ユニーククリック…実際にURLをクリックした人数 ・クリックレート(%)…ユニーククリック/有効配信件数 ※URLタイトル「pi-pe」の場合 2,590件受信されたメールのうち、4.90%にあたる12...

ver.1サポートサイト

登録通知メールにS/MIMEを設定したい

登録通知メールにS/MIMEを設定したい 最終更新日:2023年05月31日スパイラルで作成したフォームからお客様が登録した際に受信する通知メールは、、お客様の個人情報を含んでいる場合があります。 スパイラルでは、通知メールをS/MIME方式で暗号化する事ができます。S/MIME設定の流れは次のようになります。 S/MIME通知メール設定概要 ① spiral.crt ② XXXXX.p12 ③ ...

ver.1サポートサイト

サンクスメールの送り分けをしたい

サンクスメールの送り分けをしたい 最終更新日:2024年02月09日DB機能の抽出ルールを利用することで、サンクスメールの送り分けが可能です。 目次設定の流れ1. 抽出ルールを作成する2. 抽出ルールを適用したリストを作成する3. 封筒を作成する4. サンクスメールを設定する関連ページ 設定の流れ サンクスメールを送り分けするには、以下の手順で設定を進めます。 1. 抽出ルールを作成する 2. 抽...

ver.1サポートサイト

フォームへのスパム登録をブロックしたい

フォームへのスパム登録をブロックしたい 最終更新日:2022年01月31日スパイラルで作成したフォームへのスパム登録(迷惑登録、大量登録等)等のいやがらせ行為や攻撃を防止する方法をご案内します。 設定方法について詳しくはこちらをご確認ください。 目次連続投稿の禁止接続元URLによるアクセス制限メールアドレスドメインによる登録拒否必須項目やチェックボックスの設置外部ツールによる対策関連ページ 連続投...

ver.1サポートサイト

サンキューメールを複数配信したい

サンキューメールを複数配信したい 最終更新日:2024年02月09日 基本的にサンキューメールは、登録フォームから登録したお客様宛に送られるものですが、複数のリストを設定することが可能なため、1回の登録において複数の宛先への配信が可能です。 例えば、お客様宛に送られるサンキューメールと同じ内容を管理者側でも受信したい場合に、この複数配信の設定を行うことで可能となります。 ここでは、セミナー参加受付...

ver.1サポートサイト

空メールから会員登録させたい

空メールから会員登録させたい 最終更新日:2020年11月20日スパイラルでは、空メール機能をオプションで用意しております。 空メールは主に携帯フォーム登録時に活用されます。 本人のメールアドレスを手作業で入力しなくても、空メールを送信した際に、送信者のメールアドレスを自動取得することができるため、簡単に確実なアドレスを集める事ができます。 関連ページ 空メール 空メール(価格) 空メールの設定方...

ver.1サポートサイト

HTMLメール開封チェックを設定したい

HTMLメール開封チェックを設定したい 最終更新日:2020年11月20日HTMLメール開封チェックは、スパイラルから配信したHTMLメールの開封回数がデータベースに格納され「誰が」「何時に」 「どのコンテンツ」に反応したか顧客の関心の度合いが得られる機能です。 設定方法は、サポートサイト >機能・仕様 > 「HTMLメール開封チェック設定」をご確認ください。 関連ページ HTMLメール開封...

ver.1サポートサイト

郵便番号検索機能を使いたい

郵便番号検索機能を使いたい 最終更新日:2019年06月12日郵便番号検索機能は有料オプション機能となり、別途お申し込みが必要になります。 お申し込み方法や設定方法の詳細はこちらをご覧ください。 基本料金は以下の通りです。 ・月次費用:5,000円 ※スパイラル内ページにてご利用いただける機能です。 リモートページ等にはご利用いただけません。 関連ページ 郵便番号住所自動補完 郵便番号住所自動補完...

ver.1サポートサイト

タイムリー配信とは何ですか?

タイムリー配信とは何ですか? 最終更新日:2023年07月19日タイムリー配信とは、特定の日が来た時に、あらかじめセットしたメールを自動的に配信する事ができる機能です。誕生日や記念日などに、毎年メール配信をする事ができます。 詳しい設定方法については「日付フィールドに格納している日に毎年メールを配信したい」をご覧ください。 関連ページ 日付フィールドに格納している日に毎年メールを配信したい タイム...

ver.1サポートサイト

一覧表の編集モードで、入力項目以外を自動登録・更新したい

一覧表の編集モードで、入力項目以外を自動登録・更新したい 最終更新日:2023年06月15日一覧表・単票機能には、一覧表ページ上でデータを入力して更新できる編集モードがあります。 編集モードは、一覧表ページで入力した項目のみを登録・更新する機能です。 そのため、例えば更新日時などの、一覧表ページで入力しない項目は編集モードでは登録や更新ができません。 編集モードで入力しない項目を自動登録・更新した...

ver.1サポートサイト

機種依存文字とは何ですか

機種依存文字とは何ですか 最終更新日:2022年08月24日機種依存文字とは、OSやブラウザ等、特定の環境上でしか 正しく表示されない文字の事を指します。 下記は機種依存文字の一例になります。 ※エンドユーザーが登録したデータを閲覧する時にも、機種依存文字が含まれていると正しく表示されない場合があります。 スパイラルにはエンドユーザーが登録する内容や、配信する文面などに機種依存文字がないかチェック...

ver.1サポートサイト

サンクスメールの送り分けをしたい

サンクスメールの送り分けをしたい 最終更新日:2024年02月09日DB機能の抽出ルールを利用することで、サンクスメールの送り分けが可能です。 目次設定の流れ1. 抽出ルールを作成する2. 抽出ルールを適用したリストを作成する3. 封筒を作成する4. サンクスメールを設定する関連ページ 設定の流れ サンクスメールを送り分けするには、以下の手順で設定を進めます。 1. 抽出ルールを作成する 2. 抽...

ver.1サポートサイト

スパイラルシールとは何ですか

スパイラルシールとは何ですか 最終更新日:2023年10月24日スパイラルシールは、インターネットユーザがウェブサイト上のフォームで登録する情報が スパイラル株式会社が提供するプラットフォーム「SPIRAL ver.1」で作成されたデータベースに送信されることを説明するものです。 このシールは、「SPIRAL ver.1」を利用するユーザー企業様が、使用するウェブサイトを申請し、スパイラル株式会社...

ver.1サポートサイト

会員向けアンケートがしたい

会員向けアンケートがしたい 最終更新日:2020年11月20日Eメール文中のURL からダイレクトに各会員のマイページ( マイエリア内の会員専用ページ )にリンクすることで、 パスワードを入力するようなログイン等のステップを踏まずにアンケートを実施することができます。 クリックログインアンケートは、本システムの標準機能である登録機能と会員管理機能を組み合わせて利用することで実現します。 設定の詳細...

ver.1サポートサイト

固定値(hidden)とは何ですか

固定値(hidden)とは何ですか 最終更新日:2023年02月15日固定値(hidden)は、フォームから登録を行った際に、予め設定した 値をデータとして自動的に取得したい時に使用します。 例えば、 「赤坂店の問合せフォームから登録があった際は、自動的に”赤坂店”という データを取得したい。」 複数店舗をお持ちの場合、店舗ごとに問合せフォームを作成し、それぞれの 店舗名を固定値(hidden)で...

ver.1サポートサイト

演算トリガ

演算トリガ 最終更新日:2024年02月29日目次概要1. 演算トリガ設定2. 演算トリガの仕様3. 制限事項関連ページ 概要 条件分岐(if)、四則演算、文字列結合(CONCATENATE)、文字列操作ができるトリガです。 <例えばこんなとき!> 「有給休暇申請」フォームから申請があった際に、社員DBの「有給残日数」を自動計算する。 1. 演算トリガ設定 【例】「有給休暇」を申請するフォームから...

ver.1サポートサイト

3.マイエリア セキュリティ

3.マイエリア セキュリティ 最終更新日:2024年05月24日目次機能概要1.セッション維持時間2.二段階認証3.自動ログイン4.ログインロック5.パスワード強度6.FIDO認証7.IPアドレスによるアクセス制限8.接続元URLによるアクセス制限9.コンテンツに関するセキュリティ設定10.非SSL(http)でのアクセス11.APIによるマイエリアログイン時の注意点 機能概要 マイエリアの「認証...

ver.2サポートサイト

2024年4月1日以降のサポートについて

2024年4月1日以降のサポートについて 当社が提供するプラットフォームサポートの対応範囲・免責事項を以下の通りといたします。 ご不明点がありましたら、ユーザーズデスクへお問い合わせください。 プラットフォームサポートのサービス範囲 プラットフォームサポートでは、次のようなご案内・対応を行っております。 1.SPIRAL ver.2の基本操作や機能に関する質問 2.APIリクエスト数調査、プラット...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 メール配信 ・メールのクリックカウント/HTMLメール開封確認 ・配信ログ ・一斉メール配信

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 サイト管理 ・サイト機能の全体像 ・ページ機能 ・ブロック機能 ・登録フォームブロック ・CSS/JavaScript ・Thymeleaf記法 ・ソース設定とThymeleaf ・フォームのメールアクション ・ページのソース設定 ・テスト環境/本番環境とリリース ・サイト管理権限 ・登録フォームブロッ...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 レコード ・レコード管理 ・レコード一括ダウンロード ・レコード一括登録 ・レコード一括削除 ・レコード一括更新登録 ・レコード一括更新 ・ファイル一括ダウンロード...

ver.2サポートサイト

レコードアイテムブロック

レコードアイテムブロック 機能概要 レコードアイテムブロックは、サイト上のページにセミナーやニュースといったDB上の1レコードの詳細情報を公開できるブロックです。 ※ レコードアイテムブロックを作成するには、予めDBを作成する必要があります。 ※ レコードアイテムブロックをサイト上で表示する為には、予めサイトやページを作成する必要があります。詳しくは、サイト機能の全体像の操作画面の項目をご参照くだ...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 アプリ管理 ・DB機能 ・アプリ機能 ・参照フィールド(データ連携) ・フィールドタイプリファレンス ・アプリの利用・管理権限 ・アプリロール ・スケジュールトリガ ・スケジュールトリガのメールアクション ・アプリ利用画面のカスタマイズ ・DBトリガ ・DBトリガのレコードアクション ・DBトリガの非同...

ver.2サポートサイト

レコード検索ブロック

レコード検索ブロック レコード検索ブロックは、レコードリストブロック上に表示するレコードに対し、任意の条件で検索、レコードを絞り込み表示することができるブロックです。 ※ レコード検索ブロックを作成するには、予め検索対象のレコードリストブロックを作成する必要があります。 ※ レコード検索ブロックの設定は、サイト管理の設定権限に加え、アプリ管理の設定権限があるユーザのみ操作できます。   アプリ管理...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 アプリ利用 ・レコード管理 ・レコード一括ダウンロード ・レコード一括登録 ・レコード一括削除 ・アプリ利用画面のレコード詳細検索 ・メールのクリックカウント/HTMLメール開封確認 ・配信ログ ・レコード一括更新登録 ・一斉メール配信 ・レコード一括更新 ・ファイル一括ダウンロード...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 DB ・DB機能 ・参照フィールド(データ連携) ・フィールドタイプリファレンス ・DBトリガ ・DBトリガのレコードアクション ・DBトリガの非同期アクション ・2フィールド間ユニーク制約 ・DBトリガのメールアクション ・DBトリガのPHP実行アクション ・フィールドのデフォルト値 ・ユーザフィール...

ver.2サポートサイト

更新フォームブロックのソース設定

更新フォームブロックのソース設定 機能概要 更新フォームブロックの設定方法を「ソース設定」にすることでhtmlでコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・各フィールドのhtmlはThymeleaf記法で記述されます。Thymeleafに関してはこちらをご参照ください。 ※ビジュアル設定になっているフォームブロックをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたフォームブロックをビジ...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 アプリ ・アプリ機能 ・アプリの利用・管理権限 ・アプリロール ・スケジュールトリガ ・スケジュールトリガのメールアクション ・アプリ利用画面のカスタマイズ ・スケジュールトリガのPHP実行アクション ・アプリのPHPモジュール ・アプリのPHP互換性チェック...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 メール配信 ・配信エラー管理 ・メール差出人ドメイン

ver.2サポートサイト

上限・オプション管理

上限・オプション管理 概要 上限・オプション管理メニューでは、アカウントで利用しているユーザ/ライトユーザ、APIエージェント、アプリ、サイト、サイト内ページの上限数変更や郵便番号住所自動補完のオプション申込などができます。 ※契約プランを超える場合は、追加利用料が発生します。 ※試用アカウントは上限・オプション管理機能を利用することができないため、あらかじめご了承ください。 ユーザ上限 ユーザは...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 セキュリティ ・IPアドレス制限 ・2段階認証 ・ユーザのアカウントアクセス状況 ・レコード操作履歴

ver.2サポートサイト

APIエージェント管理

APIエージェント管理 機能概要 APIエージェントとは、招待/参加制のユーザとは異なり、アカウント内で直接発行できるAPIキーを扱う主体で、操作画面にログインするIDはありません。 別途、提供されているユーザのAPIキーは、そのユーザがテストや自身のみが扱うクライアントアプリに利用するのに対し、APIエージェントのAPIキーは、主に外部システムからSPIRALへ連携する際に利用し、ユーザの退職な...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 ユーザ・グループ管理 ・アカウントとユーザ ・ユーザ招待/除外 ・アカウント参加 ・アカウント権限管理 ・APIエージェント管理 ・グループ管理 ・操作権限管理(アプリ利用、アプリ管理、サイト管理) ・共通操作権限...

ver.2サポートサイト

PHP環境変数

PHP環境変数 APIキーやAPIエンドポイントURLなど、サイト内で何度も使用する値を登録しておき、独自クラス「$SPIRAL」を使用して、PHPプログラム内に呼び出すことができます。 テスト環境と本番環境で、値を切り替えることが可能です。 設定方法 PHP環境変数は、サイト管理>サイト>共通設定>PHP環境変数にて、設定します。 テスト環境と本番環境とで、同じ値を使用 テスト環境と本番環境とで...

ver.2サポートサイト

削除フォームブロックのビジュアル設定

削除フォームブロックのビジュアル設定 機能概要 フォームブロックの設定方法を「ビジュアル設定」にすることでhtmlを直接編集することなく画面上でコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・ビジュアル設定ではフィールドの並び順変更やレイアウト変更が行えます。 ※ビジュアル設定になっているフォームブロックをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたフォームブロックをビジュアル設定に変...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 権限管理 ・配信エラー管理 ・メール差出人ドメイン ・共通操作権限 ・SPIRAL ver.2の権限管理

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 サイト管理 ・レコードリストブロック ・PHP環境変数 ・robots.txt ・reCAPTCHA設定 ・デフォルトメッセージ設定 ・フリーコンテンツブロック ・サイト認証API ・サイト認証APIで必要な設定情報 ・自動登録 ・フォームブロックのステップ取得用PHPクラス ・PHP ・レコード検索ブ...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 サイト管理 ・レコードアイテムブロックのソース設定 ・待合室 ・サイトのPHP互換性チェック ・HTMLのlang属性 ・レコード検索ブロックのビジュアル設定 ・レコード検索ブロックのソース設定...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 サイト管理 ・更新フォームブロックのビジュアル設定 ・削除フォームブロックのビジュアル設定 ・削除フォームブロックのソース設定 ・ログインフォームブロックのビジュアル設定 ・ログインフォームブロックのソース設定 ・パスワード再登録フォームブロックのビジュアル設定 ・パスワード再登録フォームブロックのソー...

ver.2サポートサイト

ページ機能

ページ機能 機能概要 サイト内に公開するページの作成と設定を行います。ページ毎にURLが作成可能です。 ページのコンテンツ編集/作成方法には「ビジュアル設定」「ソース設定」の2種類があります。 ビジュアル設定 ページにブロックを配置してページを作成します。 ブロック外のhtmlは編集できません。 ソース設定 ページのhtmlを直接編集できます。 ブロックはSPIRAL ver.2の独自タグで挿入さ...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 ブロック ・ブロック機能 ・登録フォームブロック ・フォームのメールアクション ・登録フォームブロックのビジュアル設定 ・登録フォームブロックのソース設定 ・パラメータ付与 ・レコードアイテムブロック ・レコードリストブロック ・フリーコンテンツブロック ・自動登録 ・フォームブロックのステップ取得用P...

ver.2サポートサイト

【アップデート情報】ver.2.22(2023年1月24日実施)

【アップデート情報】ver.2.22(2023年1月24日実施) 2022年12月07日2023年1月24日実施のver.2.22アップデートに関する主な内容は以下になります。 新機能 【アプリ】 スケジュールトリガ拡張(カスタムプログラムアクション追加) 決まったスケジュールでアクションを実行するスケジュールトリガにおいて、PHPプログラムを実行できるアクションを追加します。 これにより、毎日、...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 ブロック ・削除フォームブロックのビジュアル設定 ・削除フォームブロックのソース設定 ・ログインフォームブロックのビジュアル設定 ・ログインフォームブロックのソース設定 ・パスワード再登録フォームブロックのビジュアル設定 ・パスワード再登録フォームブロックのソース設定 ・レコード照合フォームブロックのビ...

ver.2サポートサイト

レコードアイテムブロックのソース設定

レコードアイテムブロックのソース設定 機能概要 レコードアイテムブロックの設定方法を「ソース設定」にすることでHTMLでコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・各フィールドのHTMLはThymeleaf記法で記述されます。Thymeleafに関してはこちらをご参照ください。 ※ビジュアル設定になっているレコードアイテムブロックをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたレコー...

ver.2サポートサイト

削除フォームブロックのソース設定

削除フォームブロックのソース設定 機能概要 削除フォームブロックの設定方法を「ソース設定」にすることでhtmlでコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・各フィールドのhtmlはThymeleaf記法で記述されます。Thymeleafに関してはこちらをご参照ください。 ※ビジュアル設定になっているフォームブロックをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたフォームブロックをビジ...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 ユーザ設定 ・2段階認証 ・通知メール設定 ・ユーザの認証状況 ・ユーザのAPIキー ・タイムゾーン ・表示言語

ver.2サポートサイト

ログインフォームブロックのビジュアル設定

ログインフォームブロックのビジュアル設定 機能概要 フォームブロックの設定方法を「ビジュアル設定」にすることでhtmlを直接編集することなく画面上でコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・ビジュアル設定ではフォームの各フィールドごとに、レイアウト変更、ラベル等の文言調整の編集、フィールドの並び順変更ができます。 ※ビジュアル設定になっているフォームブロックをソース設定に変更することは可能です...

ver.2サポートサイト

レコードリストブロックのビジュアル設定

レコードリストブロックのビジュアル設定 機能概要 レコードリストブロックの設定方法を「ビジュアル設定」にすることでHTMLを直接編集することなく画面上でコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ビジュアル設定ではフィールドの追加・削除・並び順変更やページネーション要素に関する設定、各パーツレイアウト変更などが行えます。 注意点 ・ビジュアル設定になっているレコードリストブロックをソース設定に変更...

ver.2サポートサイト

レコードアイテムブロックのビジュアル設定

レコードアイテムブロックのビジュアル設定 機能概要 レコードアイテムブロックの設定方法を「ビジュアル設定」にすることでHTMLを直接編集することなく画面上でコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・ビジュアル設定ではフィールドの並び順変更やレイアウト変更が行えます。 ※ビジュアル設定になっているレコードアイテムブロックをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたレコードアイテム...

ver.2サポートサイト

レコードリストブロックのソース設定

レコードリストブロックのソース設定 機能概要 レコードリストブロックの設定方法を「ソース設定」にすることでHTMLでコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・各フィールドのHTMLはThymeleaf記法で記述されます。Thymeleafに関してはこちらをご参照ください。 ※ビジュアル設定になっているレコードリストブロックをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたレコードリス...

ver.2サポートサイト

APIエージェント管理

APIエージェント管理 機能概要 APIエージェントとは、招待/参加制のユーザとは異なり、アカウント内で直接発行できるAPIキーを扱う主体で、操作画面にログインするIDはありません。 別途、提供されているユーザのAPIキーは、そのユーザがテストや自身のみが扱うクライアントアプリに利用するのに対し、APIエージェントのAPIキーは、主に外部システムからSPIRALへ連携する際に利用し、ユーザの退職な...

ver.1サポートサイト

3.マイエリア セキュリティ > ②FIDO認証

3.マイエリア セキュリティ > ②FIDO認証 最終更新日:2024年02月29日目次概要目次1. FIDO認証の設定2.FIDO認証のリンク設定3. 認証デバイス登録時の状態を「無効」に設定している場合4. 注意事項関連ページ 概要 FIDO認証とは FIDOはFast IDentity Online(素早いオンライン認証)の略語で、従来のパスワードに変わる認証技術の一つです。 FIDO認証は...

ver.2サポートサイト

2024年5月21日までに作成したフォームブロック(ソース設定)のフィールドにプレースホルダーを設定する際の注意点

2024年5月21日までに作成したフォームブロック(ソース設定)のフィールドにプレースホルダーを設定する際の注意点 登録、更新、ログイン、パスワード再登録、レコード照合フォームブロックのソース設定において、従来は各フィールドにプレースホルダーを設定する場合、HTMLのplaceholder属性を記述する必要がありましたが、2024年5月22日以降、各フィールドの個別設定もしくは共通設定からプレース...

ver.2サポートサイト

ヘッダー、フッター、サイドメニュー付きのフォームを構築するにはどうすればいいのですか?

ヘッダー、フッター、サイドメニュー付きのフォームを構築するにはどうすればいいのですか? ページのコンテンツ編集方法を「ソース設定」にすることで、ページのHTMLを直接編集することができます。 (フォームブロック部分はSPIRAL ver.2の独自タグで挿入されます。) 詳しい設定方法等はページ機能をご参照ください。 また、 フォームブロックのHTMLエディタ内に、ヘッダー、フッター、サイドメニュー...

ver.2サポートサイト

ページの公開期間を設定したい

ページの公開期間を設定したい 現在、SPIRAL ver.2 のページ機能では、公開期間を設定できません。 ページを非公開にするには、手動で設定する必要があります。設定方法については、 ページ機能 > ページ詳細 > 基本設定 をご参照ください。 また、登録フォームブロックを使用している場合は「フォーム締切設定」で登録可能な期間を設定してください。 ※ 非公開の期間にテスト環境で設定変...

ver.2サポートサイト

テスト配信の配信ログを確認したい

テスト配信の配信ログを確認したい 一斉メール配信のテスト配信についても、本番配信と同様に配信ログを確認することができます。 一斉メール配信やテスト配信の設定方法の詳細は「一斉メール配信」をご確認ください。 確認方法 テスト配信を行った配信の設定詳細を表示し、テスト配信の配信回数をクリックします。 テスト配信履歴から配信ログを確認したい配信日時を選択します。 選択したテスト配信の配信ログの確認および...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 スタイル ・CSS/JavaScript ・Thymeleaf記法 ・ソース設定とThymeleaf

ver.2サポートサイト

ホワイトペーパーダウンロードアプリ

ホワイトペーパーダウンロードアプリ 概要 SPIRAL ver.2ではホワイトペーパーダウンロードアプリを作成することができます。 今回はホワイトペーパー一覧から希望のホワイトペーパーをダウンロードできるホワイトペーパーダウンロードアプリの作成をご紹介します。 注意事項 ホワイトペーパーアプリの作成でDBにファイルを登録した際、ファイルサイズがファイルストレージ容量に加算されます。 ファイルストレ...

ver.2サポートサイト

参照先DBのレコードをフォームにプルダウンで表示

参照先DBのレコードをフォームにプルダウンで表示 PHPとAPIを使用して、参照先DBに登録されているデータを参照元DBの登録フォーム入力ステップ上にプルダウンで表示するサンプルプログラムです。 ここでは、セミナー申込DBの登録フォームに、セミナーマスタDBに登録されているセミナー名をプルダウンで表示しつつセミナー管理IDを登録するサンプルプログラムを紹介します。 ※予め各DBに必要なフィールドを...

ver.2サポートサイト

サイトの参照フィールド

サイトの参照フィールド 機能概要 サイト上のフォームをはじめとする機能でデータ連携を担う参照フィールドを扱うことができます。 参照フィールドとは、同一アプリ内にある別のDBのレコードをマスタとして参照して、レコード同士をデータ連携させることができるフィールドタイプです。 サイト機能で参照フィールドを活用することで、例えば以下のようなことが実現できます。  ・会員を紐づけたセミナー申込  ・シリアル...

ver.2サポートサイト

サイトのフォーム上で日時や日付フィールドの入力フォーマットをカスタマイズしたい

サイトのフォーム上で日時や日付フィールドの入力フォーマットをカスタマイズしたい サイト機能のフォームブロックで日時や日付フィールドなどの入力フォーマットに関して、ver.2.19まで(2022/6/28まで)では[年][月][日][時][分][秒]を すべて入力欄として分けて扱う仕様でした。その仕様では、JSなどでカレンダーから日時を選択する入力支援を実現する設定が扱いにくいことから、 ver.2...

ver.1サポートサイト

一覧表・単票管理の検索フォームにて使用できるフィールドを知りたい。

一覧表・単票管理の検索フォームにて使用できるフィールドを知りたい。 最終更新日:2024年02月29日一覧表・単票管理の検索フォームおよび複数フィールドの検索にて使用できるフィールドは以下の一覧の通りです。 ○:使用可 ×:使用不可 No. フィールドタイプ 検索フォーム 複数フィールドの検索 1 id ○ × 2 メールアドレス ○ ○ 3 メールアドレス(大・小文字を無視) ○ ○ 4 性別 ...

ver.1サポートサイト

フラグを立てたメールアドレスにだけ配信したい

フラグを立てたメールアドレスにだけ配信したい 最終更新日:2023年08月31日SPIRAL ver.1ではDBに登録されている会員に対して何かしらのフラグ(属性)を持つ会員のみを抽出してメール配信(セグメント配信)することができます。 例えば「抽選を行い当選した方のみにメールを送りたい」「一部の会員に対してメールを再送したい」時に、「メール配信」機能と「抽出ルール」機能を組み合わせてセグメント配...

ver.1サポートサイト

【アップデート情報】ver.1.13.5

【アップデート情報】ver.1.13.5 公開日:2022年03月29日 ver1.13.5アップデートに関する内容は以下の通りです。 目次 機能改善(5件) ●トリガ(ルックアップトリガ)、抽出ルール 抽出ルール変更時の文言追加(2023年11月22日追記) ●フォーム 設定一覧へ検索条件の追加(2022年10月31日追記) ●マイエリア 操作画面へareaメソッド利用時の注意点へのリンク追加(...

ver.1サポートサイト

ホワイトペーパーダウンロードアプリ(顧客情報なし)

ホワイトペーパーダウンロードアプリ(顧客情報なし) 最終更新日:2022年07月29日目次概要アプリ作成DB作成ホワイトペーパーのファイルデータ登録一覧表作成 概要 SPIRALver.1ではホワイトペーパーダウンロードアプリを作成することができます。 今回はホワイトペーパー一覧から希望のホワイトペーパーをダウンロードできるホワイトペーパーダウンロードアプリの作成をご紹介します。 このアプリで必要...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 サイト ・サイト機能の全体像 ・テスト環境/本番環境とリリース ・サイト管理権限 ・共通ソース ・認証エリア ・レコード公開範囲 ・PHP環境変数 ・サイト認証API ・サイト認証APIで必要な設定情報 ・PHP ・サイトファイル ・サイトの参照フィールド ・認証エリアログ ・サイトのPHPモジュール ...

ver.1サポートサイト

ホワイトペーパーダウンロードアプリ(顧客情報取得あり)

ホワイトペーパーダウンロードアプリ(顧客情報取得あり) 最終更新日:2022年07月29日目次概要アプリ作成通常DB作成サンクスメール配信用仮想DB作成一覧表作成ホワイトペーパーお問い合わせフォーム作成サンクスメール設定単票設定動作検証 概要 SPIRALver.1ではホワイトペーパーダウンロードアプリを作成することができます。 ダウンロードした顧客情報のデータを二次利用したり、ナーチャリング目的...

ver.2サポートサイト

2023年1月23日までに作成したフォームブロック内で入力コントロールを「郵便番号(JP)」に設定したテキストフィールドに対する設定の注意点

2023年1月23日までに作成したフォームブロック内で入力コントロールを「郵便番号(JP)」に設定したテキストフィールドに対する設定の注意点 2023年1月23日までに作成していた登録、更新フォームブロックのソース設定において、テキストフィールドの入力コントロールを「郵便番号(JP)」に設定したフィールドに対して、従来のテキストフィールドやCSSのソースフォーマットのままでは、サイトの郵便番号住所...

ver.2サポートサイト

誕生日メールを自動送信したい

誕生日メールを自動送信したい スケジュールトリガのメールアクションを設定することで、誕生日にあわせた誕生日メールを自動送信することが可能です。 スケジュールトリガの設定方法は「スケジュールトリガのメールアクション」の設定例1,2をご覧ください。

ver.2サポートサイト

レコード検索ブロックのビジュアル設定

レコード検索ブロックのビジュアル設定 機能概要 レコード検索ブロックの設定方法を「ビジュアル設定」にすることでHTMLを直接編集することなく画面上でコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ビジュアル設定ではフィールドの追加・削除・並び順変更や各パーツレイアウト変更などが行えます。 ※ビジュアル設定になっているレコード検索ブロックをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたレコー...

ver.2サポートサイト

サイトの独自ドメインオプション

サイトの独自ドメインオプション 機能概要 SPIRAL ver.2のサイト機能のドメイン(spiral-site.com)をオプションにて、お客様が用意する独自ドメインにすることができます。 本ページではオプションとして設定可能な「ホスト名.example.com」のことを独自ドメインと表現しています。 機能URL毎の独自ドメインへの自動切り替わり状況   独自ドメインへの自動切り替わり サイト管...

ver.2サポートサイト

レコード検索ブロックのソース設定

レコード検索ブロックのソース設定 機能概要 レコード検索ブロックの設定方法を「ソース設定」にすることでHTMLでコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 各フィールドのHTMLはThymeleaf記法で記述されます。Thymeleafに関してはこちらをご参照ください。 ※ビジュアル設定になっているレコード検索ブロックをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたレコード検索ブロック...

ver.2サポートサイト

メール差出人ドメイン

メール差出人ドメイン 機能概要 アプリのメール配信で使用する差出人メールアドレスのドメインを管理します。 なりすましメール送信防止の為、ユーザーが受信可能な環境のドメインに制限しています。 仕様 利用可否 メール差出人ドメイン設定やメール配信時に、そのドメインでメール送信が可能かどうかのステータスを表示します。 ステータス 詳細 利用可 DKIM作成者署名でDKIM認証がPASSする状態で、Hea...

ver.2サポートサイト

会員向けセミナー申込画面で会員情報を引き継いでセミナー申込登録したい

会員向けセミナー申込画面で会員情報を引き継いでセミナー申込登録したい 参照フィールドを使用することで会員情報、セミナー情報、セミナー申込情報を別々のDBで管理したままデータ同士を連携させることができます。 ここでは、会員専用のマイページから会員情報を引き継いでセミナー申込を行うアプリをご紹介します。 全体像 構成要素 サイト ▼会員登録ページ  ・会員登録フォーム(登録フォームブロック) ▼会員マ...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 アカウント管理 ・IPアドレス制限 ・配信エラー管理 ・メール差出人ドメイン ・アカウントとユーザ ・ユーザ招待/除外 ・アカウント参加 ・2段階認証 ・アカウント権限管理 ・APIエージェント管理 ・ユーザのアカウントアクセス状況 ・グループ管理 ・操作権限管理(アプリ利用、アプリ管理、サイト管理) ...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 アプリ利用 レコード ・レコード管理  -レコード詳細検索 ・レコード一括登録 ・レコード一括更新 ・レコード一括更新登録 ・レコード一括削除 ・レコード一括ダウンロード ・ファイル一括ダウンロード メール配信 ・一斉メール配信 ・配信ログ ・メールのクリックカウント/HTMLメール開封確認 アプリ管理...

ver.2サポートサイト

よくある質問

よくある質問 SPIRAL ver.2に関するよくいただくご質問を掲載しております。 サイト管理 ・ver.2.15までに作成したフォームブロックにファイル型フィールドを追加し、ver.2.16(2021/3/10)以降にソース編集する際の注意点 ・標準サイトドメイン(spiral-site.com)の証明書を確認したい ・ver.2.18までに作成したレコードリストブロック、レコードアイテムブロ...

ver.2サポートサイト

リマインドやフォローメールを自動送信したい

リマインドやフォローメールを自動送信したい スケジュールトリガのメールアクションを設定することで、起算日から指定した配信間隔をもとにリマインドメールやフォローメールを自動送信することができます。 スケジュールトリガの設定方法は「スケジュールトリガのメールアクション」の設定例3,4をご覧ください。...

ver.2サポートサイト

アプリロールごと(ユーザごと)にレコード登録/更新時に選択できるセレクトラベルを絞りたい

アプリロールごと(ユーザごと)にレコード登録/更新時に選択できるセレクトラベルを絞りたい アプリロールのフィールド権限の設定において、アプリロールごとにレコード登録/更新時に使用できるセレクトフィールドの選択肢を絞り込むことができます。 これにより、セレクトフィールドをステータスとして利用する申請管理アプリなどで、管理者のアプリロールの場合は承認ラベルを選択できるといった制御を実現できるようになり...

ver.2サポートサイト

レコードリストで使用しているテキストエリアフィールドを改行ありで表示したい

レコードリストで使用しているテキストエリアフィールドを改行ありで表示したい 機能概要 レコードリストブロックにおいて、テキストエリアフィールドのフィールド値を表示する際、文字列内の改行を表示することができます。 レコードリストブロック新規作成後はテキストエリアフィールド値を改行しない設定となっているため、ビジュアル設定/ソース設定共に変更作業が必要となります。 ▼「回答内容」に設定適用前 ▼「回答...

ver.2サポートサイト

参照先DBに参照フィールドが含まれる場合、 参照先DBのさらに別の参照先のメールアドレスを宛先としてメール配信がしたい

参照先DBに参照フィールドが含まれる場合、 参照先DBのさらに別の参照先のメールアドレスを宛先としてメール配信がしたい フォームのメールアクション、DBトリガの非同期アクションの宛先をレコード指定する設定において、 メールアクションを設定するDBの参照先DB(参照先DB1)に別の参照先DB(参照先DB2)を指定する参照フィールドが含まれる場合、 参照先DB(参照先DB1)のさらに別の参照先DB(参...

ver.2サポートサイト

よくある質問

よくある質問 SPIRAL ver.2に関するよくいただくご質問を掲載しております。 その他 ・GDPRの要求事項 ・GDPRによる影響 ・GDPRに関するQ&A ・「Access blocked」というエラー文言が表示された場合 ・価格 ・429エラーが発生した場合 ・大量レコードを取り扱いたい ・PHPで外部サーバへ接続する際、外部サーバ側で接続元IPアドレスを制限したい ・レコードI...

ver.2サポートサイト

資料請求申込時に希望者のみメール会員へ同時登録したい

資料請求申込時に希望者のみメール会員へ同時登録したい SPIRAL ver.2では、資料請求フォームをはじめ様々なWebフォームを作成できますが、 DBトリガ機能(レコードアクション)を組み合わせることで、 作成したWebフォームから申し込みがあった際、複数のDBにレコードを同時登録させることができます。 ここでは、資料請求申込時に希望者のみメール会員へ同時登録ができる設定方法を紹介します。 全体...

ver.2サポートサイト

問合せフォームで選択された問合せ種別に応じて担当部署を自動登録したい

問合せフォームで選択された問合せ種別に応じて担当部署を自動登録したい 概要 SPIRAL ver.2では、問い合わせフォームをはじめ様々なWebフォームを作成できますが、DBトリガ機能(レコードアクション)を組み合わせることで、作成したWebフォームから申し込みがあった際、特定のラベルが選択された場合に任意の値を自動登録させることができます。 ここでは、以下の例のように、問い合わせ時に選択された問...

もっと見る