開発情報・ナレッジ ver.2 high

定期的に Slack へ通知するサンプルプログラム

以前に、フォームからデータが登録された際に SLACK に登録通知を行うサンプルプログラムを公開しました。 今回は、定期的に DB をチェックし、該当するレコードがあったら SLACK に通知を行う手順をご紹介します。 未対応のお問い合わせがあったら通知するユースケースを想

開発情報・ナレッジ ver.2 high

フォーム締切設定をより細かく設定する方法

フォームブロックの締切設定により開始日時と終了日時を設定する事は可能ですが、 特定の時間(例えば営業時間9:00~18:00のみ)のみ表示したいであったり、土日はクローズしたいといった場合はデフォルトの設定では不可能です。 今回の記事は上記の設定を可能とする為のカスタマイズ記事となりま

開発情報・ナレッジ ver.2 high

APIで200件以上のレコードを取得するサンプルプログラム

APIによってレコード一覧を取得する場合、 1回のリクエストでは取得できるレコード数に制限があります。 limitの値が一回のリクエストで取得するレコード数ですが、こちらの上限値が200件までとなっております。 APIリファレンス この時に200件以上のレコードを取得

開発情報・ナレッジ ver.1 high

SPIRALに格納されているお問い合わせデータからopenAIのAPI(GPT)を利用して自動でFAQを生成する方法

背景として、多くの企業様にSPIRALをご利用頂き、 SPIRAL内にてお問い合わせ対応アプリケーションを構築し 毎日、大量の顧客からの問い合わせやフィードバックを受け取られて居ると存じます。 問い合わせに効率

開発情報・ナレッジ ver.2 high

カスタムプログラムを使ってzoomのURLを発行するアプリ アプリ、サイト設計・構築

ver.2.26のアップデートにより、DBトリガにカスタムプログラムアクションが追加されました。 このアップデートによりDBトリガの登録、更新、削除トリガをきっかけに、PHPプログラムを実行できるようになりました。 今回は、オンライン商談シ

設計情報 ver.2 middle

PHPでメール送信をする方法

PHPでメールを送信するための方法をまとめました。 メリット・デメリットなども解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。 [方法1]非同期アクションを利用してメール送信 メール通知用のDBにAPIでデータ登録を行い、非同期アクションでメール送信する方法です。 メール送信自体はトリガ設定を利

開発情報・ナレッジ ver.2 high

PHP/APIで一覧表を作るサンプルプログラム

レコードリスト機能を使うことで、ノンプログラミングで一覧表を作成することができますが、 標準機能以上のフィルタをかけたい場合や標準の検索ブロックで使用できないフィールドタイプを指定したいなどの場合は、 PHP/APIを作ってより高度な一覧を作成することもできます。 この記事で

開発情報・ナレッジ ver.2 high

Googleアカウントで認証エリアにログインさせるサンプルプログラム

Googleのアカウント情報を利用して SPIRAL ver.2にAPIで登録を行い、認証エリアにログインさせるサンプルプログラムを作成いたしました。 SPIRAL ver.2とGoogleを連携して認証エリアにソーシャルログインさせたい場合は、ぜひ参考に

開発情報・ナレッジ ver.2 high

APIで日時フィールドに登録・更新する際のデータ形式について

ver.2 の API で日時フィールドに登録・更新する際、単純な日時形式でリクエストを行った場合はエラーになってしまいます。 こちらの記事では、どのようなデータ形式でリクエストを行えばよいか解説いたします。 はじめに APIで日時を登録・更新するPHPのサンプ

開発情報・ナレッジ ver.2 high

完了画面でアップロードした画像を表示させるサンプルプログラム

登録・更新時の完了画面でアップロードされた画像を表示させるサンプルプログラムを作成いたしました。 写真投稿キャンペーンなどで、完了画面でアップロードされた画像を表示したい場合は、ぜひ参考にしてみてください。 また、ファイル添付時にサムネイルを表示させる強化ガジェ

クエスチョンボード ver.2 high

登録フォームの完了ステップでの登録データの取得について

完了ステップにて「getRecordValue()」を用いて登録データを取得し、他アプリのDBにコピーする処理をしております。「完了動作タイプを設定」の場合は問題ありませんが、「完了動作タイプをサイト内ページ」に設定すると実行されません。これは、完了ステップでのPHP処理より先にリダイレクトが実行されるためでしょうか? SPIRERS ナレッジ向上チーム ご認識の通りです。 登録フォームブロックの...

クエスチョンボード ver.2 high

登録フォームブロックのステップ取得について

SPIRALで作成した登録フォームのページに遷移した直後のステップ番号が不定で取得されます(本来なら番号の"1"が取得される)。 次のステップ以降へ遷移した場合は、正常な番号が取得できます。また、ステップ2からステップ1へ戻った場合は、正常な番号"1"が取得できます。何故、ページ遷移直後のステップ番号が、不定になるのでしょうか? ご教授の程、よろしくお願いい...

クエスチョンボード ver.2 high

ボタンのクリックに応じて処理を実行する方法について

現在SPIRAL ver.2にてサイト作成を実施しております。 ボタンが押下された場合とされていない場合で処理を分けたいと考えているのですが以下のコードで試してみたところ上手く実装できませんでした。 このような処理を実装したい場合どのように記載すればよいかご教示いただきたいです。 ▼PHP <?php ifisset$_POST['click'] { // ボタンを押した...

クエスチョンボード ver.2 high

初回タブ起動時のみの動作について

現在SPIRAL ver.2にてサイト作成を実施しています。 HTMLとPHPにて初回タブ起動時のみの動作・レイアウトを設定したいのですが、その場合それぞれどのような記載をすれば実現可能かご教示いただきたいです。(ページを再読み込みした際にはその動作やレイアウトは反映されないようにしたいです。) よろしくお願いいたします。 SPIRERS ナレッジ向上チーム 初回タブ起動時の定義によって最適な実装...

クエスチョンボード ver.2 high

ユーザー情報の取得方法について

現在認証エリアを使用したサイト作成を実施しております。 その中でログインしているユーザーの情報を取得し、その値を利用してPHPにてコードを組みたいと考えているのですが、どのようにすればログイン中のユーザー情報を取得して利用できるかご教示いただきたいです。 よろしくお願いいたします。 SPIRERS ナレッジ向上チーム 認証エリアにログインしているユーザーの情報(認証レコード値)は、 getAuth...

開発情報・ナレッジ ver.1 low

Teams に登録通知を行う方法

フォームからデータが登録された際に、Teams に通知を行いたい!という要望は多いかと思います。 通知する手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。 SPIRAL ver.1 では、メールを利用して通知する方法とWebHookを利用して通知する方法から選ぶことができます。 利用

開発情報・ナレッジ ver.2 high

Teams に登録通知を行う方法

フォームからデータが登録された際に、Teams に通知を行いたい!という要望は多いかと思います。 通知を飛ばす手順 および サンプルプログラムを作成しましたので、 通知機能を作成したい方はぜひ参考にしてみてください。 変更・改定履歴 [ 2023.01.04 ] 改定 登録データ追加時に5

開発情報・ナレッジ ver.2 high

SLACK に登録通知を行うサンプルプログラム

フォームからデータが登録された際に、SLACK に通知を行いたい!という要望は多いかと思います。 通知を飛ばす手順 および サンプルプログラムを作成しましたので、 通知機能を作成したい方はぜひ参考にしてみてください。 変更・改定履歴 [ 2023.01.04 ] 改定 登録デ

クエスチョンボード ver.2 high

クエリパラメータのsortについて

クエリパラメータのsortですが、複数フィールドの指定は可能でしょうか? (SPIRAL ver.2 APIリファレンスを見る限りは記載されていない) SQLの「order by」のような使い方を望んでおります。  例)sort=item:asc, sum:desc,... ご教授の程、よろしくお願いいたします。 SPIRERS ナレッジ向上チーム レコード一覧取得APIの sortに指定できるフ...

開発情報・ナレッジ ver.2 high

IPアドレスとユーザーエージェントを自動取得するサンプルプログラム

標準機能では、IPアドレスとユーザーエージェントをサイト側から自動取得することができません。(ver.2.20時点) サイト側から登録する際に、IPアドレスとユーザーエージェントを取得し、更新させるPHPのサンプルプログラムを紹介します。 参考になれば幸い

クエスチョンボード ver.2 high

PHPのclass内の「cURLライブラリ」の記述について

PHPのclass内に「cURLライブラリ」を用いた記述をしたいのですが、 認識できずにエラーが出力されます。class内では利用できないのでしょうか? ご教授の程、よろしくお願いいたします。 例) class db_select {  .  .  //実行結果を文字列で取得できるように設定  curl_setopt$curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true;  .  ...

クエスチョンボード ver.2 high

指定した文字列の半角⇔全角の変換方法について

PHPにて指定した文字列の半角⇔全角の変換を行いたいと考えています。 その際にmb_convert_kana関数を利用したいのですが、こちらを使用したところ「500 Internal Server Error」が発生してしまい上手く動作できない状況です。 こちらの関数は使用することができますでしょうか? また代替の方法がございましたらご教示いただけますと幸いです。 SPIRERS ナレッジ向上チー...

開発情報・ナレッジ ver.2 middle

ログインの有無によって登録フォームに値を引継ぐ

登録フォームを開いた際に、会員DBに登録済みのデータは自動で入力させたい場合のカスタマイズ方法をご紹介いたします。 データが引き継がれて入力の手間が省けることはもちろんのこと、他にも様々なメリットがあるため、ぜひ活用してみてください。 イメージ 1つのフォームブロックを認証ペ

開発情報・ナレッジ ver.2 high

完了ページでLINEのリッチメニューを切り替えるサンプルプログラム

ユーザの情報登録状況に応じて、リッチメニューを出し分けるサンプルプログラムを作成いたしました。 SPIRAL ver.2とLINEを連携して認証エリアにログインさせるような会員サイトを作成しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。 関連記事はこち

開発情報・ナレッジ ver.2 high

ウェビナー管理アプリ サイト設計・構築

最近ではWeb会議ツールを使用したセミナー、ウェビナーが主流となってきています。 参加する側は気軽に参加ができ、運営する側はWeb会議ツールを用意するだけでよく会場の手配などが不要なので、両者にメリットがありそうです。 そんなウェビナー管理ですが、SPIRALver.2では申込受付から

クエスチョンボード ver.2 high

AWSのS3との連携方法について

現在SPIRAL ver.2を利用しているのですが、AWSのS3と連携したいと考えています。 具体的にはS3に置いたファイルをSPIRALで作成したアプリ上で表示したいと考えています。 SPIRALからS3に対し「URL直接指定での表示」は実装確認しましたが、セキュリティ面での対応の為、例えば「APIを呼び出しファイル情報をSPIRAL側に持たせた後、クライアントにプレビュー表示させる」といった別...

クエスチョンボード ver.1 middle

マイエリア内フォーム設置を簡略化する方法について

お世話になります。 https://knowledge.spirers.jp/article/development/detail/1744/ こちらの記事を拝見し、設定を行いました。 実際に作成したカスタムページへアクセスしてみると 「https://area31.smp.ne.jp/regist/is」へ遷移はするのですが、以下のエラーが出力されます。 404 : Not Found 該当する...

開発情報・ナレッジ ver.2 high

レコード一括登録依頼/取得(batch) のサンプルプログラム

SPIRAL ver.2で追加された新しいメソッドである「Batch」のサンプルプログラムを作成しました。 「Batch」を使うことでCSV,TSV形式のデータを、API経由でSPIRALのデータベースに登録することが できるようになります。 マルチパート形式で

開発情報・ナレッジ ver.1 high

PDF帳票 の出力データをファイルとして保存するサンプルプログラム

PDF帳票で出力されるPDFデータをファイルデータとしてSPIRALに保存したい! という要望を聞きましたので、試しにPHPで作ってみました。 PDF帳票とは PDF帳票ファイルの取得のAPIは、バージョン1.13.2 (2020.7.10)のリリースで可

開発情報・ナレッジ ver.2 high

APIを使ったDB 複製のサンプルプログラム

ver.2 では、まだDB複製機能が実装されていません。(※) 今回は、 DB複製機能を作ってみました。 DBを複製して、どんどんDBを作りたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。 ※ 今後、実装される可能性があります。 前提 ver.2 のページ機能にプログラムを設置し

開発情報・ナレッジ ver.2 high

APIを使ったアプリ 複製のサンプルプログラム

ver.2 では、まだアプリ複製機能が実装されていません。(※) 今回は、 アプリ複製機能(アプリとDBのみ)を作ってみました。 アプリを複製して、どんどんアプリを作りたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。 ※ 今後、実装される可能性があります。 前提 ver.2 の

開発情報・ナレッジ ver.2 high

ver.2 で DB に登録されているファイルをダウンロードするサンプルプログラム

SPIRAL ver.2 おいて、ver.2.18時点では、サイト側にファイルダウンロード機能が実装されていません。(※) 今回は、 DB に保存されているファイルをサイト側でダウンロード可能にするボタンを作ってみました。 ファイルをダウンロ

クエスチョンボード ver.2 high

APIでデータをセレクトした際に403エラーが発生してしまう

サポートサイトのサンプルプログラムを参考に、テーブルからデータの取得を行ったところ 403エラーが発生しアクセスが拒否されてしまいました。 https://support.spiral-platform.com/api/sample/6278.html APIエージェントの権限は事前に設定しており、今回指定したテーブルへの利用権限を持ったアプリロールを指定してあるので、テーブルへのアクセスが拒否さ...

開発情報・ナレッジ ver.2 high

API / PHP を使ってレコード作成日時を表示

認証エリア内でレコード作成日時をさせるプログラムを作ってみました。 今後のアップデートで標準提供されるかもしれませんが、 現状の打開策として参考になれば。 事前に必要な情報 API を使用する際に必要な、API キー,アプリID,DB ID を取得します。 API キー

開発情報・ナレッジ ver.1 high

あなた専用のメール配信設定画面をつくろう

サポートデスクでは、日頃からスパイラルの設定について、たくさんのお問い合わせをいただき、お電話越しにご一緒に問題解決をさせていただいております。 そんな中、よくご意見をいただいているのが、メール配信の設定についてです。 スパイラルのメール配信機能(EXPRESS2)では、配信対象

設計情報 ver.1 middle

【機能紹介】カスタムモジュール

ページへ共通のデザインを適用できるようにしたり、共通プログラムをサーバの準備なしで設置できる、アプリ作成の自由度が高まるカスタムモジュールを紹介します。 カスタムモジュールについて PHPが動作する各ページの設定に利用することができます。 コードを記載してPHPで呼び出しを行い実行すること

設計情報 ver.1 middle

【機能紹介】スパイラル® PHP・API

スパイラル®APIを利用することで、外部環境からスパイラル®へアクセスすることが可能になります。会員や顧客の大切な個人情報を安全なスパイラル®のDBに預け、WebサイトはCMSで管理するなどが可能になります。 また、APIを通して、スパイラル®で設定したWebコンテンツを外部シス

ver.2サポートサイト

PHP

PHP サイト内のページ(ソース設定)にて、PHPを実行することができます。 実行結果はThymeleafを使用し、ページのbody(ソース設定)およびブロック(ソース設定)に渡すことができます。 外部サービスのAPIやSPIRAL ver.2のAPIと連携することで、多機能なアプリケーションを構築することができます。 仕様 SPIRAL ver.2で提供するPHPの構成 各機能の役割 機能 説明...

ver.1サポートサイト

スパイラルのWeb機能でのPHP利用

スパイラルのWeb機能でのPHP利用 最終更新日:2022年02月27日目次概要1. PHPが利用できるWeb機能一覧2. SMP_DYNAMIC_PAGEについて3. PHPと差替えキーワードの実行順序4. PHP実行エラー時の画面表示5. PHPの実行エラー時の通知メール6. サンプルプログラムのご案内7. PHPエラーに関する通知 概要 スパイラルのWeb機能でPHPをご利用いただけます。 ...

ver.1サポートサイト

スパイラルのWeb機能でのPHP利用

スパイラルのWeb機能でのPHP利用 最終更新日:2022年02月27日目次概要1. PHPが利用できるWeb機能一覧2. SMP_DYNAMIC_PAGEについて3. PHPと差替えキーワードの実行順序4. PHP実行エラー時の画面表示5. PHPの実行エラー時の通知メール6. サンプルプログラムのご案内7. PHPエラーに関する通知 概要 スパイラルのWeb機能でPHPをご利用いただけます。 ...

ver.1サポートサイト

スパイラルPHP管理を使用したPHPバージョンの移行方法

スパイラルPHP管理を使用したPHPバージョンの移行方法 最終更新日:2020年01月20日 目次概要1.現在のデフォルトバージョンを確認2.移行先バージョンの選定3.構文チェック4.改修フローの事例5.修正作業後の動作確認 概要 PHPバージョン移行を支援する「スパイラルPHP管理を使用して、スパイラル上に構築したアプリケーションを最新のPHPバージョンへ移行する方法をご案内いたします。 ご注意...

ver.2サポートサイト

PHPバージョンについて

PHPバージョンについて 機能概要 SPIRAL ver.2で提供するPHPバージョンについて説明します。 提供中のPHPバージョン SPIRAL ver.2では利用できるPHPバージョンについてそれぞれ提供期間を設けています。 サポートが終了した古いバージョンについては順次提供を終了するとともに、最新バージョンをご利用いただけるよう環境を整備し、随時提供していきます。 バージョン 提供開始 提供...

ver.2サポートサイト

スケジュールトリガのPHP実行アクション

スケジュールトリガのPHP実行アクション 機能概要 スケジュールトリガのPHP実行アクションは、定期的にプログラムを実行できる機能です。 15分ごとにDB内を抽出したり、毎月1日にDB内のデータを集計したり、毎週月曜日に外部サービスからデータを取得するなど、決まった時間に自動的に処理を実行します。 機能仕様 プログラミング言語 PHP実行アクションに設定する言語は「PHP」です。 使用可能なPHP...

ver.2サポートサイト

DBトリガのPHP実行アクション

DBトリガのPHP実行アクション 機能概要 DBトリガのPHP実行アクションは、非同期アクションとして登録、更新、削除といった単一レコード操作をきっかけにして、PHPプログラムを実行できる機能です。 ※非同期アクションの機能仕様はこちらを参照ください。 例えば、以下のようなことが実現できます。  ・顧客からの問い合わせ発生時、外部チャットサービスへ連携し担当者へ通知する。  ・会員管理において、会...

ver.2サポートサイト

PHPでURLパラメータを取得したり、PHPの実行結果をページやブロックに表示したい。

PHPでURLパラメータを取得したり、PHPの実行結果をページやブロックに表示したい。 ページに設定したPHPを使って、ページのURLパラメータを取得したり、PHPの実行結果をページやブロックに表示する機能を提供しています。 当該機能を使用するには、独自クラス「$SPIRAL」にアクセスし、独自関数を使用します。 使い方 //URLパラメータを取得 $SPIRAL->getParam(&qu...

ver.1サポートサイト

スパイラルPHP管理

スパイラルPHP管理 最終更新日:2020年08月19日 目次概要1.スパイラルPHP管理2.デフォルトバージョンの変更3.構文チェック4.注意事項 概要 PHPバージョンの移行を支援する機能です。バージョンを個別に指定していない設定に対して、実行バージョンを一括で変更できます。また、移行先のバージョンに対応したPHPの関数やクラスを使用しているかどうか、構文チェックができます。 関連ページスパイ...

ver.2サポートサイト

アプリのPHPモジュール

アプリのPHPモジュール 機能概要 よく使うPHPプログラムを部品化して、モジュールとして保存する機能です。 保存したPHPモジュールはアプリのDBトリガやアクションから呼び出して使うことができます。 例えば、SPIRAL ver.2や外部サービスのAPIへ接続する共通のプログラムを保存し、複数のトリガやアクションから呼び出して使います。 機能仕様 構成 ・フォルダとモジュールで構成されます。 ・...

ver.2サポートサイト

サイトのPHPモジュール

サイトのPHPモジュール 機能概要 よく使うPHPプログラムを部品化して、モジュールとして保存する機能です。 保存したPHPモジュールはページのPHPにて、呼び出して使うことができます。 例えば、SPIRAL ver.2や外部サービスのAPIへ接続するプログラムを保存し、複数のページから呼び出して使います。 機能仕様 構成 ・フォルダとモジュールで構成されます。 ・テスト環境と本番環境とで、それぞ...

ver.1サポートサイト

スパイラルPHPバージョンについて

スパイラルPHPバージョンについて 最終更新日:2022年05月23日目次概要1.現在提供中のPHPバージョン2.(参考)スパイラルにおける PHPライフサイクル3.(参考)デフォルトバージョンとは4.(参考)指定したバージョンが提供終了した場合、どのバージョンで実行されるか 概要 スパイラルにおけるPHPバージョンについて解説します。 1.現在提供中のPHPバージョン スパイラルで利用可能なPH...

ver.1サポートサイト

スパイラルPHPバージョンについて

スパイラルPHPバージョンについて 最終更新日:2022年05月23日目次概要1.現在提供中のPHPバージョン2.(参考)スパイラルにおける PHPライフサイクル3.(参考)デフォルトバージョンとは4.(参考)指定したバージョンが提供終了した場合、どのバージョンで実行されるか 概要 スパイラルにおけるPHPバージョンについて解説します。 1.現在提供中のPHPバージョン スパイラルで利用可能なPH...

ver.1サポートサイト

カスタムモジュールでのPHP利用

カスタムモジュールでのPHP利用 最終更新日:2021年05月21日 目次概要1.カスタムモジュールでのPHP利用2.カスタムモジュールアップロードAPIの利用3.カスタムモジュールの簡単な利用例 概要 スパイラルでは、PHPプログラムにおいて共通で利用する処理をモジュールという単位でPHPファイルとして管理することが出来ます。 関連ページ カスタムモジュール スパイラルPHPバージョンについて ...

ver.1サポートサイト

カスタムモジュールでのPHP利用

カスタムモジュールでのPHP利用 最終更新日:2021年05月21日 目次概要1.カスタムモジュールでのPHP利用2.カスタムモジュールアップロードAPIの利用3.カスタムモジュールの簡単な利用例 概要 スパイラルでは、PHPプログラムにおいて共通で利用する処理をモジュールという単位でPHPファイルとして管理することが出来ます。 関連ページ カスタムモジュール スパイラルPHPバージョンについて ...

ver.1サポートサイト

スパイラルPHP

スパイラルPHP 最終更新日:2018年03月09日目次概要1.スパイラル上でのPHPの利用方法2.スパイラルPHPバージョンについて 概要 スパイラルは一覧表や登録フォームなどのWeb機能において、PHPをお使いいただけます。 Web機能に設置したPHPプログラムからAPIでスパイラルにコールし、データベースへのインサートやアップデート、メール機能の操作などを行うことが可能です。 もちろん外部ア...

ver.1サポートサイト

スパイラルPHP

スパイラルPHP 最終更新日:2018年03月09日目次概要1.スパイラル上でのPHPの利用方法2.スパイラルPHPバージョンについて 概要 スパイラルは一覧表や登録フォームなどのWeb機能において、PHPをお使いいただけます。 Web機能に設置したPHPプログラムからAPIでスパイラルにコールし、データベースへのインサートやアップデート、メール機能の操作などを行うことが可能です。 もちろん外部ア...

ver.2サポートサイト

PHPエラー発生時の通知とログ

PHPエラー発生時の通知とログ 機能概要 ページのPHPが実行されてエラーが発生した場合、エラー通知メールを配信します。 また、エラーログを確認することができます。 機能仕様 PHPエラー通知メール 通知する/しないの設定 ユーザ設定>通知メール設定>アカウント通知にて、通知する/通知しないを選択できます。 通知するタイミング 環境(テストまたは本番)ごと、ページごとに、5分に1通配信します。 例...

ver.1サポートサイト

スパイラルPHP利用時の注意事項

スパイラルPHP利用時の注意事項 最終更新日:2020年01月20日目次概要1. プログラムの実行時間2. 使用できない関数とクラス3. 外部サービス連携時のエラー4. PHPと文字コード 概要 スパイラルは一覧表や登録フォームなどのWeb機能においてPHPをお使いいただけますが、プログラムの実行時間や禁止関数等注意事項がございます。 関連ページ スパイラルPHPバージョンについて 1. プログラ...

ver.1サポートサイト

スパイラルPHP利用時の注意事項

スパイラルPHP利用時の注意事項 最終更新日:2020年01月20日目次概要1. プログラムの実行時間2. 使用できない関数とクラス3. 外部サービス連携時のエラー4. PHPと文字コード 概要 スパイラルは一覧表や登録フォームなどのWeb機能においてPHPをお使いいただけますが、プログラムの実行時間や禁止関数等注意事項がございます。 関連ページ スパイラルPHPバージョンについて 1. プログラ...

ver.1サポートサイト

PHPエラー通知メールの見方が知りたい

PHPエラー通知メールの見方が知りたい 最終更新日:2023年11月13日PHPエラー通知メールの受信設定を「受け取る」に設定している場合、PHP実行時にエラーが発生した通知を受け取ることができます。 ※ページを表示した時に通知しますので、アクセス数の多いページは大量に通知メールが届く場合があります。 関連ページ 通知メール受信設定 スパイラルのWeb機能でのPHP利用 SPIRAL ver.1に...

ver.1サポートサイト

PHPエラー通知メールの見方が知りたい

PHPエラー通知メールの見方が知りたい 最終更新日:2023年11月13日PHPエラー通知メールの受信設定を「受け取る」に設定している場合、PHP実行時にエラーが発生した通知を受け取ることができます。 ※ページを表示した時に通知しますので、アクセス数の多いページは大量に通知メールが届く場合があります。 関連ページ 通知メール受信設定 スパイラルのWeb機能でのPHP利用 SPIRAL ver.1に...

ver.1サポートサイト

スパイラルで使用できない関数とクラスの一覧(PHPバージョン:7.2)

スパイラルで使用できない関数とクラスの一覧(PHPバージョン:7.2) 最終更新日:2022年03月07日目次スパイラルで使用できないPHP関数スパイラルで使用できないPHPクラススパイラルで使用できないsession_start()のパラメータ スパイラルで使用できないPHP関数 chdir chgrp chmod chown clearstatcache closedir closelog c...

ver.1サポートサイト

スパイラルで使用できない関数とクラスの一覧(PHPバージョン:7.2)

スパイラルで使用できない関数とクラスの一覧(PHPバージョン:7.2) 最終更新日:2022年03月07日目次スパイラルで使用できないPHP関数スパイラルで使用できないPHPクラススパイラルで使用できないsession_start()のパラメータ スパイラルで使用できないPHP関数 chdir chgrp chmod chown clearstatcache closedir closelog c...

ver.1サポートサイト

スパイラルで使用できない関数とクラスの一覧(PHPバージョン:7.4)

スパイラルで使用できない関数とクラスの一覧(PHPバージョン:7.4) 最終更新日:2022年06月10日目次スパイラルで使用できないPHP関数スパイラルで使用できないPHPクラススパイラルで使用できないsession_start()のパラメータ スパイラルで使用できないPHP関数 apc_add apc_bin_dump apc_bin_dumpfile apc_bin_load apc_bin...

ver.1サポートサイト

カスタムモジュールのアップロード(PHP

カスタムモジュールのアップロード(PHP) 最終更新日:2023年02月22日カスタムモジュールにファイルをアップロードするサンプルプログラムです。 スパイラルAPIについてはリファレンスを参照して下さい。 ※本サンプルプログラムはスパイラル以外のサーバ内に設置することを想定しております。 スパイラル内のWebコンポーネントで使用できない関数などが含まれる場合がありますので、ご注意ください。 使用...

ver.2サポートサイト

【アップデート情報】ver.2.27(2023年10月31日実施)

【アップデート情報】ver.2.27(2023年10月31日実施) 2023年10月16日2023年10月31日実施のver.2.27アップデートに関する主な内容は以下になります。 機能追加・改善 【アプリ】 アプリ管理のPHPモジュール対応 アプリ内で共通利用するPHPプログラムを1つの場所でまとめて管理できる機能を追加いたします。 これにより、PHPプログラムをライブラリとして参照できるように...

ver.1サポートサイト

スパイラルPHPライブラリ

スパイラルPHPライブラリ 最終更新日:2023年07月20日スパイラルではより便利にプログラムを作成できるように独自のPHPライブラリを提供しています。 スパイラル環境内においては、PHPのグローバル変数として$SPIRALが利用可能になっており、以下の操作が行いやすくなっています。 スパイラルAPIの呼び出し DBへのアクセス セッション変数へのアクセス キャッシュ(KVS)へのアクセス リク...

ver.1サポートサイト

サンクス配信(PHP

サンクス配信(PHP) 最終更新日:2023年07月25日サンクスメールの配信設定をするサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに利用するサンプルプログラムにはスパイラル内のW...

ver.2サポートサイト

PHP環境変数

PHP環境変数 APIキーやAPIエンドポイントURLなど、サイト内で何度も使用する値を登録しておき、独自クラス「$SPIRAL」を使用して、PHPプログラム内に呼び出すことができます。 テスト環境と本番環境で、値を切り替えることが可能です。 設定方法 PHP環境変数は、サイト管理>サイト>共通設定>PHP環境変数にて、設定します。 テスト環境と本番環境とで、同じ値を使用 テスト環境と本番環境とで...

ver.1サポートサイト

スパイラルPHPライブラリ

スパイラルPHPライブラリ 最終更新日:2023年07月20日スパイラルではより便利にプログラムを作成できるように独自のPHPライブラリを提供しています。 スパイラル環境内においては、PHPのグローバル変数として$SPIRALが利用可能になっており、以下の操作が行いやすくなっています。 スパイラルAPIの呼び出し DBへのアクセス セッション変数へのアクセス キャッシュ(KVS)へのアクセス リク...

ver.1サポートサイト

EXPRESS 2(PHP

EXPRESS 2(PHP) 最終更新日:2024年02月01日EXPRESS2の配信設定をするサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに利用するサンプルプログラムにはスパイラ...

ver.1サポートサイト

スパイラルのPHP対応で、使用できない関数についての資料はありますか?

スパイラルのPHP対応で、使用できない関数についての資料はありますか? 最終更新日:2020年01月20日 スパイラルPHPでは、セキュリティ面に考慮しファイルシステムに影響を与える可能性のある関数・クラス等は使用できないようになっています。 各PHPバージョンにおいて使用できない関数およびクラスの一覧については以下をご参照ください。 スパイラルで使用できない関数とクラスの一覧(PHPバージョン:...

ver.1サポートサイト

マイエリア(PHP

マイエリア(PHP) 最終更新日:2023年02月21日マイエリアを利用するサンプルプログラムです。 スパイラル内部でPHPを利用する場合、ファイル関連の関数は使用禁止のため、代わりにcURLライブラリもしくはApiCommunicatorを使用します。 cURLライブラリは、スパイラルにあらかじめインストールされています。 ApiCommunicatorを利用する場合はアカウント内APIの設定を...

ver.1サポートサイト

ロケータ(PHP)- cURLライブラリを使う

ロケータ(PHP)- cURLライブラリを使う 最終更新日:2023年02月27日スパイラル内部でPHPを利用する場合、ファイル関連の関数は使用禁止のため、代わりにcURLライブラリを使用します。 cURLライブラリは、スパイラルにあらかじめインストールされています。 <?php // [ サンプルで行う事 ] - APIを利用するためのURLを取得する // [サンプルを動かすための準備]...

ver.1サポートサイト

PHPで外部サーバへ接続する際、外部サーバ側で接続元IPアドレスを制限したい

PHPで外部サーバへ接続する際、外部サーバ側で接続元IPアドレスを制限したい 最終更新日:2020年08月19日Web機能などからPHPで外部サーバへ接続する場合、接続元はPHPサーバです。 外部サーバから接続元IPアドレスを制限する場合、以下の一覧より制限するIPアドレスをご確認ください。 ※該当する枠内全てのIPアドレスから接続する可能性があります。複数表示されている場合は全て設定してください...

ver.1サポートサイト

一覧表(PHP

一覧表(PHP) 最終更新日:2023年02月21日一覧表データを取得するサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに利用するサンプルプログラムにはスパイラル内のWebコンポーネ...

ver.1サポートサイト

単票(PHP

単票(PHP) 最終更新日:2023年02月21日単票URLを取得するサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに利用するサンプルプログラムにはスパイラル内のWebコンポーネントで...

ver.1サポートサイト

DB情報取得(PHP

DB情報取得(PHP) 最終更新日:2023年03月08日データベースの情報を取得するサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに利用するサンプルプログラムにはスパイラル内のWe...

ver.1サポートサイト

カスタムプログラムの実行(PHP

カスタムプログラムの実行(PHP) 最終更新日:2023年03月08日カスタムプログラムを実行するサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに利用するサンプルプログラムにはスパイ...

ver.1リファレンス

カスタムプログラムのPHPスクリプト更新

カスタムプログラムのPHPスクリプト更新 カスタムプログラムのPHPスクリプトを更新します。当APIは、アカウント毎の同時実行数は1に制限されます。 header ParametersContent-Type required string <半角英数記号> コンテントタイプを指定します。Content-Type: application/json; charset=UTF-8 X-S...

ver.1サポートサイト

マイエリア(PHP)- file_get_contents()を使う

マイエリア(PHP)- file_get_contents()を使う 最終更新日:2023年03月08日file_get_contents()を使って、マイエリアへのログインなどを操作するサンプルです。 なお、スパイラル内部でPHPを利用する場合、ファイル関連の関数は使用禁止のためfile_get_contents()を使用できません。 代わりにcURLライブラリを使用します。マイエリア(PHP)...

ver.1サポートサイト

ロケータ(PHP)- file_get_contents()を使う

ロケータ(PHP)- file_get_contents()を使う 最終更新日:2023年02月27日file_get_contents()を使って、ロケータのURLを取得するサンプルです。 なお、スパイラル内部でPHPを利用する場合、ファイル関連の関数は使用禁止のためfile_get_contents()を使用できません。 代わりにcURLライブラリを使用します。 ロケータ(PHP)- cURL...

ver.2サポートサイト

PHPで外部サーバへ接続する際、外部サーバ側で接続元IPアドレスを制限したい

PHPで外部サーバへ接続する際、外部サーバ側で接続元IPアドレスを制限したい Web機能などからPHPで外部サーバへ接続する場合、接続元はPHPサーバです。 外部サーバから接続元IPアドレスを制限する場合、以下の一覧より制限するIPアドレスをご確認ください。 ※該当する枠内全てのIPアドレスから接続する可能性があります。複数表示されている場合は全て設定してください。 ※IPアドレスは当社判断で変更...

ver.1サポートサイト

マルチパート形式(PHP

マルチパート形式(PHP) 最終更新日:2023年02月22日ファイル型フィールドを含むレコードの挿入時などバイナリファイルをAPIで送信する必要がある場合は、マルチパート形式でAPIリクエストを送信してください。 詳しくはファイル型などバイナリデータを含む場合も合わせて参照して下さい。 目次外部呼出しを利用する場合内部呼出しを利用する場合 外部呼出しを利用する場合 <?php // API...

ver.1リファレンス

カスタムプログラムのPHPスクリプト取得

カスタムプログラムのPHPスクリプト取得 カスタムプログラムのPHPスクリプトを取得します。当APIは、アカウント毎の同時実行数は1に制限されます。 header ParametersContent-Type required string <半角英数記号> コンテントタイプを指定します。Content-Type: application/json; charset=UTF-8 X-S...

ver.1サポートサイト

多数レコード取得(PHP

多数レコード取得(PHP) 最終更新日:2023年03月08日DB検索(database/select)および一覧表(table/data)のAPIを使ってレコードを取得する際は、一度の呼び出しで、lines_per_pageパラメータで指定したレコード件数(最大1,000件)の取得が可能です。 1,000件以上取得したい場合は、1,000件ずつ1ページとしたページ指定(pageパラメータ)を使っ...

ver.1サポートサイト

多数レコード挿入(PHP

多数レコード挿入(PHP) 最終更新日:2023年02月27日データベースへの多数レコードの挿入は、database/bulk_insert を使って最大1000行を一括して挿入してください。 通常のinsertを繰り返すと、API呼び出しオーバーヘッドが大きく時間がかかることと、APIアクセス頻度(オプション利用時の標準では600回/分)に制限され、多数のレコードの挿入ができません。 1000行...

ver.1サポートサイト

スパイラルPHPのdoInsertを使用してファイル型フィールドを登録することはできますか?

スパイラルPHPのdoInsertを使用してファイル型フィールドを登録することはできますか? 最終更新日:2021年08月20日ファイル型フィールドについては、doInsertを使用することができません。 ファイル型の通信フォーマットはマルチパート形式ですが、doInsertの場合、必要なパラメーターを指定できません。 ファイル型フィールドへの登録方法は以下のサンプルプログラムをご参照ください。 ...

ver.1サポートサイト

サンプルプログラム

サンプルプログラム SPIRAL PHP・API・一覧表XSLコードサンプル API | PHP | XSL API ロケータ(PHP)- file_get_contents()を使う ロケータ(PHP)- cURLライブラリを使う DBオペレーション – 登録(1レコード) DBオペレーション – 登録(複数レコード) 多数レコード挿入(PHP) DBオペレーション – 検索・更新・削除 D...

ver.1サポートサイト

【アップデート情報】ver.1.13.5

【アップデート情報】ver.1.13.5 公開日:2022年03月29日 ver1.13.5アップデートに関する内容は以下の通りです。 目次 機能改善(5件) ●トリガ(ルックアップトリガ)、抽出ルール 抽出ルール変更時の文言追加(2023年11月22日追記) ●フォーム 設定一覧へ検索条件の追加(2022年10月31日追記) ●マイエリア 操作画面へareaメソッド利用時の注意点へのリンク追加(...

ver.2サポートサイト

各種上限値

各種上限値 SPIRAL ver.2の各種上限値です。(※2024年1月10日時点) アカウント管理 項目名 上限値 単位 ユーザ上限※1 1,000ユーザ ※5ユーザ単位で拡張可能 アカウント ライトユーザ上限※1 1,000ライトユーザ ※10ユーザ単位で拡張可能 アカウント ユーザの同時招待数 20メールアドレス 招待 グループ 100グループ アカウント グループ>ユーザ 1,000ユーザ...

ver.1サポートサイト

機能別に探す

機能別に探す DB・フォームなど各機能の仕様・設定方法 DB | Web | アプリ | メール | 開発 DB トランザクションDB 通常DB 履歴DB 履歴DBレコード管理>サーバ移行 トランザクションDB(事例・操作手順) トランザクションDBに登録された個人情報をマスクしたい 仮想DB(フィルタ型) 仮想DB(連携型)とは 仮想DB(連携型) 仮想DB(集合型) STOPDB ステップアン...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 アプリ利用 レコード ・レコード管理  -レコード詳細検索 ・レコード一括登録 ・レコード一括更新 ・レコード一括更新登録 ・レコード一括削除 ・レコード一括ダウンロード メール配信 ・一斉メール配信 ・配信ログ ・メールのクリックカウント/HTMLメール開封確認 アプリ管理 アプリ ・アプリ機能 ・ア...

ver.2サポートサイト

【アップデート情報】ver.2.22(2023年1月24日実施)

【アップデート情報】ver.2.22(2023年1月24日実施) 2022年12月07日2023年1月24日実施のver.2.22アップデートに関する主な内容は以下になります。 新機能 【アプリ】 スケジュールトリガ拡張(カスタムプログラムアクション追加) 決まったスケジュールでアクションを実行するスケジュールトリガにおいて、PHPプログラムを実行できるアクションを追加します。 これにより、毎日、...

ver.1サポートサイト

カスタムプログラム

カスタムプログラム 最終更新日:2022年12月23日全体像 カスタムプログラムに設定したPHPプログラムから、スパイラルのデータベースや外部のデータソースにアクセスすることができます。また、スパイラルAPIを経由してスパイラルのメール配信機能の呼び出しや、外部からのデータ操作が行えます。 PHPプログラムの利用については、カスタムプログラムでのPHP利用をご覧ください。 カスタムプログラムの設定...

ver.2サポートサイト

【アップデート情報】ver.2.23(2023年3月14日実施)

【アップデート情報】ver.2.23(2023年3月14日実施) 2023年02月28日2023年3月14日実施のver.2.23アップデートに関する主な内容は以下になります。 機能追加・改善 【アプリ】 DBトリガ拡張(レコードアクションでの参照先DBのフィールド値対応) アプリ管理のDBトリガのレコードアクションにおいて、アクション処理マッピングでアクション先フィールドに格納できる値に参照先D...

ver.1サポートサイト

カスタムモジュール

カスタムモジュール 最終更新日:2021年12月14日目次概要1. カスタムモジュールの新規作成2. 一括アップロード3. 一括ダウンロード4. アップローダーツールのダウンロード5. スパイラルAPIを使用したモジュールのアップロード 概要 スパイラルでは、PHPプログラムにおいて共通で利用する処理をモジュールという単位でPHPファイルとして管理することが出来ます。複数のWebページで利用する共...

ver.1サポートサイト

よくある質問

よくある質問 ユーザーからいただく質問に対する解決方法など 操作画面 | DB機能 | メール機能 | フォーム機能 | 一覧表・単票機能 | マイエリア | アプリ機能 | 機能制限 | ガジェット機能 | 証明書 | スパイラルAPI | スパイラルPHP | セキュリティ | モバイル端末 | メンテナンス | その他サービス 操作画面 設定内容やレコードを操作した担当者を確認したい Int...

ver.2サポートサイト

通知メール設定

通知メール設定 システムからユーザへ配信する通知メールの通知する/通知しないを選択する機能です。 また、アカウント通知のメール一斉配信、およびメール配信アクションで「通知する」にしているユーザに対して、高エラー配信中止をメール通知します。 機能仕様 ユーザ通知 ログイン通知 通知する SPIRAL ver.2へのログイン成功/失敗時にメインメールアドレス宛に通知メールを配信します。 通知しない S...

ver.1サポートサイト

DBオペレーション – 検索・更新・削除

DBオペレーション – 検索・更新・削除 最終更新日:2023年02月27日データベースに登録されたレコードの検索、更新、削除をするサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに利...

ver.1サポートサイト

DBオペレーション – 更新登録(1レコード)

DBオペレーション – 更新登録(1レコード) 最終更新日:2023年02月27日データベースに対して更新キーにマッチしたデータを更新するサンプルプログラムです。 また、マッチしなかった場合、データを1行登録します。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサン...

ver.2サポートサイト

【アップデート情報】ver.2.20(2022年6月29日実施)

【アップデート情報】ver.2.20(2022年6月29日実施) 2022年05月24日2022年06月29日実施のver.2.20アップデートに関する主な内容は以下になります。 新機能 【サイト】 サイトファイル サイト管理画面において、サイトのページやブロック上で使用する画像、PDF、CSSなどのファイルをアップロード、一元管理できるようになります。 これにより、ページやブロック上にロゴなどの...

ver.1サポートサイト

DBオペレーション – 登録(1レコード)

DBオペレーション – 登録(1レコード) 最終更新日:2023年02月27日データベースにデータを1件登録するサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに利用するサンプルプロ...

ver.1サポートサイト

clickcount – 設定一覧の取得

clickcount – 設定一覧の取得 最終更新日:2023年05月19日検索条件に合致したクリックカウントの設定の一覧を取得するサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに利...

ver.1サポートサイト

clickcount – 設定の取得

clickcount – 設定の取得 最終更新日:2023年03月08日URLタイトルをキーにクリックカウントの設定内容を1件取得するサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに...

ver.1サポートサイト

clickcount – 作成

clickcount – 作成 最終更新日:2023年03月08日クリックカウント設定を作成するサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに利用するサンプルプログラムにはスパイラ...

ver.1サポートサイト

clickcount – 削除

clickcount – 削除 最終更新日:2023年03月08日クリックカウント設定を削除するサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに利用するサンプルプログラムにはスパイラ...

ver.1サポートサイト

DBオペレーション – 更新登録(複数レコード)

DBオペレーション – 更新登録(複数レコード) 最終更新日:2023年05月19日データベースに対して更新キーにマッチしたデータを一括更新するサンプルプログラムです。 また、マッチしなかった場合、データを登録します。 レコードは最大1000行まで更新登録が可能です。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて...

ver.1サポートサイト

clickcount – 更新

clickcount – 更新 最終更新日:2023年03月08日クリックカウント設定を更新するサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに利用するサンプルプログラムにはスパイラ...

ver.1サポートサイト

DBオペレーション – 登録(複数レコード)

DBオペレーション – 登録(複数レコード) 最終更新日:2023年02月27日データベースにデータを複数レコードを登録するサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに利用する...

ver.1サポートサイト

DBオペレーション – 更新(複数レコード)

DBオペレーション – 更新(複数レコード) 最終更新日:2023年05月19日データベースにデータを複数レコードを一括更新するサンプルプログラムです。 レコードは最大1000行まで更新が可能です。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの...

ver.2サポートサイト

参照先DBのレコードをフォームにプルダウンで表示

参照先DBのレコードをフォームにプルダウンで表示 PHPとAPIを使用して、参照先DBに登録されているデータを参照元DBの登録フォーム入力ステップ上にプルダウンで表示するサンプルプログラムです。 ここでは、セミナー申込DBの登録フォームに、セミナーマスタDBに登録されているセミナー名をプルダウンで表示しつつセミナー管理IDを登録するサンプルプログラムを紹介します。 ※予め各DBに必要なフィールドを...

ver.2サポートサイト

DBトリガの非同期アクション

DBトリガの非同期アクション 機能概要 DBトリガの非同期アクションは、登録、更新、削除といったレコード操作をきっかけにして、非同期処理のアクションを実行する機能です。 アクションは、DBのレコードや固定のメールアドレス宛にメールを送信できるメールアクションと、PHPプログラムを実行するPHP実行アクションが設定できます。 例えば、以下のようなことが実現できます。  ・担当者が回答内容をDBに登録...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 その他 ・サンプルデータ ・高エラー配信中止 ・配信失敗時のエラーコード ・配信エラーコード ・差替えキーワード ・条件式や計算式の記法 ・PHP7.4で使用できない関数・PHPクラス・パラメータ等一覧 ・各種上限値 ・SPIRAL ver.2 操作画面の推奨(動作)環境 ・正規表現による入力制限 ・P...

ver.1サポートサイト

通知メール受信設定

通知メール受信設定 最終更新日:2023年09月29日目次概要1. 操作画面2. 受信設定できるメールの種類関連ページ 概要 通知メール受信設定では、スパイラルの設定に関する各種通知メールの受信設定ができます。 1. 操作画面 操作画面右上「管理」をクリックし、「通知メール受信設定」をクリックします。 各タブをクリックするとそれぞれで設定されているメールアドレスの確認、および受信設定ができます。 ...

ver.2サポートサイト

残席状況表示

残席状況表示 セミナーなどの定員数や枠数に対して、申込み数の合計から、残り数を算出し、レコードアイテムブロックにて、自動的に「残席わずか」と表示したり、申込ボタンの表示を変えるサンプルプログラムです。 レコードアイテムブロックを設定したページのPHP <?php //------------------------------------------------ //残席わずか表示 //--...

ver.1サポートサイト

単票の表示数をカウントアップ

単票の表示数をカウントアップ 最終更新日:2023年02月22日PHP部分 アカウント内APIを利用する場合は設定を「ON」に変更してからご利用ください。 <?php // <!-- SMP_DYNAMIC_PAGE DISPLAY_ERRORS=OFF NAME=COUNTER --> ?> <?php // UPDATEする時に ++ が使えないので、一度SELE...

ver.2サポートサイト

【アップデート情報】ver.2.18(2021年11月30日実施)

【アップデート情報】ver.2.18(2021年11月30日実施) 2021年10月14日2021年11月30日実施のver.2.18アップデートに関する主な内容は以下になります。 新機能 【アプリ】 DBトリガ(レコードアクション/非同期アクション) DBにレコード登録、更新、削除されたタイミングで、発動条件に基づき、以下のアクションを実行できるようになります。 1) レコードアクション:自DB...

ver.1サポートサイト

スパイラルからどんな通知メールが届くのか知りたい

スパイラルからどんな通知メールが届くのか知りたい 最終更新日:2022年02月28日スパイラルでは下記の機能より、スパイラルをご利用の管理者様や担当者様向けの「通知メール」を受信することが可能となります。 文面につきましては、各機能ごとのページをご参照ください。 DB 機能名 件名 関連ページ DB [SPIRAL:{アカウント名}]ファイルストレージ容量通知(残り10MiB) ファイル型フィール...

ver.1サポートサイト

DBへ画像を登録

DBへ画像を登録 最終更新日:2023年02月21日画像をbase64でエンコードしたデータを使い、DBへ登録するサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)と内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)と分けて記載をしています。 利用する用途によって使用するサンプルプログラムの使い分けを行ってください。 ※外部呼出しに利用するサンプルプロ...

ver.2リファレンス

アプリを変更

アプリを変更 patch/apps/{appId}SPIRAL ver.2 APIサーバ(本番環境) https://api.spiral-platform.com/v1/apps/{appId}SPIRAL ver.2 APIサーバ(ベータ環境) https://api.beta.spiral-platform.net/v1/apps/{appId}アプリを変更 path Parametersa...

ver.2サポートサイト

【アップデート情報】ver.2.28(2024年1月10日実施)

【アップデート情報】ver.2.28(2024年1月10日実施) 2023年12月11日2024年1月10日実施のver.2.28アップデートに関する主な内容は以下になります。 機能追加・改善 【アプリ】 ユーザフィールド追加 作成したアプリに含まれるDBのレコード情報とアカウントに参加しているユーザ情報を紐づけて扱えるフィールドタイプを追加します。 これにより、問い合わせマスタに登録された問い合...

ver.2サポートサイト

外部決済システム連携

外部決済システム連携 PHPを使用して、外部決済代行システムへクレジットカード情報を連携するサンプルプログラムです。 SPIRAL ver.2のアカウント内にクレジットカード情報を保存せず、外部決済代行システムが提供するAPIへ情報を送信し、決済を実行するモデルです。 外部決済代行システムへの連携ページでは、外部決済代行システムAPIの仕様に従ってください。 登録フォームの完了ページのソース &l...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 サイト ・サイト機能の全体像 ・テスト環境/本番環境とリリース ・サイト管理権限 ・共通ソース ・認証エリア ・レコード公開範囲 ・PHP環境変数 ・サイト認証API ・サイト認証APIで必要な設定情報 ・PHP ・サイトファイル ・サイトの参照フィールド ・認証エリアログ ・サイトのPHPモジュール ...

ver.2サポートサイト

ファイル(トークン作成/アップロード/ダウンロード)

ファイル(トークン作成/アップロード/ダウンロード) cURLライブラリを使用して、ファイルトークン作成、ファイルアップロード、ファイルダウンロードをするサンプルプログラムです。 PHPにcurlライブラリが組み込まれている必要があります。 ファイルアップロードトークン作成 <?php //SPIRAL Ver2のAPI用のURL $base_url = "https://api....

ver.2サポートサイト

【アップデート情報】ver.2.21(2022年10月12日実施)

【アップデート情報】ver.2.21(2022年10月12日実施) 2022年08月24日2022年10月12日実施のver.2.21アップデートに関する主な内容は以下になります。 新機能 【サイト】 サイトの郵便番号住所自動補完(オプション提供) 登録/更新フォームブロックにおいて、フォームに入力された日本の郵便番号から紐づく住所情報を自動で入力補完できるようになります。 これにより、インターネ...

ver.1サポートサイト

選んだ人だけにメール配信

選んだ人だけにメール配信 最終更新日:2023年02月22日DB内のデータから会員一覧を取得し、選んだ人のみにメール配信を行うサンプルプログラムです。 本サンプルプログラムは内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)を想定しておりますので、外部呼出しでは利用することはできません。 目次サンプルプログラム関連ページ サンプルプログラム <?php // <!-- SMP_DYNAMIC...

ver.2サポートサイト

スケジュールトリガ

スケジュールトリガ 概要 スケジュールトリガは、アクションを実行するスケジュール(毎時、毎日、毎週○曜日、毎月○日など)を設定する機能です。 以下のアクションを提供しています。 ・DBの複数のレコードにメールを送信する「メール配信(複数レコード)」 ・特定のメールアドレスにメールを送信する「メール配信(アプリ固定)」 ・PHPプログラムを実行する「PHP実行」 スケジュールトリガとアクションを組み...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 アプリ管理 ・DB機能 ・アプリ機能 ・参照フィールド(データ連携) ・フィールドタイプリファレンス ・アプリの利用・管理権限 ・アプリロール ・スケジュールトリガ ・スケジュールトリガのメールアクション ・アプリ利用画面のカスタマイズ ・DBトリガ ・DBトリガのレコードアクション ・DBトリガの非同...

ver.2サポートサイト

レコード操作(参照先フィールドを含めたレコード取得)

レコード操作(参照先フィールドを含めたレコード取得) cURLライブラリを使用して、参照先DBのフィールドや参照先DBの参照先のレコードを取得するサンプルプログラムです。 PHPにcurlライブラリが組み込まれている必要があります。 制限や参照先フィールドの指定方法などの詳細は参照先フィールドを含めたレコード取得APIのページもご参照ください。 参照先フィールドを含めたレコード一覧を取得 <...

ver.2サポートサイト

ページ機能

ページ機能 機能概要 サイト内に公開するページの作成と設定を行います。ページ毎にURLが作成可能です。 ページのコンテンツ編集/作成方法には「ビジュアル設定」「ソース設定」の2種類があります。 ビジュアル設定 ページにブロックを配置してページを作成します。 ブロック外のhtmlは編集できません。 ソース設定 ページのhtmlを直接編集できます。 ブロックはSPIRAL ver.2の独自タグで挿入さ...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 サイト管理 ・レコードリストブロック ・PHP環境変数 ・robots.txt ・reCAPTCHA設定 ・デフォルトメッセージ設定 ・フリーコンテンツブロック ・サイト認証API ・サイト認証APIで必要な設定情報 ・自動登録 ・フォームブロックのステップ取得用PHPクラス ・PHP ・レコード検索ブ...

ver.2サポートサイト

郵便番号にハイフンを追加して登録する

郵便番号にハイフンを追加して登録する サイトの郵便番号住所自動補完を使用した場合、フォームの郵便番号フィールドの入力フォーマットは「数字7桁」または「数字3桁-4桁」となります。 「数字7桁」または「数字3桁-4桁」のどちらかに統一してDBに登録したい場合、登録フォームの完了ステップでPHPを使用して登録しなおす方法があります。 下記は、「数字3桁-4桁」に統一して登録するサンプルプログラムです。...

ver.2サポートサイト

【アップデート情報】ver.2.26(2023年9月6日実施)

【アップデート情報】ver.2.26(2023年9月6日実施) 2023年08月22日2023年9月6日実施のver.2.26アップデートに関する主な内容は以下になります。 機能追加・改善 【アプリ】 DBトリガ拡張(カスタムプログラムアクション追加) DBトリガの登録、更新、削除トリガをきっかけに、PHPプログラムを実行できるアクションを非同期アクションに追加します。これにより、アプリ利用画面、...

ver.1サポートサイト

その他(データの検索・登録・更新・削除など)

その他(データの検索・登録・更新・削除など) 最終更新日:2023年10月19日スパイラルPHPを利用したサンプルプログラムです。 基本的なデータの検索・登録・更新・削除等を記載しております。 本サンプルプログラムは内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)を想定しております。 外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)を行う場合はAPIトークンおよびシークレットを指定しご利用くださ...

ver.1サポートサイト

スパイラル内に構築したDBのデータを暗号化して保存を行なうことはできますか?

スパイラル内に構築したDBのデータを暗号化して保存を行なうことはできますか? 最終更新日:2020年11月20日スパイラルPHPのクラス「SpiralCryptOpenSsl」を使って、画面から入力したデータを暗号化することができます。 また、復号化したデータを画面に表示することもできます。 例)従業員の給与明細情報データをDBに登録したいが、データの中身を見られないように暗号化したい。 注意事項...

ver.1サポートサイト

Facebookの情報を取得

Facebookの情報を取得 最終更新日:2023年08月31日Facebookアカウントのログイン情報を取得してフォームの入力欄に挿入するサンプルプログラムです。 スパイラルでは、独自クラスのメソッドgetFacebookを用意しています。 getFacebookの使用方法については、スパイラルPHPライブラリリファレンス(PHPdoc)をご参照ください。 <?php // <!--...

ver.1サポートサイト

安全なスパイラルアプリケーションの作り方(機能グループ別)

安全なスパイラルアプリケーションの作り方(機能グループ別) 最終更新日:2023年10月31日当ページでは、スパイラルのDBやフォームなどでアプリケーションを構築する際のセキュリティ対応についてご案内いたします。 目次DBWEBメール開発 DB 1.通常DB 1.パスワードとして、「簡易パスワード」「メッセージダイジェスト(MD5)」「メッセージダイジェスト(SHA1)」を使用するのは非推奨です。...

ver.2リファレンス

アプリを取得

アプリを取得 get/apps/{appId}SPIRAL ver.2 APIサーバ(本番環境) https://api.spiral-platform.com/v1/apps/{appId}SPIRAL ver.2 APIサーバ(ベータ環境) https://api.beta.spiral-platform.net/v1/apps/{appId}アプリを取得 path Parametersapp...

ver.2サポートサイト

DBトリガ

DBトリガ 機能概要 DBトリガは、登録、更新、削除といったレコード操作をきっかけにして、各種アクションを実行する機能です。 アクションは単一レコード操作に対してのみ発動し、レコード一括登録、一括編集、一括削除の操作時には発動しません。 トリガの種類 登録トリガ レコード登録をきっかけにして、アクションを実行します。 更新トリガ レコード更新をきっかけにして、アクションを実行します。 削除トリガ ...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 アプリ ・アプリ機能 ・アプリの利用・管理権限 ・アプリロール ・スケジュールトリガ ・スケジュールトリガのメールアクション ・アプリ利用画面のカスタマイズ ・スケジュールトリガのPHP実行アクション ・アプリのPHPモジュール...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 サイト管理 ・更新フォームブロックのビジュアル設定 ・削除フォームブロックのビジュアル設定 ・削除フォームブロックのソース設定 ・ログインフォームブロックのビジュアル設定 ・ログインフォームブロックのソース設定 ・パスワード再登録フォームブロックのビジュアル設定 ・パスワード再登録フォームブロックのソー...

ver.2リファレンス

アプリを作成

アプリを作成 post/appsSPIRAL ver.2 APIサーバ(本番環境) https://api.spiral-platform.com/v1/appsSPIRAL ver.2 APIサーバ(ベータ環境) https://api.beta.spiral-platform.net/v1/appsアプリを作成 Request Body schema: application/jsonname...

ver.2サポートサイト

サイト機能の全体像

サイト機能の全体像 機能概要 SPIRAL ver.2上のサイト管理機能では、CMSのようにページを扱い、アプリに含まれるデータベースに登録させるフォームなどを設置できます。 構造(サイト>ページ>ブロック) サイトはサイト>ページ>ブロックの3層で構成されます。 また、サイト内に追加した認証エリア(閲覧に認証が必要になる領域)内においても 認証エリア>認証ページ>ブロックの3層で構成しています。...

ver.1サポートサイト

SPIRAL ver.1に関する各種通知メールを止めたい

SPIRAL ver.1に関する各種通知メールを止めたい 最終更新日:2023年11月13日各種通知メールの配信を止めたい場合は、「通知メール受信設定」をご確認ください。 下記の通知メールの配信停止が可能です。 ログイン通知メール 電子メール配信設定通知メール(Express配信) 電子メール配信通知メール(Express配信、Sequence配信、Timely配信) DB割当通知メール 登録フォ...

ver.2リファレンス

アプリを取得

アプリを取得 get/apps/{appId}SPIRAL ver.2 APIサーバ(本番環境) https://api.spiral-platform.com/v1/apps/{appId}SPIRAL ver.2 APIサーバ(ベータ環境) https://api.beta.spiral-platform.net/v1/apps/{appId}アプリを取得 path Parametersapp...

ver.1サポートサイト

汎用APIクライアントの利用

汎用APIクライアントの利用 最終更新日:2023年05月19日スパイラルAPIを利用した汎用的なサンプルプログラムです。 カスタムプログラムの起動やメール配信、マイエリアへのログイン、一覧表データの取得等を記載しております。 本サンプルプログラムは内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)を想定しております。 目次サンプルプログラム関連ページ サンプルプログラム <!DOCTYPE ht...

ver.2サポートサイト

よくある質問

よくある質問 SPIRAL ver.2に関するよくいただくご質問を掲載しております。 サイト管理 ・ver.2.15までに作成したフォームブロックにファイル型フィールドを追加し、ver.2.16(2021/3/10)以降にソース編集する際の注意点 ・標準サイトドメイン(spiral-site.com)の証明書を確認したい ・ver.2.18までに作成したレコードリストブロック、レコードアイテムブロ...

ver.2サポートサイト

メール配信実行

メール配信実行 cURLライブラリを使用して、メールアクションを実行をするサンプルプログラムです。 PHPにcurlライブラリが組み込まれている必要があります。 bodyの指定方法にはいくつか指定方法があり、最下部に記載しています。 詳細はアクション実行APIのページもご参照ください。 <?php //SPIRAL Ver2のAPI用のURL $base_url = "https:...

ver.2サポートサイト

DB管理(作成/取得/変更/削除)

DB管理(作成/取得/変更/削除) cURLライブラリを使用して、DBの作成、取得、変更、削除をするサンプルプログラムです。 PHPにcurlライブラリが組み込まれている必要があります。 <?php //SPIRAL Ver2のAPI用のURL $base_url = "https://api.spiral-platform.com/v1/"; $url = $base_...

ver.2サポートサイト

サイト認証

サイト認証 cURLライブラリを使用して、サイト認証エリアのログイン、トークンの有効性確認、ワンタイムURL発行、ログアウトをするサンプルプログラムです。 PHPにcurlライブラリが組み込まれている必要があります。 APIバージョンはver.1.1でのみ使用できます。 <?php //SPIRAL Ver2のAPI用のURL $base_url = "https://api.sp...

ver.1サポートサイト

エラーコード/エラー発生時の対処法(フォーム)

エラーコード/エラー発生時の対処法(フォーム) 最終更新日:2023年09月29日目次概要エラーコード表対処法一覧 概要 システムエラーが発生した場合に表示されるエラーコード、メッセージとそれぞれの対処法内容(一例)を示しています。 下記に該当しないエラーが発生した場合や対処法試しても解消しない場合は「ユーザーズデスク」までお問い合わせください。 エラーコード表 code message 内容 2...

ver.2サポートサイト

【API1.0】メール配信実行

【API1.0】メール配信実行 cURLライブラリを使用して、配信アクションを実行をするサンプルプログラムです。 PHPにcurlライブラリが組み込まれている必要があります。 bodyの指定方法にはいくつか指定方法があり、最下部に記載しています。 詳細は配信アクションAPIのページもご参照ください <?php //SPIRAL Ver2のAPI用のURL $base_url = "...

ver.1リファレンス

カスタムモジュールのアップロード

カスタムモジュールのアップロード カスタムモジュールをアップロードします。なお、当APIは「multipart/form-data」形式のフォーマットを使ってリクエストする必要があります。 リクエストボディの構造について リクエストボディは以下の2つのパートによって構成した multipart/form-data で送信します。 1パート目:「application/json」で、 REQUEST...

ver.2サポートサイト

アプリ管理(作成/取得/変更/削除)

アプリ管理(作成/取得/変更/削除) cURLライブラリを使用して、アプリの作成、取得、変更、削除をするサンプルプログラムです。 PHPにcurlライブラリが組み込まれている必要があります。 <?php //SPIRAL Ver2のAPI用のURL $base_url = "https://api.spiral-platform.com/v1/"; $url = $bas...

ver.1サポートサイト

フォーム

フォーム 最終更新日:2023年08月31日目次概要1. 主な利用例2. 仕様3. フォーム作成4. フォーム設定5. ページ設定6. メール設定7. フォームの締め切りに関する通知8. その他 概要 「フォーム」とは、データを入力するための画面のことです。 データを登録、更新、削除するマルチデバイス対応のフォームを作成できます。 入力するデータに応じて、テキスト欄、ドロップダウンやラジオボタンな...

ver.2サポートサイト

レコード一括操作(作成/変更/削除)

レコード一括操作(作成/変更/削除) cURLライブラリを使用して、レコードの一括登録・一括更新・一括削除をするサンプルプログラムです。 PHPにcurlライブラリが組み込まれている必要があります。 <?php //SPIRAL Ver2のAPI用のURL $base_url = "https://api.spiral-platform.com/v1/"; $url = ...

ver.1サポートサイト

テンプレート「お問い合わせ管理」をインポートする

テンプレート「お問い合わせ管理」をインポートする 最終更新日:2021年06月28日Webフォームから受け付けた、個人情報を含む問い合わせ情報をセキュアに登録し、データベース化します。 メール通知でオンタイムで把握が可能。 対応状況をデータに更新できるので、今その問い合わせがどの状況になっているか、関係者全員がすぐに把握できます。 テンプレートを使うと、基本的な動作をするアプリをインポートして、す...

ver.2サポートサイト

サンプルプログラム

サンプルプログラム API サンプルプログラム ・アプリ管理(作成/取得/変更/削除) ・DB管理(作成/取得/変更/削除) ・レコード操作(作成/取得/変更/削除) ・レコード操作(参照先フィールドを含めたレコード取得) ・レコード一括操作(作成/変更/削除) ・メール配信実行 ・サイト認証 ・ファイル(トークン作成/アップロード/ダウンロード) サイト機能のPHP ・郵便番号にハイフンを追加し...

ver.1サポートサイト

フォームの「外部設置用HTML」とは何ですか?

フォームの「外部設置用HTML」とは何ですか? 最終更新日:2023年08月24日作成したフォームを外部ページやマイエリア等に設置する際に使用するソースをダウンロードすることができます。 リモート用ファイル 例えば、スパイラルで作成したフォームをスパイラル外のページ(自社コーポレートサイト等)に設置したい場合、「リモート用ファイル」からダウンロードしたHTMLファイルをコーポレートサイト等にアップ...

ver.1サポートサイト

フォームの「外部設置用HTML」とは何ですか?

フォームの「外部設置用HTML」とは何ですか? 最終更新日:2023年08月24日作成したフォームを外部ページやマイエリア等に設置する際に使用するソースをダウンロードすることができます。 リモート用ファイル 例えば、スパイラルで作成したフォームをスパイラル外のページ(自社コーポレートサイト等)に設置したい場合、「リモート用ファイル」からダウンロードしたHTMLファイルをコーポレートサイト等にアップ...

ver.2サポートサイト

2024年4月1日以降のサポートについて

2024年4月1日以降のサポートについて 当社が提供するプラットフォームサポートの対応範囲・免責事項を以下の通りといたします。 ご不明点がありましたら、ユーザーズデスクへお問い合わせください。 プラットフォームサポートのサービス範囲 プラットフォームサポートでは、次のようなご案内・対応を行っております。 1.SPIRAL ver.2の基本操作や機能に関する質問 2.APIリクエスト数調査、プラット...

ver.2サポートサイト

SPIRAL ver.2 とは

SPIRAL ver.2 とは プログラミング経験がなくても、オリジナルの業務アプリの制作・カスタマイズできるローコード開発プラットフォームです。 CMSのようにページやフォームをWeb画面上で作成できるので、プログラミング言語を知らない方でもアプリ作成が可能です。 またSPIRAL ver.2 は、PHPやAPIなどを使ってカスタマイズも可能なので、要望に合わせて柔軟に対応できます。 全体像 ア...

ver.1サポートサイト

「受け取らない」設定にしている通知メールが届く場合

「受け取らない」設定にしている通知メールが届く場合 最終更新日:2023年09月28日担当者IDやアカウントにご設定いただいているメールアドレスに対して通知されるメールは、 通知メール受信設定から、機能ごとに通知メールを受信する・受信しないを選択することが可能です。 上記にて「受信しない」を選択している状態でも通知メールが届く場合には、以下理由が考えられます。 こちらに該当しているかをご確認くださ...

ver.1サポートサイト

DBのレコード(データ)がいつのまにか消えた

DBのレコード(データ)がいつのまにか消えた 最終更新日:2023年08月24日DBのレコードが勝手に削除された、データが消失した、あるはずのデータが見つからないといった場合に考えられる原因をご案内します。 下記の原因に当てはまらない場合は、ユーザーズデスクまでご連絡ください。 目次1.正しく検索できていない2.DB操作やDB機能によってレコードが削除された3.WEBページから削除された4.API...

ver.1サポートサイト

各設定の機能制限(上限数)

各設定の機能制限(上限数) 最終更新日:2023年12月27日アプリケーションを構築する上での各オブジェクト(DBやフォームなど)を設定する際、 オブジェクトによっては設定に関する上限値が存在します。 ※オブジェクトの中には、上限値を拡張できる有料オプションもございます。 設定時に上限を超過した旨のエラーが発生した場合には、 下記の上限値をご確認いただき、設定の修正をお願いいたします。 DB 機能...

ver.1サポートサイト

利用状況

利用状況 最終更新日:2021年07月28日目次概要1. トップページ2. 登録状況/集計3. 発行したDB数 概要 「利用状況」では、ご利用いただいているアカウントでの利用状況や、DBごとの登録状況の確認、 また発行したDB数等を確認することができます。 主に確認できること トップページ…今月の契約レコード件数、使用可能レコード数、トランザクション数 (3ヶ月)、ファイルストレージ 登録状況/集...

ver.2サポートサイト

サイトの参照フィールド

サイトの参照フィールド 機能概要 サイト上のフォームをはじめとする機能でデータ連携を担う参照フィールドを扱うことができます。 参照フィールドとは、同一アプリ内にある別のDBのレコードをマスタとして参照して、レコード同士をデータ連携させることができるフィールドタイプです。 サイト機能で参照フィールドを活用することで、例えば以下のようなことが実現できます。  ・会員を紐づけたセミナー申込  ・シリアル...

ver.2サポートサイト

よくある質問

よくある質問 SPIRAL ver.2に関するよくいただくご質問を掲載しております。 その他 ・GDPRの要求事項 ・GDPRによる影響 ・GDPRに関するQ&A ・「Access blocked」というエラー文言が表示された場合 ・価格 ・429エラーが発生した場合 ・大量レコードを取り扱いたい ・PHPで外部サーバへ接続する際、外部サーバ側で接続元IPアドレスを制限したい ・レコードI...

ver.1サポートサイト

アクセス制限ページ設定

アクセス制限ページ設定 最終更新日:2021年05月19日目次概要1. 操作画面(トップページ)2. 操作画面(アクセス制限ページ設定) 概要 アクセス制限ページ設定では、Webアクセスコントロール機能により、アクセス数が上限値を超えた場合に表示する制限ページの設定や、スパイラルで作成したWebページのURLに対するアクセス状況の確認をすることができます。 1. 操作画面(トップページ) 「Web...

ver.2サポートサイト

SPIRAL ver.2から別のWeb APIサービスへ、XML形式でリクエストしたり、XML形式のレスポンスを受け取りたい

SPIRAL ver.2から別のWeb APIサービスへ、XML形式でリクエストしたり、XML形式のレスポンスを受け取りたい サイト管理およびアプリ管理にて、PHPを使用して外部のWeb APIへ接続することができますが、やり取りできるデータ形式はJSONのみとなっております。 XMLは対応しておりません。 JSON形式でのリクエスト方法については、外部のWeb APIサービス仕様をご確認ください...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 DB ・DB機能 ・参照フィールド(データ連携) ・フィールドタイプリファレンス ・DBトリガ ・DBトリガのレコードアクション ・DBトリガの非同期アクション ・2フィールド間ユニーク制約 ・DBトリガのメールアクション ・DBトリガのPHP実行アクション ・フィールドのデフォルト値 ・ユーザフィール...

ver.1サポートサイト

シャリーン

シャリーン 最終更新日:2023年09月04日シャリーンの設定方法について説明します。 目次1.SPIRAL ver.1 の設定2.設定QRコード生成3.端末設定 1.SPIRAL ver.1 の設定 シャリーンで読み取ったデータをSPIRAL ver.1のDBに格納する為、SPIRAL ver.1の設定をします。 (1)DB発行 (2)APIトークン発行 (3)認証設定 (1)DB発行 照会・送...

ver.2サポートサイト

テスト環境/本番環境とリリース

テスト環境/本番環境とリリース 機能概要 サイト機能には安全にページやフォーム管理を運用する為にテスト環境があります。 既存コンテンツの編集などにおいて、テスト環境で作成や修正、テストを経て、本番環境へリリースすることで稼働中のコンテンツに直接手を加えることなく、安心してサイトを運用できます。 機能仕様 テスト環境 ・ページの閲覧にはSPIRAL ver.2のユーザログインが必要です。インターネッ...

ver.1サポートサイト

スパイラル管理画面での推奨(動作)環境を教えて下さい

スパイラル管理画面での推奨(動作)環境を教えて下さい 最終更新日:2023年07月26日目次推奨(動作)環境(2023年3月31日時点)最新のブラウザを利用することの重要性と有効性 推奨(動作)環境(2023年3月31日時点) 画面サイズ 横1100 x 縦768ピクセル以上 ブラウザ ブラウザ 動作環境 Windows版 GoogleChrome 最新のバージョンのテストおよびサポートに努めてい...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 共通設定 ・PHP環境変数 ・robots.txt ・reCAPTCHA設定 ・デフォルトメッセージ設定

ver.1サポートサイト

「受け取らない」設定にしている通知メールが届く場合

「受け取らない」設定にしている通知メールが届く場合 最終更新日:2023年09月28日担当者IDやアカウントにご設定いただいているメールアドレスに対して通知されるメールは、 通知メール受信設定から、機能ごとに通知メールを受信する・受信しないを選択することが可能です。 上記にて「受信しない」を選択している状態でも通知メールが届く場合には、以下理由が考えられます。 こちらに該当しているかをご確認くださ...

ver.2サポートサイト

機能

機能 ここでは、SPIRAL ver.2全般での設定方法や利用方法についてご案内しております。 ブロック ・ブロック機能 ・登録フォームブロック ・フォームのメールアクション ・登録フォームブロックのビジュアル設定 ・登録フォームブロックのソース設定 ・パラメータ付与 ・レコードアイテムブロック ・レコードリストブロック ・フリーコンテンツブロック ・自動登録 ・フォームブロックのステップ取得用P...

ver.2サポートサイト

登録フォームブロックのソース設定

登録フォームブロックのソース設定 機能概要 フォームブロックの設定方法を「ソース設定」にすることでhtmlでコンテンツ作成/編集ができます。 機能仕様 ・各フィールドのhtmlはThymeleaf記法で記述されます。Thymeleafに関してはこちらをご参照ください。 ※ビジュアル設定になっているフォームブロックをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたフォームブロックをビジュア...

ver.1サポートサイト

2024年4月1日以降のサポート(プラットフォームサポート)について

2024年4月1日以降のサポート(プラットフォームサポート)について 最終更新日:2024年02月22日当社が提供するプラットフォームサポートの対応範囲・免責事項を以下の通りといたします。 ご不明点がありましたら、ユーザーズデスクへお問い合わせください。 目次プラットフォームサポートのサービス範囲プラットフォームサポートの受付時間免責事項 プラットフォームサポートのサービス範囲 プラットフォームサ...

もっと見る