設計情報

投稿者:SPIRERS ナレッジ向上チーム 2022年12月9日 (金)

SPIRAL ver.2 チュートリアル動画 【サイト作成】

本チャプターでは、SPIRAL ver.2の主要機能であるサイト管理の中でも サイト作成 をピックアップしてお伝えします。
また、今回はサイト管理に関する初回動画なので、初めにサイト機能の全体像についても説明いたします。

  1. SPIRAL ver.2 概要
  2. 【アプリ管理】アプリ作成
  3. 【アプリ管理】DB作成
  4. 【アプリ管理】DBトリガ レコードアクション
  5. 【アプリ管理】DBトリガ 非同期アクション
  6. 【アプリ管理】スケジュールトリガ メールアクション
  7. 【アプリ管理】アプリロール、アプリ利用画面
  8. 【サイト管理】サイト作成
  9. 【サイト管理】ページ
  10. 【サイト管理】フォームブロック
  11. 【サイト管理】フォームブロック ビジュアル設定
  12. 準備中:【サイト管理】フォームブロック ソース設定
  13. 準備中:【サイト管理】レコード検索/レコードリスト/レコードアイテム ブロック
  14. 準備中:【サイト管理】フリーコンテンツブロック
  15. 準備中:【アカウント管理】ユーザ
  16. 準備中:【アカウント管理】APIエージェント
  17. 準備中:【アカウント管理】グループ
動画

SPIRAL ver.2 サイト機能(0:21~)

サイト機能の全体像について説明しています。
SPIRAL ver.2 のサイト構造は、サイト > ページ > ブロック の3層で構成されます。
また、認証が必要となる領域である認証エリア内においては、サイト > 認証エリア > 認証ページ > ブロック の4層構造となっています。
"サイト" "ページ" "ブロック" "認証エリア" 、これらのメイン機能を組み合わせてサイトを構築します。
また、SPIRAL ver.2 には標準でサイト内にテスト環境が付属されています。
テスト環境で構築や改修を行い、動作テスト完了後に本番環境へリリースし公開 という流れを取ります。
安心してサイト構築・改修を行い、安全なサイト運用を行うことができるのが SPIRALver.2 のサイト機能です。

サイト機能の全体像 詳細はサポートサイトをご参照ください。
サイト機能の全体像

サイト説明(0:32~)

サイトついて説明しています。
サイトとは
サイトはサイト構造の土台となる機能で、作成をするとドメインが発行され、Webページの作成が可能となります。
SPIRAL ver.2ではアカウント名とサイト識別名でサブドメインを決めることができ、独自ドメインのように発行することができます。

サイト作成(1:55~)

サイト作成について説明しています。

SPIRAL ver.2ではサイト構築の前に、まずは土台となるサイトを作成します。
識別名はドメインの一部となりますので、サイトの目的に合わせて入力します。

SPIRAL ver.2 サイト構築時の注目ポイント(2:46~)

SPIRAL ver.2 サイト構築時の注目ポイントについて説明しています。
開発担当者に必要な範囲のサイト管理権限を付与することができる
サイト管理画面へのアクセスする開発担当者に必要な範囲の権限を付与することができます。
アカウント管理より開発担当用のグループを作成すると権限を必要に応じて付与することができ、それぞれの担当範囲のみに制限することで、安心・安全なサイト構築が可能です。
サイト管理権限の詳細はサポートサイトをご参照ください。
サイト管理権限

最後に

SPIRAL ver.2では、サイトドメインを任意で発行することができます。
構築時においては担当者へ適切なサイト管理権限を付与することで、安心・安全なサイト構築を行うことができますので是非お役立てください。
コンテンツに関しての
要望はこちら