設計情報

投稿者:SPIRERS ナレッジ向上チーム 2022年10月18日 (火)

SPIRAL ver.2 チュートリアル動画 【DB作成】

本チャプターでは、SPIRAL ver.2の主要機能であるアプリ管理の中でも DB作成 をピックアップしてお伝えします。

  1. SPIRAL ver.2 概要
  2. 【アプリ管理】アプリ作成
  3. 【アプリ管理】DB作成
  4. 【アプリ管理】DBトリガ レコードアクション
  5. 【アプリ管理】DBトリガ 非同期アクション
  6. 【アプリ管理】スケジュールトリガ メールアクション
  7. 【アプリ管理】アプリロール、アプリ利用画面
  8. 準備中:【サイト管理】ページ
  9. 準備中:【サイト管理】フォームブロック
  10. 準備中:【サイト管理】フォームブロック ビジュアル設定
  11. 準備中:【サイト管理】フォームブロック ソース設定
  12. 準備中:【サイト管理】レコード検索/レコードリスト/レコードアイテム ブロック
  13. 準備中:【サイト管理】フリーコンテンツブロック
  14. 準備中:【アカウント管理】ユーザ
  15. 準備中:【アカウント管理】APIエージェント
  16. 準備中:【アカウント管理】グループ
動画

DB作成(0:10~)

SPIRAL ver.2 でのDB作成について説明しています。
フィールドタイプ
様々な用途のDBが作成できるように、テキストやメールアドレス、セレクト、日付など幅広いフィールドタイプを用意しています。
他DBフィールドコピー
SPIRALver.2では他DBフィールドコピーという機能があり、他のアプリ内にあるDBでもフィールドコピーが可能です。
1つのDBからのコピーだけでなく、複数のDBからほしいフィールドだけコピーすることもできます。
DB作成時のポイント
・メンテナンス項目 自動付与
メンテナンス項目は自動的に付与されますので、必要な項目のみの追加で構いません。
▼メンテナンス項目
作成日 データが登録された日時(例:20XX/04/01 12:00:00)
作成経路 データの登録元(例:Form ※フォームからの登録の場合)
作成者 データを登録した人物名(フォームから登録した場合はフォーム名)
最終更新日時 データが更新された日時(例:20XX/04/01 15:00:00)
最終更新経路 データの更新元(例:UI ※アプリ利用画面からの更新の場合))
最終更新者 データを更新した人物名(フォームから更新した場合はフォーム名)
・フィールド並び順変更 可能
DBを作成した後でもフィールドの並び順変更も可能なので、メンテナンスもしやすくなっています。

DB作成の詳細はサポートサイトをご参照ください。
DB機能

注目フィールド(2:55~)

SPIRAL ver.2で注目していただきたいフィールドについて説明しています。
参照フィールド
このフィールドは同一アプリ内にある別のDBのレコードを参照して、レコード同士をデータ連携させることができます。
参照フィールドを使用すると、アプリ利用画面で参照先DBのデータを閲覧するときに、参照先データに紐づいた参照元DBのデータのみが表示できるようになります。
【例】お問い合わせDB と お問い合わせコメントDBのレコード連携

注目フィールド設定(6:08~)

SPIRAL ver.2で注目していただきたいフィールド設定について説明しています。
正規表現による入力制限
テキスト、テキストエリア、メールアドレスフィールド限定の設定ですが、正規表現による入力制限が可能です。
正規表現とは、設定した文字列の条件にマッチするデータのみ登録でき、マッチしないデータは登録エラーとさせる制御のことです。

フォームからもアプリ利用画面からの登録時でも制御され、
修正したい場合はフィールド詳細設定画面から行えばよく、メンテナンスもしやすいです。
パスワードフィールドの入力制限
SPIRAL ver.2のパスワードフィールドは、フィールド詳細設定画面で細かな入力制限をボタン操作で設定することができます。

フォームからの登録もアプリ利用画面からの登録もパスワードポリシーを徹底させることができます。
SPIRAL ver.2にはどこからの登録でもセキュリティーを担保して、データの完全性を維持できるパスワードフィールドが存在というのも強みと言えます。

最後に

SPIRALver.2のデータベース作成時には効率よく作成できる機能があり、フィールドの並び順変更も可能でメンテナンスがしやすいです。
便利なフィールドやフィールド設定も用意していますので、いろいろな用途のDBを作成してみてください。
コンテンツに関しての
要望はこちら