開発情報・ナレッジ

ver.1 でよく検索されるワード

2022年8月31日(水)

APIメソッドごとのサンプルコードまとめ Authentication(認証API)

この記事では Authentication(認証API)のメソッドごとに、サンプルコードをまとめています。 SPIRAL ver.2 でAPIを使用する時の参考になれば幸いです。 APIメソッドごとの権限設定方法まとめ Authentica

2022年8月18日(木)

ログインの有無によって登録フォームに値を引継ぐ

登録フォームを開いた際に、会員DBに登録済みのデータは自動で入力させたい場合のカスタマイズ方法をご紹介いたします。 データが引き継がれて入力の手間が省けることはもちろんのこと、他にも様々なメリットがあるため、ぜひ活用してみてください。 イメージ 1つのフォームブロックを認証ペー

2022年8月12日(金)

LINE Messaging APIでのリッチメニュー作成、リッチメニューID取得

LINE公式アカウントのリッチメニューをユーザーの登録状態に応じて切り替えることが可能です。 その場合はLINE Messaging APIのリッチメニューAPIを使用してのデフォルトリッチメニュー設定と登録完了後のリッチメニューID取得が必

2022年8月12日(金)

LINEアカウントで認証エリアにログインさせるサンプルプログラム

LINEのアカウント情報を API を利用して SPIRAL ver.2 に登録を行い、認証エリアにログインさせるサンプルプログラムを作成いたしました。 SPIRAL ver.2とLINEを連携して認証エリアにログインさせるような会員サイトを作成しようと思って

2022年8月12日(金)

完了ページでLINEのリッチメニューを切り替えるサンプルプログラム

ユーザの情報登録状況に応じて、リッチメニューを出し分けるサンプルプログラムを作成いたしました。 SPIRAL ver.2とLINEを連携して認証エリアにログインさせるような会員サイトを作成しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。 関連記事はこちら

2022年7月29日(金)

お問い合わせ管理アプリ サイト設計・構築

チャットのような形式でやり取り可能なお問い合わせ管理デモを作成しました。 アプリ側でもやり取りの履歴が確認でき、相互コミュケーションがとれるアプリケーションです。 この記事は サイト設計・構築 のフェーズとなります。 お問い合わせ管理デモを確認 関連記事はこちら アプリ(DB・メール

2022年7月28日(木)

APIメソッドごとのサンプルコードまとめ Record / Record (bulk)

この記事では Record / Record (bulk) のメソッドごとに、サンプルコードをまとめています。 SPIRAL ver.2 でAPIを使用する時の参考になれば幸いです。 APIメソッドごとの権限設定方法まとめ Record

2022年7月26日(火)

テキストをカレンダー形式で表示させる強化ガジェット

日時・日付フィールドをフォームで使用する際にテキスト形式になっています。 入力欄を日付タイプ・時刻タイプで表示させる強化ガジェットを作成いたしました。 アクセス日から起算して、選択できる日付を絞れる機能も追加しているので、ぜひ活用してみてください! 注意点 ・入力コントロー

2022年7月22日(金)

すぐに使える!ヘッダ&フッター テンプレート

ページにすぐに実装できるヘッダとフッターのテンプレートを用意しました。 ロゴやメニューがカスタマイズでき、スマホ表示にも対応しています。 この記事ではテンプレートの設定方法やカスタマイズ方法、実装時の注意点などを説明していきます。 設定イメージ シンプルなデザインですが、ロゴやメ

2022年7月20日(水)

参照フィールドをAPIで更新するサンプルプログラム

標準機能では、参照フィールドをサイト側から登録・更新できません。(ver.2.20時点) サイト側から登録・更新する際に、参照フィールドを更新させるPHPのサンプルプログラムを紹介します。 参考になれば幸いです。 変更・改定履歴 [ 2022.08.05 ] 改定 「ID」

2022年7月15日(金)

レコード検索ブロックのソース解説

レコード検索ブロックのソースの構造や役割を解説いたします。 Thymeleafの記法や動作についてはSPIRAL ver.2 サポートサイト Thymeleaf記法をご参照ください。 関連記事はこちら 登録フォームブロックのソース解説 登録フォームブロックのインプットタグ解説 更新フォームブ

2022年7月14日(木)

セレクトをドリルダウン表示する強化ガジェット

選択したセレクト項目の内容によって、下のセレクト項目が連動し項目を絞り込んで 表示されるようにするフォーム入力を補助する強化ガジェットを作成いたしました。 ラベルIDの設定に決まりがありますが、簡単に実装できますので、ぜひ活用してみてください! 前提・仕様 ・フォームブロックはビ